281系 < もどる > 583系

485系
※「電車でGO!プロフェッショナル仕様」「プロフェッショナル2」「FINAL」のみ運転できます

 交直両用特急電車の代表格。
 バリエーションは多彩で,初期型(0番台,100番台)はボンネットタイプ,200番台は先頭車両のデザインが変更され貫通型,300番台以降は非貫通型となっている。

 なお,0番台ながら非貫通型のクモハ485というのがあり,モハ485に運転台を取り付けた改造車である。中には「スーパー雷鳥」に使用されていた2000番台や,交流機器を外した183系700/800番台などの変り種も多い。


 Photo by rtas / 大阪−塚本
485系/Photo by rtas
出現条件:「プロフェッショナル仕様」
 雷鳥22号:雷鳥14号をノーコンティニュークリア
 スーパー雷鳥26号:総走行距離450km突破

281系 < もどる > 583系