四国八十八カ所霊場 第21番札所 太龍寺 たいりゅうじ

住所  徳島県阿南市加茂谷龍山2
電話  08846−2−2021

ロープウエーは鷲敷側から乗車 大人往復2480円 巡礼後頂上駅でお茶の接待が有ります 売店も有り
宿坊なし徒歩は1.5km登り坂有り私も徒歩で登りましたがかなりきつい25-30分 体力に自信の有る方は挑戦ください
       ロープウエーの場合は下車後本堂へ80段程度納経所へは右側へ80段程度下る  
ここに龍天井が有ります是非見てくださいふもと駅には食事 レストラン お土産もの店 有り

阿波の三難所の一つと言われる寺は、標高約600mの山頂付近にあるが、今では鷲敷町からロープウェイで
約10分で楽に行け、山頂駅に着けば本堂へ続く長い石段途中に手洗場あり又樹齢数百年の杉の木が
桓武天卓勅願寺。延暦十二年、帝の勅命により、弘法大師が開基した寺。本尊の虚空蔵菩薩も大師作。大
師十九歳のとき太龍ケ嶽によじ登られ、南舎心嶽で求聞持法を修された、とその著書「三教拍帰」に記録され
ている。周囲に老杉が茂る境内には、多宝塔、大師堂、求聞持堂 護摩堂 六角径蔵がある太龍寺は四国山
脈の四南端に位置し、海抜六百メートルの山頂近く、巨形に囲まれた霊域。山号の山来は舎心の霊蹟にちな
んで舎心山と号し、寺号は求持法の修行中の大師を守護した大龍「龍神守護」の意から生じたもので太龍寺と
命名したという。太龍寺は西の高野といわれている。


本尊   
虚空蔵菩薩

開基
 弘法大師

本尊の真言 
 のうぼう あきやしやき
 やらばや おん ありきや
 まりぼりそわか



見所

太龍寺のロ−プウエ−はたいへんすばらしい カメラお忘れなくロ−プウエ−から那賀川の川を
撮影ください絶景ですよ!


蛇行する那賀川

 下の写真が弘法大師様が修行して
いる所徒歩20分で近くまで行けます

     ロ−プウエ−から見た那賀川    ロ−プウエ−進行方向右側に見えます 修行弘法大師像
                   徒歩で歩くと徳島県下の霊場では一難難所  駐車場から30分

■本堂(虚空蔵菩薩)
阿波藩主蜂須賀公の命により嘉永5年(1852)に建立されたものであります本尊は“虚空蔵菩薩
弘法大師の御作で、毎年1月12日の初会式に開帳。福(幸福)徳(人徳、財力)知恵(学力向上)
を大空のことく無限に授ける仏様で、丑歳、寅歳生れの守り本尊であります。

■大師堂(弘法大師)
高野山奥の院を模倣し拝殿、奥殿式で配立されておりまも奥殿には宗祖弘法大師傾が安置
され、拝矧二は大師の十弟子が璧に描かれておりますまた、拝殿の彫刻は四国八十八カ所
中最も繊細な描写で中国の神話、民話か刻まれておりますノ開帳は旧3月21日です

■本坊(持仏堂)
明治27年(1894)の火災により焼失し、再建されて現在に至っております。寺務をかね寺の職員が生活する所で
ありますまた、正面大廊下天井には四条派の画家竹村松嶺による「龍」が描かれております龍天井

■求聞持堂
「虚空蔵求聞持法」を修行する道場で、弘法大師か修行なされた聖跡として真言密教の原初的な意味を
もつ重要な建造物でありますこの修法とは虚空蔵菩薩の御真言を1日1万回、100日間唱え続けることより超
人的な記憶力が身付くといわれています

■仁王門(仁王像)
太龍寺の表玄関にふさわしく重厚な作りと巨大な仁王像に圧倒されます仁王像は鎌倉時代の作で徳島
県下では最大最古といわれております写実的な描写は運慶、快慶の技法を充分に含み伝えております.
仁王門は現存する太龍寺の建造物では最も古く、多くの参拝者を出迎え続けて現在に至っております

■護摩堂(不動明王)
明治27年(1894)の大火災により焼失し、再建され現在に至っております 本尊は不動明王で、興教大師
の御作であります厳しい表現は、名匠の作である事を物語っておりその手に執る双刃の剣はこの時代の特
徴をよく現しております弘法大師御入山以降護摩の火を守り毎日護摩供を修法し「大龍寺の日護摩」として古
来より信仰を集め全国各地より毎日祈願を受け付け善男善女の諸願を成就しております。

■舎心ケ嶽
 弘法大師24歳の処女作として著名が三教指帰」の初頭に「阿国大龍嶽にのぼり、土州室戸崎に勤念す谷響き
 を憎まず明星来影すと記されておりまもこ二大龍嶽は19歳の山岳修行者空海か虚空蔵未聞持法という、記憶
力を増進させ、判断力を身につける真言密教の秘法を実修された聖跡で後に大師が唐(現在の中国)に留学さ
れ仏典だけではなく文学天文工学医学等々を単期間で身につけ請来し高野山に真言密教の根本道場を
開くことかできたのは、ここ太龍嶽での苦修練行か多大な役割を果しております、平成4年秋、大師御入山1200年と
ロープウェイ開通を記念し、求聞持修行大師像が建立されました

■多宝塔
法界虚空蔵、金剛虚空蔵 宝光虚空蔵、蓮華虚空蔵、業用虚空蔵と五尊で一組の五大虚空蔵が奉安きれており
ます 功徳は息災増益 すなわち災を除き寿福を授ける尊像ですが、特に天変地異の安穏を折り、60年に1度巡る
辛酉歳の除災に祈願されまもこの多宝塔も文久元年(1861)辛酉歳に建立されていまもす

■六角経蔵
仏教のすへての経典つまり一切経を収蔵する施設のことでこの経蔵には版木印刷の一切潅が収められていま丸
以前の一切経は三代将軍徳川家光公の寄進による物でありましたが焼失し、現在の一切経及び経蔵は安政3年
(1856)に収蔵されたものてあります


 北海道帯広 敦賀様


さくらシーズンの納経所



龍 天 井


神戸市 浜西.西山様




お申し込みお問い合わせは下記まで 四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679



巡礼専門タクシー 個人 中村タクシーメインページ にもどる
巡礼2日目(14〜23番)   第22番 平等寺へ行く