金泉寺 こんせんじ  
第3番札所金泉寺詳しく見たい方ココクリック

住所 徳島県板野郡板野町大寺字亀下66   電話 088−672−1087
本尊 釈迦如来  智慧と慈悲を備えた仏さま
開基 行基菩薩   

釈迦如来の御真言を唱えれば、仏の加護によって悟りが開け煩悩が消えると言われる

山号でもある亀光山は、亀山法皇(1274〜87)が勅願所として、堂塔の再興や三十三間堂
などを建立したことに由来する。以来皇室との縁が深く、南北朝時代には南朝の長慶天皇
(1368-83)が晩年をこの寺で過ごし、応永5(1398)年3月15日、53歳で崩御されたと記録
にあり御陵が境内にある。皇室との縁が深く、一方民衆の尊信を集めて寺勢が強かった
金泉寺も、天正の兵火で大師堂以外の諸堂が焼失した。その後再興されたが、規模が
小さくなったまた寺の裏の庭園に、弁慶石と呼ばれている岩石がある。伝説によると、屋島
攻めに向かう源義経がこの寺で一服した時、力試しとして弁慶に持ち上げさせた大石だという。
海上を見張っていた平家の意表をつき、阿波に上陸して陸路から屋島を攻めた義経は、
阿波にさまざまな事蹟を残し伝説を生んでいる。本尊は三尺の釈迦如来。脇士の薬師、
阿弥陀の三尊とも大師の作。聖武天皇の勅願により、天平年間に行基菩薩が開基したもの
で、その当時は金光明寺と称されていた。のち、当寺に来錫された弘法大師は、井戸の水が
涌き出る様を讃え、そこに堂字を建立し、寺号を金泉寺と名付けた。後年、亀山法皇がこの
寺をご信仰になり、三十三間堂を建立、千手大悲の観世音菩薩像を安置して山号の亀光山を
賜号。また勅願道場として経蔵を置き、遠近の学侶などの講演もあって大いに栄えた。
その頃の規模を知るよすがとして、金泉寺東門、南門などが残っており、この地方を大寺
と呼んでいることからも窺い知れる。その昔、屋島は壇の浦に向かう義経が、この寺に立ち
寄って戦勝を祈願し弁慶が持ち上げた力石がある



仁 王 門 











金泉寺の見所の案内

 黄金地蔵尊 黄金の井戸                        弁慶の力石                      

観音堂の右隣の小さな嗣にあるのが、黄金の
井戸と地蔵尊。寺名の由来ともなった井戸は
現在でもこんこんと湧き出ていて、この井戸を
のぞき込み、影がはっきり映れば長寿、ぽやけ
ていると短命という言い伝えがある。参拝者は
井戸をのぞき込み一喜一憂して帰っていくそう
また井戸の傍らに座っている地蔵さんは、北
向き地蔵とばれ、首から上の病気に霊験があ
るという。自分の惑い場所と同じところをなでな
がら、願をかけるといいそうだ。
源氏と平家が真正面から戦った寿永4年
(1185)の冬、平家を打ち落とそうと屋島
へ向かっていた源義経一行が、戦勝祈願
をすべくこの寺に立ち寄った。その時に弁
慶が持ち上げた石が「弁慶の力石」。大事
な一戦を控えた義経が、弁慶の人並み外
れた力量を自軍の兵の前に示し、士気を
鼓舞したという、言い伝えの巨石で、普通
の人ではとうてい手も回らない大岩。現在
は境内西隣の庭園の角に置かれている。


長慶天皇の御陵石

南北朝時代に、南朝九十八代の長慶
天皇が当寺で崩御されたという伝説
がある。大正五年、寺の裏山から発
掘された御陵石が保存されている。
白い凝灰石で、高さ約80cm、横約
40cmで菊花の御紋入り。「長慶天
皇寛成尊太上天皇御陵広永五年三月
十九日崩御五十三歳」とある。
闇魔堂

闇魔大王は、死後
の世界の裁判官。
死後、地獄に墜ち
るか天国へ行ける
か死者の生前の罪
状により、闇魔が
裁くといわれてい
る。






カラーお姿 1体200円 納経所で





金泉寺 奥の院  
金鶏山 愛染院  本尊 不動明王

 住所徳島県板野郡板野町那東居内   (徳島工業短期大学近く)
電話 088−672−1480


弘仁七年 (八一六) の昔、弘法大師がこの地を御巡錫の砌、土の地を霊地と定められ、
一宇を建立し、自ら不動明王の座像を刻まれた。以来今日に至るまで、家内安全、災難
魔除、交通安全等に霊験あらたかな寺として、広く知られております。境内には、大師御
手植の「なんじやもんじや」の植物は珍しく、後に 「カクレミノ」 という南洋植物であっ
たと、言われています。また、板西城主赤沢信濃守も祀っている。本尊不動明王の座
像は珍しく、日本全国に三体しか存在しません。納経書は、四国唯一・刷毛喜梵字で書か
れ、四国では当院だけであり、全国でも非常に珍しいものである。




納 経 所
付近の観光スポット

ドイツ館 : 第一次大戦時に捕虜収容所があった場所。当時の生活ぶりなどを紹介したミュージアムがある。
       また、日本で初めて交響曲第九番(ベートーベン)が演奏された場所としても知られる。
       詳細は観光ページ「ドイツ館」

お申し込みはお問い合わせ下記まで
四国霊場公認先達
770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
TEL 088−653−0280
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679


徳島個人 中村タクシー メインページ

巡礼1日目(1〜13番)へもどる
 
第4番大日寺へ行く