四国88ケ所霊場 第70番札所 本山寺  もとやまじ

住所  香川県三豊郡豊中町本山甲145 電話  0875−62−2007 

本尊 馬頭観世音菩薩 開基 弘法大師
本尊の真言 おん あみりと どはんば うん はつた そわ

本山寺本堂
寺伝によると.弘法大師一夜建立といわれているが、現在の本堂は一二九一年(正応四年鎌倉時代末)に
佐々木氏信の寄進を得て、一三〇〇年(正安二年鎌倉時代末)心導上人の代に建て替えられたものである。
古文書などは、一八五四年(嘉氷七年江戸時代末)の火災にあって現存しないが・本堂の棟札や礎有の墨
書などからみても、鎌倉末期に建立されたものであることは明らかである.大正十三年特別保護建造物に指
定され・昭和二十七年鎌倉建築として復元工事を行い昭和三十年国宝に指定された.また・四国霊場第七
十番札所として年中参拝者でにぎわっている

本山寺は、
財田川北岸にあって、単調な田園風景の中に、遠くからでも境内にある五重塔がくっきりと見える。
本堂は一重の本瓦葦きの重厚な建物で、国宝に指定されている。正安2(1300)年の墨善が礎石ならび棟札に
記されていたそうだ。本堂は鎌倉時代に大修理されているから、その時の墨書だろう。昭和27〜30年には解体
修理され、建立当時の形に復元されている。正面の仁王門はどっしりした八脚門で、唐風の絵模様の彫刻があ
る。この仁王門は久安3(1147)年建立で、国の重要文化財になっている。


         


山門から見た五重の塔

 五智如来 阿閃如来像があるが現在改築のため大師堂に安置
1体の如来さんが行方不明早く返して

                    本   堂
本堂は、弘法大師が平城天皇の勅願により大同2(807)年に建てたもの。この時、本尊の馬頭観音と脇仏の
薬師如来と阿弥陀如来を一刀三礼にて刻み、安置したと伝えられている。


現在の境内は2万uだが、往時は一村を占める広大な寺域を持ち、
寺運は隆盛あるのみだった。二十余坊に余る塔頭が建ち並び、
壮観だったという。だがこの名刹にも天正の兵火はおよぶ。長宗
我部元親が讃岐に攻め入って寺を焼き討ちにしたとき、本山寺に
も軍勢が押し寄せたが当時の住職は「境内には一歩も入るな」と
兵士の前に立ちはだかった。そのため住職は斬られたがそ

本山寺鎮守堂
桧皮葺きの美しい傾斜を見せる室町時代末期の様式を残す小社。
天文16年1547建立の墨書が残る。安置されていた善女竜王像(
ぜんにょりゆうおうぞう)は南北朝時代から室町時代初期のもので、
請雨秘法の霊神。弘法大師が雨請いの修法を行った折に、その勧
進によって姿を現したという。堂と共に県の文化財に指定されている。


平城天皇(在位八〇六〜〇九)の勅願によって弘法大師が建立した。ただ、讃岐の山では用材が見つからず、
阿波の井ノ内谷まで行って用材を伐ってきたという。本尊の馬頭観音、脇侍の薬師如来、阿弥陀如来も、その
ときに刻んだ。馬頭観音を本尊としているのは、八十人カ所ではここだけである。二十余りの妨をもつほどに隆
盛を極めたが、戦国時代、長宗我部氏が讃岐を平定しようと乗り込み、この寺を本陣にしようとしたが、住職は
境内に押し入ろうとする兵を押し留め、斬られてしまった。さらに進んだ兵が建物の内に入ると、脇侍の阿弥陀
如釆の右の肘から血がしたたり落ちたたと伝える。そんな訳で戦国の兵火や火災などはまぬがれている。ため
に久安三年建立の仁王門、大同四年建立の五重の塔などは往占の姿そのままで残されている。本堂は正安二
年(1300)の建築で七間四面の堂字は県内寺院では唯一の国宝建造物の指定を受けている。


新しく納経所完成




お申し込みお問い合わせは下記まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/


徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼7日目(61〜75番)へもどる 71番弥谷寺へ行く