四国88ケ寺霊場 第36番札所 青龍寺 しょうりゅじ

住所  高知県土佐市宇佐町竜601  電話 088−856−3010

本尊 波切不動明王 開基  弘法大師
本尊の真言 のうまく さんまんだ ばさらだん せんだ まかろしやだ そはたや うん たらた かんまん

青龍寺といえば、空海が恵果阿闍梨から密教のすべてを伝授された寺として有名である。
空海は中国に滞在中に、「霊地にとどまりたまえ」と念じ独鈷杵(護身・供養の法具)を投げた。独鈷は東へ大
きく飛び、この地の松の枝に引っかかった。大師は和上の恩に報いるため和国に一寺を建立せんと誓願し
杵は笛高くまい上がり、紫雲に包まれて東方へ飛翔した。その後、帰国した大師が四国を巡錫中、
この地の山上の老松に杵があるのを見、このことを嵯峨天皇に奏聞したのち一寺を建て、山号を投げ
た杵にちなんで独鉢山と号し、寺号は恩師をしのんで青龍寺と名付けられ、四国三十六番札所に定められた。
本尊の波切不動明王は、人唐の折、暴風雨に遭遇したとき、風波を切り静めようとして大師が梵字象の波切
不動尊を刻んだものであり、それはいまも海上の安全、豊漁等に絶大のご利益を施している。当寺の奥の院
は、寺の南四百メートルの横浪半島突端が太平洋に落ちそうな場所にある。



本 堂

33観音
 

本堂
仁王門から本堂までは170段の急な石段が続く。ようやくたどり着いた境内には本堂、大師堂、薬師堂が
一直線に並んでいるが、これは伽藍配置といい、唐の青龍寺を模している。本堂には本尊の波切不動明
王とともに、寄木造りの愛染明王像も安置。愛染明王は家庭円満、縁結びの信仰を集めている。鎌倉時代
の作とされ、国の重要文化財に指定されている。



新しく大師堂が完成いたしました

三重塔
朱色が鮮やかな三重塔は、石段の途中に左側にある。

恵果堂・恵果和尚の墓
仁王門の左手前には恵果和尚をまつった恵果堂がある。さらに三重塔奥の山道の途中には恵果和尚の墓
があります、すぐ横には滝が流れている。

納経所横の石段を上ると、仁王門が見え、仁王門を
くぐると左手に滝がある。そのそばには、平成4年建
立の赤い三重塔が、緑の木立の中に建っている。
新しいだけに美しい塔だ。仁王門から本堂までの石
段が長い。170段本堂には海上安全を祈願する職や
絵馬がたくさん奉納されている。土佐藩主山内氏は
青龍寺に帰依し、藩費によって諸堂の修造が行われ
たと伝えられている。明治の頃までは土佐七大寺の
中に数えられていた大寺で、末寺四か寺、脇坊六坊
を有していたという。石段を上りきったところには本堂
と大師堂が並んでいる。向かい側には三十三観音の
石像がある。どの石像にも、赤や黄の、前かけのような
布がかけてある。そのため石像にもあたたかみが感
じられる。




階段でちょっと一休み  愛知 幅様.常川様一行様



近くの観光
ホエールウオツチング
夏場にホエールウオツチングを体験することが出来ます 0888-56-1133  宇佐漁業協同組合でお尋ねください

横浪スカイライン
県立公園に指定され、景勝地としても名高い横浪半島を横断する、全長18・8mのドライブコース。
北側には穏やかな浦ノ内湾、南には雄大でダイナミックな太平洋の雄大な景色を楽しむことができる。
残念ですが歩き遍路の方は宇佐大橋まで引き返し37番札所へ巡礼したほうが近いです

横波横浪スカイラインを越えると須崎市には別格20番札所第5番大善寺があります


中村タクシーおすすめコナー
お土産.食事は道の駅かわうその里須崎があり1階にお土産.2階にレストラン
1階多田水産では本場土佐のカツオわら焼き実演販売その場で食べる事ができ又クール発送可能
これぞ土佐のカツオ堪能していただけます 私のおすすめ又2階レストランでは土佐丼が超お勧め
お酒好きの方は1階にあるダバダロゼ四万十水使用栗焼酎がおすすめですよ!


お申し込みは下まで 四国遍路専門タクシー 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679
http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/



徳島個人 中村タクシーメインページにもどる / 巡礼4日目(34〜38番)へもどる 第37番札所 岩本寺へ行く