マッチポイント

 

                       

 クリーナーズは全日本優勝大会を三勝一敗という好成績でベスト4入り。
 地域リーグ残留も決定する。しかし、エントリー料に70万かかるので困り果てる。 
 そんな時、道子たちの同僚の長田が定年退職をすることになり、
 長田の希望でクリーナーズの現役対OGの試合をすることに。 工場長も協力的である。
 リストラされた社員が進に文句を言ってきた。自分のせいにされた進はつい再就職先を
 見つけると言ってしまう。商店街に頼みにまわるが誰にも相手にされない。それどころか嫌味を言われる。
 疲れ果て進は会社を欠勤し、心配して家に訪れた道子に弱音をはき、抱きしめてしまう。
 美佐子の夫、明は新しい商品を設計し、それの製作にとりかかっていた。
 それを知った進は、明に思い切ってやってみろと言う。
  OG戦は五輪メダリスト達が出場し、人々は懐かしく思い大喜び。
  楽しくプレーする選手達。試合で集まったお金をOGに渡そうとすると、それをエントリー料に使うように言われる。
  先輩達に応援されて喜ぶ現役クリーナーズだった。

 

                       

 

            

      店長に嫌味を言われるトモ子           地域リーグ残留が決まり喜ぶ             OG戦にわくわく

 

            

          頑張るぞ                         試合に満足                 喜ぶクリーナーズ       

 

   名場面   

         試合のシーンが短いと思いました。今回は練習シーンもなかったし。全日本優勝大会のシーンもないし。
         プレーしている素子さんが見たいです。
         OGには、このドラマのバレー指導をしているロス五輪銅メダリストの丸山(江上)由美さんがいましたね。
         他の人たちは違うんでしょうか?

       

 

   第9話  「勇気ある失業」

            重子は沖浜工場にお忍びで行く。そこでクリーナーズの監督をやっている広瀬に激怒し、
            解散させようと選手を転勤させる。クリーナズにいたい選手達は辞表を提出する。         

                  

 

 

              第1話    第2話   第3話   第4話   第5話   第6話   第7話  第9話  第10話   第11話  第12話