四国88カ所霊場 第6番札所 安楽寺 あんらくじ

住所 徳島県板野郡上板町引野     電話 088−694−2046
本尊 薬師如来  開基 弘法大師   
本尊の真言   おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
薬師如来の御真言を唱えれば、病気が治り寿命が延び、貧しい者
の衣食を満たして下さいます。特に眼病に霊験があると言われています。

安楽寺は宿坊があり温泉で巡礼の方に大変人気があります又最近改築した為大変綺麗です
朝のお勤めをはしめ住職の般若心経は迫力そのもの


境内はかつて2Kmはなれた安楽寺谷という
場所にあった。温泉山という山号からもわか
るように、温泉のある寺として人々に親しま
れ、四国巡錫中にこの地を訪れた弘法大師
も、この土地が病疫から人々を救う薬師如来
と深い因縁で結ばれていると直感。坐像を
刻み堂宇を建立し、この寺を札所と定めた元
禄時代の古記録によると、当時その安楽寺
谷の周辺一帯は鉄サピ色の熱渇が涌き出、
湯は諸病に特効あり、と記されている。行脚
中の大師が当地に留錫、薬師如来(衆生の
病いを治す意)と因縁浅からぬ地であると察し
、安楽寺谷に堂宇を建立し薬師如来を刻んで
本尊とされた。さらに大師は山号、院号、寺号
を本尊にちなんで名付けられたという。寺は
その後、天正年間の長曽我部の兵火に焼か
れたが、万治年間に、駅路寺であった瑞運
寺を併合して現在の地に移転再建された。



ここが見所

本堂と大師堂の間にある「願い棒修行」は、京都の東寺(大師のお寺と言われている)でも
行われているもの。願い方は、大師像前にある願い棒を年齢分手に握り(65歳だと6本+5
本の11本、願い事、年齢、氏名を言い、般若心経を咽えながら、右回りに修行大師の周りを
回る。その後正面にくると願い棒1本を宝前に置いて残りは戻し、南無大師遍照金剛を7回唱
えると願いごとが叶えられるとされている。

境内には多宝塔と大師手植えのさかさ松がある。このさかさ松の由来は、次のようなものである。
祈願中の弘法大師に、何者かが背後から弓を引いた。その矢は大師からはずれて松に刺さり、そ
の枝が折れた。大師は折れた松を逆さに植え、「もし、この松が栄えるなら、後の者はこの地を
踏むことによって災厄を逃れるだろう」と言ったと伝えられている。それ以来松は栄え、大師身
代わりのさかさ松と呼ばれるようになったという。さかさ松の下には厄除け大師像が立っていて、
その前にある小さい池には鯉が泳いでいる。

中務茂兵衛
四国遍路を二百八十回、歩いたと言われる。八十八回目遍路から道標を建てはじめる。
当寺、山門横に中務茂兵衛建立の石の道標が現存している。
お申し込みは下まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679

徳島個人中村タクシーメインページ
巡礼1日目(1〜13番)へ
 
第7番十楽寺へ行く