221系 < もどる > 283系

223系(関空快速・関空特快ウイング[1999年5月廃止]・関空/紀州路快速)

 1994年,関西空港へのアクセス列車として,関空特急「はるか」とともに運用開始された。座席配置は1+2列の転換クロスシートで,大きな荷物の持ち込みを考慮した構造となっている。

 基本編成は8両固定,あるいはJR難波からの2両+京橋からの6両となっていたが,1999年5月に登場した紀州路快速との連結により,関空/紀州路快速3+5両あるいは関空快速5両の運用に変更された(この時関空特快ウイング(写真下)は廃止)。

 その際に登場したのが223系2500番台(写真中)で,紀州路快速との切り離し・連結による先頭車輌補充のために新たに製造された車輌。正面スタイルは223系2000番台に近い。


 Photo by rtas
 写真上から
 2002/01 美章園
 2001/09 野田
 1999/04 大阪

出現条件:「FINAL」関空・紀州路快速
京橋→天王寺:
 大阪環状線#9および#11をクリア
天王寺→京橋:大阪環状線#10をクリア

ダイヤ購入条件:
 「FINAL」
京橋→天王寺 148,000クレジット
      天王寺→京橋 183,000クレジット
223系0番台/2500番台/関空特快ウイング/Photo by rtas

221系 < もどる > 283系