HOME > サイトマップ > 電車でGO!シリーズ車両図鑑 [最終更新日:2005/08/01]

関東 ▼中部・近畿 ▼四国・九州 ▼写真を提供してくださった方々と参考文献の一覧

函館市交通局 秋田新幹線
函館市交通局  函館市内のほとんどの観光名所を結ぶ歴史ある鉄道。車両の多くは全面広告が施されており,実にカラフルである。 秋田新幹線  東京−秋田間を直通運転するために在来線区間(秋田−盛岡間)のレール幅を広げる工事を行い,1997年3月に完成した。
 これにより最速3時間50分で結ぶことが可能になった。
奥羽本線・田沢湖線 ほくほく線・上越線
奥羽本線・田沢湖線  奥羽本線は複線の片方を狭軌(在来線)のままにしており,従来の車両が走行できるようになっている。一方,田沢湖線は全線標準軌となっているため,在来線の車両も標準軌仕様となっている。


>>TOP
ほくほく線  1964年に路線計画が立案されて以来,一度は工事が中断されたものの,1997年に開業。時速160km走行が可能な高規格路線でもある。



>>TOP
湘南新宿ライン 鶴見線
湘南新宿ライン  横浜以西と大宮以北を結ぶこの路線は,貨物線を経由することで実現している。この区間は成田エクスプレスや踊り子号(休日のみ)も通る。



>>TOP
鶴見線  この路線の前身は,川崎・鶴見地区の埋め立て地にある工業地帯への輸送手段として建設された。その後,延長・買収・国有化を経て現在の形になった。


>>TOP
総武線・中央線 山手線
総武線・中央線  総武線は御茶ノ水と銚子を結ぶ路線で1894年に開業した総武鉄道が前身。中央線は東京・山梨・長野・岐阜・愛知を結ぶ長大路線で,1889年に開業した甲武鉄道が前身。


>>TOP
山手線  山手線の起源は1885年に開業した日本鉄道で,その後の路線延長を経て1924年に日本初の環状運転が開始された。



>>TOP
京浜東北線 東海道線
京浜東北線  京浜東北線は大宮と横浜を結ぶ路線で,正式には東北本線と東海道本線から構成されている。しかし,それらとは独立して運転されており,横浜・磯子・大船を結ぶ根岸線を含めて呼ばれている。

>>TOP
東海道線  東京と神戸を結ぶ東海道本線のうち,首都圏では東京−熱海間を慣例的に「東海道線」と呼んでいる。




>>TOP
磐越西線 信越線
磐越西線(NowPrinting) 信越線(NowPrinting)
東京急行電鉄 江ノ島電鉄
東京急行電鉄  東急は1922年に設立された「目黒蒲田電鉄株式会社」(現在の目蒲線)が発祥で,その後いくつかの会社を吸収合併し,現在の姿となった。2004年1月,横浜−桜木町間が廃止されたのは記憶に新しい。

>>TOP
江ノ島電鉄  「江ノ電」で知られるこの鉄道は1902年の開業で,当時すでに行楽地として開けていた江ノ島へのアクセスを目的として建設された。休日は観光客で終日満員となり,通常の倍の4両編成で運行されることもある。
名古屋鉄道 JR嵯峨野線
名古屋鉄道  名古屋鉄道は,愛知県・岐阜県に跨る鉄道で,近鉄についで2番目に長い路線を持つ。個性的な車両・路面電車・モノレールなど魅力的な要素がたくさんある。


>>TOP
JR嵯峨野線(NowPrinting)  京都と鳥取・米子方面を結ぶ長大路線。電車でGO!では,非電化時代の京都−亀岡間を運転する。
湖西線 JR京都線・JR神戸線
湖西線  湖西線は,山科と近江塩津間を結ぶ路線で全線高架となっている。北陸方面への特急列車も多い。本作品では,大阪−山科間のJR京都線,近江塩津−敦賀間の北陸本線も収録されている。

>>TOP
JR京都線・JR神戸線  JR西日本の重要路線であるこの区間は,時速130kmを誇る223系新快速をはじめとしてさまざまな列車・車両が登場する。



>>TOP
大阪環状線 山陽新幹線
大阪環状線  大阪・梅田と天王寺を結ぶ環状路線であるが,西側は京都・和歌山から乗り入れる列車が多く,東側とは雰囲気が大きく異なる。



>>TOP
山陽新幹線  1972年,東海道新幹線を延伸する形で新大阪−岡山間が開通。その後,西日本の主要都市を結び1975年に博多まで延びた。500系の持つ超・高速性能はこの区間で100%発揮できる。

>>TOP
京福電気鉄道 瀬戸大橋線
京福電気鉄道  2000年3月に開業90周年を迎えた京福電気鉄道(嵐山線)は,観光の名所を結ぶ鉄道として親しまれている。2002年7月より均一料金となると同時に「スルッとKANSAI」ネットワークに加入した。 瀬戸大橋線  1988年に開通した瀬戸大橋を含んだ岡山−高松間を総称して「瀬戸大橋線」と呼んでいる。「電車でGO!プロフェッショナル2」ではさらに,宇多津−琴平間も運転できる。
伊予鉄道 鹿児島本線
伊予鉄道  開業は1888年と南海に次ぐ古い歴史を持つ私鉄。二度の合併・市内線の延長整備などを経て現在の姿となった。 鹿児島本線(NowPrinting)  1889年,九州最初の鉄道として博多から筑後川付近まで開通したのが始まりで,1927年までに門司港−鹿児島間が全通した。
篠栗線 長崎・佐世保線
篠栗線(NowPrinting)  1904年に開通した路線で,JR化後もディーゼルカーのみが走行する非電化区間だったが,2001年10月に全線が電化した。現在は787系・813系・817系が活躍している。 長崎・佐世保線

TOP

HOME > サイトマップ > 電車でGO!シリーズ車両図鑑