四国八十八ケ所霊場 第5番札所 地蔵寺 じぞうじ

住所 徳島県板野郡板野町羅漢  
電話 088−672−4111

本尊 延命地蔵菩薩  開基 弘法大師  

地蔵菩薩の名前を一心に唱えれば、無量の功徳が授かると言われています。

本尊の真言 おん かかかび まんまえい そわか

本尊の勝軍地蔵菩薩は弘法大師の作。多くの武将や阿波藩主などの信仰により広大な土地を
有する弘仁十二年(八一一)嵯峨天皇の勅願を受けた弘法大師は、この寺を開くと共に勝軍
地蔵菩薩(一寸八分一五、六センチ)を刻んで本尊とされた。その後、紀州熊野権現の神霊を
遷す勤めを仰せつかった浄函上人が、権現のお告げと霊木を授かって下向し、二尺七寸の延
命地蔵尊を刻みその胎内へ、大師の刻まれた勝軍地蔵菩薩を納められた。寺は嵯峨、淳仁、
仁明天皇のご帰依をはじめ、なかでも義経、蜂須賀家などの武将たちの信仰が厚く、寄
進により領域は宏大であった。また、境内の裏山には五百羅漢がある。これは安永四年に
実聞、実名といぅ兄前憎が建てた

 本堂         
この地は「羅漢」とよばれているが、昔から
「羅漠さん」の名で親しまれている寺境内
へ入ると弘法大師お手植えのイチョウの巨
木があり、左に本堂、正面が本彷、右に大
師堂と淡島堂がある。ご本尊は地蔵菩薩。
胎内に弘法大師が刻まれた勝軍地蔵が納
められている。かつては三百の末寺をもつ
中本寺で、高野山の管長、大覚寺、仁和寺
門跡を出した名刹。本堂裏手の石段を上る
と、コの字型の羅漠堂がある。正面に釈迦
如来、左に弥勧菩薩、右に弘法大師を奉安
し、廻廊に等身大の五百羅藻が安置されて
いる。実名、実開の二憎が生涯を通じて諸
国を行脚し、それによって得た浄財で羅漢像
をおさめて堂字を建立した。大正四年の火
災で堂宇を焼失し、その後再建したのが現
在の御堂。喜怒哀楽の表情をして、薄暗い
堂内で身動き一つせずに立ち並ぶ五百の
羅漠さんは、どこか親しみ深く、身近に感じ
られる

本堂右には不動堂えびす堂があり釣竿を持ち鯛を抱えた福々しい福神で「えべっさん」
の愛称で親しまれている。商売繁盛、大漁豊作の神



  大師堂  樹齢800年のいちょうの木

 納 経 所 
  山 門
 六 角 堂


淡島明神をお祀りしている。婦人病平癒、縁結び、子授け、安産祈願に効果がある。
又、裁縫の上達を願う人を加護する神。万病封じへちま加持
へちまの中に病気を封じてしまうお加持療法。(申込みは納経所へ)



水 琴 窟


ここが見所

地蔵寺 奥の院 五百羅漢 

住所 徳島県板野郡板野町羅漢 


安永4年(1775)、実聞 実名という兄弟の僧によって創建。しかし大正4年に参拝者の 火の不始末で火事となり、堂宇もろとも羅漢の大部分が焼失。
現在あるものは大正かち昭和 にかけて作られたもの。約200体の羅漢は、コの字型に並んでいる弥勒堂、釈伽堂、大師堂 の中に数々の仏像ととも
に収められている。羅漢とは、釈迦の弟子で人間として最高の 境地に達した者のことをいう。しかし、仏ではないので、怒ったり、笑ったり、悲しんだ
り と表情が実に人間的。そのためこの羅漢の中には、必ず自分の姿や親しい人に似た顔が いるそうだ。また木造の羅漢というのも、全国田には珍しい。


上 弥勒菩薩像  下 弘法大師像




その他観光情報

上板町立 歴史民族資料館 : 和菓子の材料、阿波和三盆糖や藍染の歴史や資料、昔の暮ら
しぶりが紹介されている

巡礼のお申し込みは下まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達

770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679


徳島個人中村メインページ にもどる
巡礼1日目(1〜13番)へもどる
 
第6番札所  安楽寺へ行く