住所 徳島県鳴門市大麻町桧ダンの上    電話 088−689−1112    

駐車場有り 大型可 かなり広い
本尊 阿弥陀如来  開基 行基菩薩  

第2番札所 極楽寺詳しく見たい方ココクリック

 
           仁王門

行基が開創し、弘法大師がこの寺で修法中の
結願の日に、阿弥陀如来を感得してその姿を
刻んで本尊として、第二番札所に定めたという。
境内からは平安時代の古瓦が多数出土してお
り、この頃には伽藍が整備されたと推測される。
本尊の阿弥陀如来は四尺五寸の座像で弘法
大師の作。左右の脇士、釈迦如来、薬師如来は
行基の作。本尊は、当寺に留錫された大師が三
十七日間、無量寿の秘法を厳修された時、その
結願の日に出現した阿弥陀如来の尊影を拝し、
それを刻んで安置したもの。ところが、この像から
発する光りが速くの海原にまで達して漁や航海の
妨げになったので、前面に人工の山を築いて光り
を遮った、という故事から日照山と号したという。
室町末期には三好氏の保護を受けたが、天正十
年(一五八二) に兵火に遭って焼失、再建には
時間がかかったが、万治二年(一六五九)に藩主
蜂須賀家によって現存する本堂が再建された。
本尊の木造の阿弥陀如来坐像は、
平安時代未の作で国の重要文化財
に指定されている。












左上の杉の木が長命杉


美しい庭園 この奥の建物が納経所      


本堂は中央上の屋根だけ見えてる所 大師堂は本堂より右70m





極楽寺の見所の案内

  本堂                        安産大師                長命杉

本堂は40段程の階段を登った所
にある堂内に安置されている本尊
の阿弥陀如来は坐像で、団の重要
文化財に指定されている。昔、この
仏像から差す光が速く海まで達し、
それに魚が驚き逃げてしまったので
不漁続きとなり漁師たちは困り来て
てしまった。そこで漁師たちは阿弥
陀様にお願いして、本堂の前に小山
を築いて光を遮ったという伝承が
あり、ここから山号が由来されている
極楽寺の大師堂は安産大師とも
呼ばれていて、子宝に恵まれない
人には子宝を授けてくれ、妊娠した
女性には安産させてくれるというご
利益があるそう。それにはこんな
逸話がある。明治の頃大阪の女性
が大師の夢のお告げによって四国
遍路を始めたが、ここにくると急に
産気づいてしまった。しかし大師の
再度のお告げによって、最後まで
巡礼を続け帰宅し、無事男の子を
出産。その後お礼詣りをしたこと
から、安産祈願の人が絶えない
そうだ。
樹齢1100年以上の杉巨木は、弘法大師がこの地での修法
を修められた時に、この寺を末永く守護せよとの祈りをこめ
、大師自らお手植えされたと言われる。台風や火災など、も
ろもろの困難にも耐え抜いた大杉だけに、幹に触れれば
長寿に、またその手で自分の悪いところをさするとたちまち
平癒すると言われている。又紅白の帯がかけられそれを触
って長生きしたいものだすぐそばにお茶.冷たいお水の自動
お接待機が有ります紙コップでいただき一休み.....



お釈迦さんの足跡仏陀釈迦の足の裏これを敬えば生身の仏を拝むの
と同じ請願、身体の罪障を滅するといわれている。


無事安産されたかたが子供の名前を書きお札奉納されてます

付近の観光スポット ドイツ館は、ここからも近いです。観光ページドイツ館はこちら。

お申し込みお問い合わせは下記まで
四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679


個人 中村タクシーメインページに戻る

巡礼1日目(1〜13番)へもどる
 
第3番札所 金泉寺へ行く