221系 < もどる > 281系

223系1000番台

 1995年,阪神淡路大震災による車両不足を補うために登場した。関空快速用の223系をベースに座席は221系と同じ「1列4人掛け・折り畳み式補助椅子」とし,着席数を多くした。
 当初は221系との併結で使われたが,JR京都線/神戸線における新快速電車の130km/h運転実施を境に,すべて223系1000番台に統一された。
 その後,登場した2000番台は車体の工作方法,3000番台はMT比の関係でモーターを3個搭載する点が1000番台との違いである。


 Photo by rtas / 山崎−高槻
223系1000番台/Photo by rtas
出現条件:「プロフェッショナル仕様」新快速・京都→大阪:総走行距離200km突破
ダイヤ購入条件:「FINAL」新快速・京都→神戸および神戸→京都:20,000クレジット

221系 < もどる > 281系