四国88ケ寺霊場 第71番札所  弥谷寺 いやだにじ

住所  香川県三豊郡三野町大字大見乙70 電話  0875−72−3446 

本尊  千手観世音菩薩 開基  行基菩薩
本尊の真言 おん ばざら たらまきりく         


寺は標高三百八十二bの弥谷山の中腹にある。三つの峰からなっているので三乗の峰といわれ、昔から
死霊のゆく山と信じられている。山麓までの坂道を登ってゆくと、仁王門の手前に名物のあめ湯とトコロテン
を売る俳句茶屋がある。門を入ってからは二百六十二段の右投。元禄年間に住僧覚林が造顕した観音像
が奉安されており、さらに段を登れば、大師堂、鐘楼堂、岩窟の護摩堂、岩壁に刻まれた弥陀三尊などが
あり、本堂には千手観世音がご本尊として奉安されている。寺は行基菩薩の開創。聖武天皇が堂塔を建
立し、後に、弘法大師が七歳のときこの山で苦行し、大同二年(八〇七)再び登山して求聞持の秘法を修さ
れている時、五柄の剣を得るとともに蔵王権現のおつげがあり、これにもとずき大師は千手観世音を刻み本
尊とした。大師堂につづく奥ノ院は「獅子の岩窟」大師が求聞持の法を修されたところ。大師堂の入口にお
かげをうけた、感謝の奉‥椚品が多くある。


        

                    本   堂
本堂は大師堂のある境内から、さらに右側へ行き170段の石段を登ったところにある。岩山に取り囲まれたような形で建
っており、まるで建物そのものが岩壁に埋め込まれているよう。近くの岩壁には阿弥陀三尊など多くの仏が
刻まれており、これらも大師が刻んだものと伝えられている

大平年間、聖武天皇の勅願により行基菩薩が開創。当山より八国が眺望できることにち
なみ蓮華山・八国寺と号していた。その頃、大師は真魚と呼ばれていたが、この岩窟で勉
学されている。さらに廷暦二十三年に人唐した大師は真言密教を受法。


獅子の岩屋
大師掌の奥にある、獅子が口を開いた形の岩窟。獅子の遠吠えは仏の説法と同じものと考えられていることから
も、この名がついた。中には大師像と阿弥陀如来像交君、弥勒菩薩像(みろくぽさつぞう。母君)


弥谷寺へ行く途中八丁目大師が有ります 暇があれば寄ってお参りでも







お申し込みお問い合わせは下記まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/


徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼7日目(61〜75番)へもどる 72番蔓荼羅寺へ行く