419系 < もどる > 681系

485系

 当時の国鉄の地方幹線の多くが,建設費の安い交流方式で電化されており,都市部の直流区間とを直通できるように作られた特急形電車のひとつ。1968年に登場したこの形式は四国を除く各地で見られるようになったが,新幹線の延伸や新型車両(JR西日本では681・683系)の登場などにより,活躍の場が徐々に狭まれている。


 Photo by rtas / 大阪−塚本
485系ボンネットタイプ/Photo by rtas
出現条件:「プロフェッショナル2」
 雷鳥12号:総走行距離300km突破
 白鳥:サンダーバードおよび雷鳥全列車をクリア

419系 < もどる > 681系