らくらくこうほくロゴらくらく市実行委員会 (C)2011 らくらくネットワーク・プロジェクト 

■トップページ ■aboutらくらく市 ■らくらくネットワーク ■情報ひろば


aboutらくらく市

らくらく市のマーク2011年、らくらく市は25周年です!

本年中に記念誌の発行を予定しています。

 

○「らくらく市」ってなあに?

 障がいのある人たちの働く場とか、子どもたちのフリースペースとか、環境のことを心配してる人たちとか、なんでもやる「なんでもや」とか…

 地域で非営利の活動をしているいろんな人たちが、菊名の地区センターと図書館の前に年1回集まってやっているバザーなのです。

 ●参加団体紹介はこちら ●らくらく市略年表

○いつ、どうして始まったの?

 1986年(昭和61年)に、障がいのある若い人の働く場を作ろうとしていた人たちと、心の病をかかえる人たちの作業所がいっしょになって、

障がいについて理解するための講座とセットで始めたんです。最初は2か月に1回、7団体くらいで、こじんまりとやっていましたね。

○20年以上も続いているんですね!

 続くと思わなかったけど、今では20を超える団体が参加して、場所も菊名地区センターと港北図書館のご好意で使わせていただくようになって、

年1回に回数は減ったけど、すっかり定着ですね。

○何のためにやってるの?

 目的はまず、それぞれの参加団体の運営の資金を少しでも増やすため、いわゆる「チャリティ」だけど、多くの人に障がいのある人たちのことや

地域の市民活動のことを知ってもらうPR効果もありますね。

○フリマとは違うの?

 フリーマーケットのように誰でも自由にお店を出せるわけではないですが、場所に余裕があれば新しく参加していただくこともできますよ。

個人参加の方も前にいらっしゃったし。事前に実行委員会に連絡していただきたいですが。

 ●実行委員会代表 「オーガニックスペースかれん」気付 松園 TEL045-547-2190

 ●らくらくネットワーク・プロジェクト 連絡は「らくらく情報ひろば」のメールフォームからお願いします。

○音楽とかやれますか?

 図書館の前だし、住宅地なので、残念ながらあまり大きな音は出せません。マイクやスピーカー、アンプを使わなければ大丈夫かな?

 太鼓はできないですね。ギターくらいならOKかな。

○参加料は?

 1団体1000円です。参加料(出店料)は実行委員会の運営費や、広報費に使われます。

○参加団体のふだんのおつきあいは?

 3か月に一度、実行委員会を開いています。そこでは、らくらく市開催についての相談のほか、各団体の情報交換をしています。

 らくらく市に参加することで交流の始まったグループもあります。

○らくらく市の映画があるってほんと?

 デジタルビデオで映画をつくるグループ「ピリオド」が1年がかりで25分くらいの作品『らくらく.街.15』をつくりました。

興味ある方は連絡してみてください!

 ●ワークショップ.ピリオド

 

らくらく市略年表

1984

知的障がい者とともに働く場として、大倉山(港北区太尾町)に「みんなのお店」開店。港北区最初の精神障がい者の地域作業所「ひかり作業所」開設(港北区大曽根のち太尾町に移転)。

1986

上記2施設を中心に、運営資金の確保と地域での交流を求めて、第1回「らくらく市」を港北区太尾町の「市ノ坪公園」で開催。参加7団体。以後、港北区役所前などを会場に、年6回開催するが、後に年1回に。同時に、障がいについての理解と交流のための「らくらく講座」スタート。「らくらく講座」はその後港北区生涯学級となり、「港北みんなの広場」「まちで出会う」と名を変えて続き、現在実行委員会メンバーは「かれん」の評議員やらくらく市の裏方などでそれぞれ活躍中。

1998

らくらく市実行委員会発行の情報紙「らくらくネットワーク」創刊。

2000

らくらく市15年目に。参加団体は24団体に。「15年目」を期して「映画をつくるワークショップ.ピリオド」が『らくらく.街.15』の製作を始める。

2001

ホームページ「らくらく・こうほく」開設。映画『らくらく.街.15』完成。

2003

らくらくネットワークプロジェクトとワークショップ.ピリオド、ビデオ『らくらく市2002』制作。

2006

らくらく市20周年! 参加団体数29。20年前と明らかに違うのは、団体数と、団体がNPO法人や社会福祉法人などに発展したこと。そして、障がい者自立支援、子ども・青少年支援、子育て支援、高齢者介護、リサイクル、交通・環境問題、まちおこし、生きがい創造・・・と幅が広がったことでしょう。

このページの先頭に戻る