181系 < もどる > 485系(2)

485系

 1964年10月に北陸本線の金沢−富山間の電化が完成し,大阪からの特急列車を走らせるために,481系が登場した。当時は50/60Hz共用の装置が開発されなかったため,この形式は60Hz専用となった。1965年には東北本線が盛岡まで電化され,特急列車を481系化した。この時増備された電動車が50Hzだったため,483系と区別している。

 そして,1968年のダイヤ改正により電車特急の全国的な運用を見越して,以降増備された電動車は50/60Hz共用となり,形式も485系となった。

 なお,電動車以外の車両は増備されたものも含めて,基本的な設計は481系・483系と共通であるが,グループ全体からみると1967年以前に製造された車両は149両であったのに比べ,1968年以降に製造された車両は304両と多いため,総称して「485系」としている。

 2003年現在,特にJR西日本では老朽化による車両の置き換え(683系)が進んでおり,次第にその数を減らしつつある。


 Photo by rtas
 塚本
485系ボンネットタイプ

181系 < もどる > 485系(2)