四国88カ所霊場 第22番札所 平等寺  びょうどうじ


住所  徳島県阿南市新野町秋山188  宿坊なし 駐車場40台 大型可
電話  0884−36−3522

ここのお寺は厄よけ寺と知られている 男42段 女33段の階段がある
階段 本堂へ90段程度 駐車場は山門前に有り 大型可能

四国霊場第二十二番   白水山医王院平等寺
由 来
当山は弘法大師御修業のみきり空中に五色の霊雲たなぴき中に金色の梵字バンがあらわれた大師は
歓喜して加持されると、バンは薬師如来の尊像に変顕された大師かその地を掘ると乳白色の霊水か
湧さ出ました。霊水で沐浴.百日間修業感得の薬師如来を刻み、諸堂を建立して安置され.山号を霊
水湧出の地であるところから白水山とし、寺号を誰をも平等に利益救済を給われるように祈られて平等
寺と名付け与れました。霊水は鏡の井戸とよはれ、涸れることなく.こんこんと湧きでて万病にきく霊水
として有名です

大師が廷暦11年792「41歳の時にこの地に訪れ、母君が厄年にあたるため、一心不乱に厄除祈願をし
でいた。すると、空中に五色の瑞雲がたなびき、その中にあらわれた梵字が金色に輝きを放ったという。
やがてその梵字は薬師如来に婆を準え、光明が四方に輝いた。そこで大師が加持水を求めて杖で井
戸を掘ると、乳白色の水がわき出したのである。その霊水で身を清められた大師は100日間の修行の
後に薬師如来像を刻み、本尊として安置された。そして、この乳白色の水によって、人々が平等に救済
されますようにと寺号を平等寺と定めたのだという。以後、寺は大規模に栄えたが、天正年間に土佐の
長宗我部の兵火にあって焼失。その後、江戸時代中期に再興された。 平等寺の襖給金地着色秋草
拭四面は、狩野内膳の筆で県の文化財に指定されている。本堂から南へ11Km離れた月夜峠の下に、
月夜の大水大師がある。大師の湧き水伝説によるもので、大師がつき立てた杖が大杉になったという
「さかさ杉」の巨木がある。

本尊  薬師薬師如来

開基  弘法大師 本尊の真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか



山 門

本 堂


開運鏡の井戸  本堂階段登り口右側

「白水の井戸」本堂まで行く石段の左下に、万病に効くという「白水の井戸」があり、今なお水が湧き出ている。
瑞雲の中の金色の梵字から薬師如来があらわれた時に、大師が杖で掘った井戸。その時は乳白色の水だっ
たそうだが、現在では無色透明。今でもどんな日照りにも枯れることなく、こんこんと沸き出ている。万病に効くと
いう「弘法の霊水」として知られている井戸には、薬師如来と地蔵菩薩のご真言を書いた札が貼られている。


本堂の天井画

男坂あがつたところにある本堂に入つて頭上を見上げると、天井にはたくさんの草花を描いた天井画を
見ることができる。長い年月を経た今でも、緑、赤、黄色などの鮮やかな色彩を放っている。



大 師 堂

付近の観光スポト
 那賀川のアユ釣り 津乃峰神社 大浜海岸


お申し込みは下まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
  770-8071
徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 
電話 088−653−0280
FAX088−653−0480
携帯 090−8281−4679


徳島個人 中村タクシー メインページにもどる / 巡礼2日目(14〜23番)へもどる 第23番札所  薬王寺へ行く