四国八十八カ所遍路 
四国霊場 第十番札所 切幡寺
  きりはたじ

住所  徳島県阿波郡市場町大字切幡 電話  0883−36−3010  
     近年車上荒らし多いので貴重品置かないほうが良い

お寺切幡寺は切幡山の中腹にある、遍路は333段の急な階段を上らなくてはいけない。
苦しい石段だ。車で最上部まで行くと50m程のスローブ

本尊 千手観世音菩薩  開基 
 弘法大師   本尊の真言  
 おん ばざら たらま きりく


         本        堂


弘仁6年(815)、大師が四国巡錫中に出逢った娘の願いで千手観世音菩薩像を丁夜で刻み、
娘を得度させ秘密潅項させたところその娘の身から七色の光明が放たれ、千手観音に化身し
たという。そこで大師は嵯峨天皇に奉請して一寺を建立したのが切幡寺の開基となった。
そのため本堂には本尊が二体あり、大師作の千手観世音菩薩を南向きに、もう一体の娘が化
身した女人即身成仏の観音菩薩を北向きに安置している。境内にはその他、大師堂、
はたきり観音の銅像、鐘楼、大塔、不動堂が建っている。


 切 幡 寺 大 塔

国の重要文化財に指定されている大塔。徳川2代将軍秀忠が大阪の住吉
神宮寺に再建寄進した ものを、明治維新の時神宮寺が廃寺となったため、
第45世住職天祐上人が東西両塔あつた ぅち、当時残っていた西塔を買い
取り、明治6年へ1879)から15年かけて移築した。 普通二重の塔は三間四
面のものが多いが、この塔は五間四面と大きく、初重、二重の間 という様
式をなす大塔になっている。明治42年1909)祝融の災に遭い、寺は1山23
棟の 伽藍を一夜にして失ったものの、この塔のみは火難を免れた。そのた
め現在でも元和4年 1618年の再興時のままの姿が残り、歴史的にも日本
における重要な建造物になっている。 しかし親在、この塔は平成の大修理
工事を行っていて、平成13年末の完成までお目にかか れない。


遍路は333段の急な階段を上らなくてはいけない タクシーはほとんど頂上まで行けます


階段下る 山梨県 遠藤.小高さん一行


近くの観光情報
 吉野川遊園地  徳島県麻植郡鴨島町西麻植 0883−24−1518


お土産マル秘情報 麻植郡川島町だけで売られている焼き肉のタレ 
商品名 川島のタレ是非私のおすすめ 


お申し込みお問い合わせは下記まで 

四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
 電話   088−653−0280
FAX 088−653−0280
携帯 090−8281−4679

バスツアーの切幡寺への送迎はしません電話しないでください

巡礼1日目(1〜13番)へもどる
 
第11番札所 藤井寺へ行く

徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる