OZ DISC official web site-[top]-[catalog]-[link]-[about this site]-[site map]

OZ DISC official web site

now planning
02.06.07 Update
■CDなどの制作進行状況を随時アップしています

catalog
01.11.09
Update

■オズディスクの全カタログ。詳細な解説付

link
02.08.28 Update
■オズディスクに関するアーティスト、レーベルのリンク集です

about this site
00.05.22 Update
■このサイトの説明とオズディスクの紹介をしています

通信販売のご案内

オズディスクの
買える店

以下のお店にはオズ・ディスクの商品がかなり揃っていますよ!

●御茶ノ水
 ディスク・ユニオン・
 インディーズ館
●明大前 モダ〜ン・
 ミュージック

 (03-3322-4461)
●新宿 ロス・アプソン
 (03-3369-9616)
●札幌
Pataphysique
 Records Disc Store

 (011-290-6920)
●中野 タコシェ
 (03-5343-3010)
●吉祥寺 東風
 (0422-40-2205)
●心斎橋アルケミー・
 ミュージック・ストア
 (06-6213-4584)
●沖縄 ゲット・ハッピー
 (0988-63-5168)

■ご意見ご感想は
OZ DISC 田口まで
メールフォーム
もあります

OZ DISC official web siteへのリンクはご自由にどうぞ

詳しくはlinkページを参照下さい

what's new

2004年

2003年〜以下のタイトルがリリースされております。

通信販売は円盤通信販売に委託しておりますのでこちらで御利用お願いいたします。

★蝉/まぼろし
(\2500/OZ disc/OZD-104/CD)
福岡のインプロイヴァイズド・インストゥルメンタル・ロックの雄、4枚組のデビュー・アルバムに続くスタジオ録音による新作。今回は1枚ものなんで御安心を。前作が様々な年代のCD-R作品をリマスタリングしたものだったのでアルバムに向けてのレコーディングがされたのはこれが初と言っていいかもしれません。その存在自体が幻となってしまった蝉の自営スタジオ「マジック・スタジオ」での録音に、またもや湯浅学氏の極悪なマスタリングが施された強烈な音像。スピーカーやアンプが壊れたわけではありません。
<収録曲>まぼろしpt1/まぼろしpt2/まぼろしpt3/BELL

★三重人格の犬/解滅連鎖
(\2500/OZ disc/OZD-105/CD)
福岡の轟音重爆撃ロックの重鎮。その前身である宙ブランコ時代から、現在の福岡のロック・シーンの先陣を切り開いてきたのは彼ら。前作がまったく流通を通すことなくほとんど地元だけで捌かれたため初の全国流通と言っていいセカンド・アルバム!
<収録曲> おもちゃのヘイタイ/ベベ/からっぽの楼/灰のランチ/ヌレイヌ/イカイヨウ

★あらかじめ決められた恋人達へ/釘
(\2500/ELECTRICHOLEYE/EHE-38/CD)
イルリメやオオルタイチと並ぶ関西ブレイクコアを代表する池永正二のソロ・ユニット。ダブ、からノイズまで取り込んだズタズタでロマンティックなトラックをバックに小玉和文を思わせる哀愁のピアニカ・ソロをかます独特のスタイル。ライヴでは真っ暗闇の中、ヘッドライト1本で情熱的な世界を構築する。
<収録曲> 道-intro-/ハウル風/10月のカタツムリ/擦れ/スキマ/道-interlude-/インダンス/ライン/止まるハト/・・・のそばで/摩天楼

★湯浅湾/ライブ
(\2000/OZ disc/OZD-99/CD)
あの独特の文体そのままの詞世界とサイケデリックだったりガレージだったりダブだったりと暴力的なようで人なつっこいバンド・サウンドと湯浅氏の歌声はノイズと呼ばれている音楽とはほど遠いです。ドラムとのデュオ編成からスタートし、5人編成のバンドへ変貌した近年のライヴをまとめ、30%のエコー増量のミックスを施した1枚。ジャケットは盟友根本敬の書き下ろし。
<収録曲>おぼえたてのあいうえお/歯のはえたケツの穴/朝の茶柱/分別溶解/化石の夜/のうさぎのいたちのねずみ/みみず

★浜田俊一/無芸術大王
(\2500/OZ disc/OZD-74/CD+VTR)
幻の名盤解放同盟や突然段ボールが参加していたことで知られる集団即興グループ「わかたけ」のリーダー初ソロ作にして恐らくラスト・アルバム(?)。ステージ上でずるむけの魂そのままに奏で、唄い、吠え、眠る。無作為の権化のようなその音は風流かつ乱雑な魅力に充ち満ちている。この作品は、ここ数年ガンによる闘病を余儀なくされている氏の決定版を残しておこうと突然段ボール蔦木兄弟監修のもとに編まれた作品である。しかし、監修者の方が先に逝ってしまうとは...。最高のジャケット画は秘密博士の手によるもの。無作為無駄無茶無手勝流=無芸術。
<収録曲> おもちゃのヘイタイ/ベベ/からっぽの楼/灰のランチ/ヌレイヌ/イカイヨウ

★連続射殺魔/玉琴へのジョギング(連続射殺魔シングル・コレクション&アザー・ワークス)
(\3800/OZ disc/OZD-101-2/2CD)
連続射殺魔のスタジオワークをコンプリートした、圧倒的ボリュームの131分間!(2枚組) 和田哲郎自著による、詳細なブックレット付き。江戸アケミ、町田町蔵、ジョン・ゾーンなど当時の交流秘話を含め連続射殺魔の謎が解き明かされている。
<収録曲> 愛して欲しい/G線上のアリア/Oh! Child/素敵な貴方/甘美憂鬱/朝焼けにシビレテネムレ/北海道/風船/Pimp Model/ジョギングの歌(未発表)/Mobile Chocolate/New Bop A/New Bop B/good night/Shake Your Hip/玉琴(未発表)/New Big Barn/I want the BIG/All together now/Love Songs Love/Sleeper Hold/W arm surplex hold

★連続射殺魔/'78.3.26渋谷屋根裏
(\2800/OZ disc/OZD-103/CD/2003.5.20)
G線上のアリア/流転/E improvisation/Am blues/兵隊になりたくない/FANFARE/滅びにかける/クラインの壺/割れた鏡/愛して欲しい

円盤始まってます!
突然ですが、店始めます。店名は「円盤」。高円寺駅から1〜2分。南口を出て線路沿いを阿佐ヶ谷方面にまっつぐ。漢方薬屋の隣、一階が小料理屋の五麟館ビルの2Fです。地図はここ(杉並区高円寺南3-59-11-201)。電話番号は03-5306-2937。で、なんの店かというと、

1、CDショップ pm1:00-
自主制作盤専門店!オズ・ディスクはもちろん、OUT ONE、アルケミー、いぬん堂、UMMO、FMN、AUSTIN、オフ・ノート、キャプテン・トリップ、ギューン・カセット、360°、SEALS、スカイ・ステーション、スタジオ・ウイー、スポットライト、地底、トリ・レーベル、トランソニック、パブリック・ドメイン、PSF、PLANKTONE、purifiva、ホーレン&オーゲン、poet portrait、ポセイドン、磨崖仏、マジキック、meatmoon、メトロトロン、mona、モルダウ、吉田ハウス、rev-node、(アイウエオ順)などの揃えられる限りの全タイトル揃えました!
2、喫茶店 pm1:00-10:00
で、サ店なんですわ。マンガ喫茶ならぬ和物名盤喫茶。CDウォークマン持参のこと。驚愕の喫茶ライブラリー。
3、バー pm10:00-am5:00
で、夜はバーに。朝までやってます。バーテンダーはトランソニックの永田一直(日曜日深夜は休業)。
4、イベント・スペース
さらに、毎週木〜日曜日は連日イベント!開催中もCDショップは別に営業しています(喫茶コーナーはやっていません)。木、金、日の夜の部はトーク&ライヴ、金土の深夜はDJイベントです。4月のスケジュールは以下。


円盤スケジュールはHPをご覧下さい。


■はっぴいえんどかばあぼっくす 好評発売中!

VA「はっぴいえんどかばあぼっくす」
(OZD-091-95 価格12000円)
<LPサイズ特製ボックス入り>

本作はオズ・ディスク最初の10年(来年で10周年)を代表する作品になることは間違いない! というほどのものにはなったと自信を持って言えるのは確かです。12000円…高くない! 全然高くないぞ! それなりのものなんだよ。あがた森魚の『永遠の遠国』買うつもりでドーンと行ってください!

同時発売

「ーはっぴいえんどかばあぼっくす外伝ー
 素晴らしき船出かな」
(ELECTRICHOLEYE/EHE-037/CD/\2000)

★特典
 ボックスと「素晴らしき船出かな」の同時購入の方
 
■7inch3枚
 
※応募制、先着500名様限定

と、いうことで、通販を希望の方は
1「ぼっくす」のみ(12000円)
2「素晴らしき船出かな」のみ(2000円)
3「ぼっくす」&「船出」(14000円)
のいずれかを明記してください。よろしくお願いします。
ということでレッツ注文!

■オズディスクの初サンプラー
 ついにリリース
予告からずいぶんたちましたが(そんなんばっか)ようやく初めてのレーベル・サンプラーがリリース。しかも(事情はともかく)メジャー・リリース。時代は変わる。すでに100タイトル以上をリリースしている当レーベルですから、音源も膨大だし選びに選んで2枚組2セットの計4枚。オズ・ディスクってのが実際どんなレーベルなのか、この2セットを聞けばうっすらと分かり戦慄。「赤盤」「青盤」と分けたのは音の傾向を右端からと左端からとで分けたって感じで、「赤盤」はサイド・レーベルEHEものなど、ポップなサイドからの選曲。「青盤」が分類不能なアブストラクトなサイドからの選曲、となっています。この2セットにさらに「strange single collection」を加えればレーベルの核が見えてくる。ちなみに以下の方々にレーベル作品ベスト5を選んでいただきました。感謝!

石垣窓(フリーボ)、大川素子、小田晶房(map)、折田烈(餅屋デザイン)、金野篤(Bridge)、古賀文規(ディスク・ユニオン)、近藤ともみ(元インディーズ・マガジン)、佐々木敦(HEADZ)、スハラケイゾウ(ぎゅーんカセット)、竹内直夫(水中、それは苦しい)、行川和彦、なんのこっちゃい西山、東瀬戸悟(HOREN/AUGEN)、山辺圭司(LOS APSON?)、湯浅学(幻の名盤解放同盟)、行達也(タワー・レコード新宿)、露骨キット(元東風店長)

これだけでも面白いですよ。本当の人気盤が分かった感じ。もちろん僕自身による全曲解説もあります。

もちろん全国CDショップでも販売されますが、レーベルからの通販ではセット購入者は定価7000円のところを6000円で、さらに「strange single collection」を同時購入の方は合計7000円で特別販売します!


(C)copyright 2000-2002 OZ DISC
mail:ozdisc@kf6.so-net.ne.jp

http://www3.to/ozdisc 登録サイト