四国へんろ 第十一番 藤井寺 ふじいでら

住所  徳島県麻植郡鴨島町飯尾  臨済宗妙心寺派 
電話 0883−24−2384 

宿坊 なし 駐車場は民営 300円


弘仁年間、この地に立ち寄られた弘法大師が、渓流の水清き仙境に心をひかれた。
弘法大師四十二歳のとき、自他ともに厄難を除こうと薬師如来像を刻み、飯尾の郷
に堂宇を建立して本尊とされた。現在境内のある所からさらに山中に入ったところにあ
る八畳岩の上に護摩壇を築き、金剛不壊の道場として、17日間もの間、修行をした
といわれている。そして境内に5色の藤をお植えになった。その由来から、この寺は金剛
山藤井寺の寺号となったのだという。建立した藤井寺はその昔、七堂伽藍が建ち並んで
荘厳を極めたと伝えられる。が、天正の兵火、さらに天保三年の火災に罹り堂塔、寺宝の
ことごとくを焼失している。これら両度の火災の都度本尊だけは不思議にも厄難をまぬがれ
ている。現在の伽藍は万延元年の再建であり、また、前記の八畳岩には弁財天を祀り、
さらに百メートル奥には奥の院があって、そこには大日如来を本尊として安置している。


本堂

本堂の天井に描かれている雲龍は必見。本堂を全面改
修した昭和52年に描かれたもので、地元鴨島町出身の
林雲渓の作。30宜ほどの大きさがあり睨みをきかせた迫
力のある顔が薬師如来を守つているかのように見える。
境内に入ってすぐに目に入る立派な藤棚。見頃は4月下旬
からゴールデンウイーク中だそうだ。紫のノダ藤、八重咲き
で濃い紫のレンゲ藤に、ピンク小豆色などの藤の花が見事
に咲き競う。

本尊  薬師如来  開基  弘法大師    
本尊の真言  おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


   本堂には身代わり薬師如来
が安置されている


本堂天井に龍天井
カラーお姿



弘法大師お手植えの藤の木

別格2番札所  童学寺   国道192号線を徳島方向へ15Km名西郡石井町

童学別格霊場第二番、四国不動霊場第十一番のお寺。弘法大師が子供時代を過こした
場所で、学業成就や開運厄除けに霊験あらたかだそうだ。大師が実際に墨をするとき
に使っていた水が今でも湧いていて、このお加持水を持ち帰ることができるように、
容器が用意されている。


付近の観光
川島城 万葉植物園 学のぶどう狩り 川島神社 江川遊園地 

川島町で売られている焼き肉のタレは絶品です。 
問い合わせは川島城協会 0883−25−4666


お申し込みお問い合わせは下記まで  四国八十八ケ所霊場会公認 大先達 
770-8071 
徳島市八万町中津山4−129
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
電話 088−653−0280 
FAX 088−653−0480
携帯 090−8281−4679

徳島個人中村タクシーメインページ にもどる
巡礼1日目(1〜13番)へもどる
 
第12番焼山寺へ行く