素子辞典

 

 アタックbP   素子さんがバレーを始めるきっかけとなったアニメ。05年にはドラマ化され、素子さんは
           バレーの監修をつとめた。第2話に出演もした。      

 アトランタ五輪  3度目のオリンピック。これに出るためにかなり苦労した。

 アンコーナ   素子さんが所属したイタリアセリエAのチーム。

  

 イタリア     アンコーナに入団するために半年間住んだ国。

 移動攻撃    移動しながら打つ、素子さんの十八番。 

 妹        5歳下。「天才・たけしの元気が出るテレビ」のダンス甲子園に出場経験あり。

 笑顔       素子さんの最大の魅力といえば笑顔です。 

 MVP      日本リーグ3回、黒鷲旗で2回受賞した。’94ワールドスーパー4では
           最下位ながらMVPを受賞する活躍をみせた。  

 大きな私の小さな恋   デカモニのデビュー曲。カップリングの曲は「デカモニじゃんけんぴょん」

 オリンピック   3大大会の中でも、最大の大会。素子さんの夢。3回出場した。    

  ガラマッチ    世界選抜。’91年に選ばれた。 

 菊間監督    八王子実践校の監督。素子さんの恩師。フジテレビ菊間アナの父親で
           もある。

 旗手       広島アジア大会で、旗手をした。

 キャプテン   全日本では’94年、日立では93〜94、東洋紡では96〜97年に
           キャプテンをつとめた。

 黒鷲旗     第35回から第43回、第45回に出場。

 血液ドロドロ女王   フジテレビの「ジャンクSPORTS」の企画「血液ドロドロ選手権」で優勝した。

 小平市     生まれ育ったところ。日立もここにある。

 ゴム       ポニーテールをする時につけるゴム。ユニフォームと逆の色をしていた。
          ユニフォームが赤だったら白のゴム、白だったら赤。

 サウスポー   子供の頃のけがが元で、左利きになったという説がある。

 XANADU loves NHC   ザナドゥー ラブズ エヌエイチシー。ホリプロのフットサルチーム。素子さんはゴールキーパーをつとめる。 

 身長       182cm。小学校6年生の時、170cmだった。

 資格       国内A級ライセンス、MFJ PIT CREW LICENCE、小型船舶4級免許、華道池坊奥伝免許、けんだま8級 

 スポーツキャスター  現在の素子さんの職業。フジテレビと契約している。

 世界選手権   世界三大大会のひとつ。’90、’94年の2回出場。

 全日本    ’85年、高校3年生の時初めて全日本に入る。
          ’87年から’96年まで、日本代表として世界と戦った。

 ソウル五輪   初めて出場したオリンピック。この大会のソ連戦が、素子さんの一番の
           思い出の試合である。

  宝塚歌劇   素子さんが大好きな劇団。娘役になりたいそうです。  

 著書     ’95年に「バレーに恋して」、98年に「マイドリーム」、01年に「大林素子のバレーボール教室」を
          発売。          

 2セッター    42回黒鷲旗で日立は2セッターを採用し、素子さんは後ろに下がって
           いるときはセッターをした。  

 デカモニ   ’01年8月7日、つんくプロデュースでCDデビュー。

 東洋紡    ’95年から97年まで在籍。素子さんが入部した当時は8位のチーム
          だったが、台風の目となり、強いチームになった。  

 トムヤムクン   素子さんが食わず嫌いの食べ物。

 日本リーグ   第20回から第27回まで出場。24回から27回まで4連覇した。

 西川トモ子   「マッチポイント」での素子さんの役名。ライトのエース。
           

 八王子実践高  素子さんの出身校。バレーの名門校。

 バックアタック  後ろから打つアタック。今は、バックアタックは普通だが、素子さんしか
            打てない時もあった。

 

    母     ハイジャンプの東京オリンピック候補選手で、現在はプロのジャズダンサー。
           芸名はMONA。

 春高バレー   バレーの甲子園で、ここからスターになった。

 バルセロナ五輪  2度目のオリンピック。五位。

 日立   ’86年から94年まで在籍。中学2年の時から、日立の練習に参加していた。
       名門チームで数多くの全日本選手を輩出してきた。 

ふ 

 Vリーグ   H6年度から日本リーグがVリーグに変わった。外国選手出場も認められた
        素子さんは東洋紡として第2回、3回出場。

 プロ     プロになるためにイタリアに行き、日本人ではプロ選手第一号となった。

 ベスト6  日本リーグ・Vリーグでは8回、黒鷲旗では7回受賞している。

 ポニーテール  ’93年からポニーテールをしていた。結ぶ位置が高いほど気合いが
            入っていたらしい。 

 ホリプロ  素子さんが所属している芸能プロダクション。スポーツ文化部に所属している

 マッチポイント  素子さんのドラマデビュー作。H12.10〜12 NHKで放送。 全12回  

 MOTOKO CLUB  素子さんの公式ファンクラブ。

 素子スペシャル  世界で素子さんしかできない、ライトからレフトへの9mの幅を使った
            移動攻撃。モトコスペシャルと呼ばれている。

 ヤオハン    世界のトップ選手を集めたプロチーム。素子さんも勧誘された。
           現在はなくなった?

 山田監督    世界三冠監督。素子さんは、山田監督に手紙を出したことがきっかけで
           世界のエースへの道を歩くことになる。

 八木沢監督  ドラマ「アタックNo.1」で素子さんが演じた大阪寺堂院高校の監督。第2話に登場。

 優勝       日本リーグ6回、黒鷲旗4回、優勝している。

 夢・星野スポーツ塾     星野仙一氏が塾長をつとめるスポーツ活動を支援するプロジェクトで素子さんも一員。     

 ライト      素子さんのポジション。このポジションに控えがないことが多かった。

 連載       「バレーボールマガジン」、「モニク」で対談コーナーを毎月連載していた。

 ワールドカップ  4年に一度、日本で開催される、世界三大大会のひとつ。
            この大会で世界デビューし、4回出場した。