キスケVSキツネザル(平成14年 睦月)

 最近、管理人・ゆき姫は原猿(古いタイプのサル)にはまってます。そのへんのいきさつはこちらとかこちらでどうぞ。
 昨年11月に東京の上野動物園にマダガスカルからアイアイとハイイロジェントルキツネザルが来日したときき、いてもたってもいられなくなってピナテールと共に出動してきました!
 アイアイといえば童謡で有名ですよね。でも、私の一番のお目当てはハイイロジェントルキツネザル!(「また、マイナーな…」と、母上にもつっこまれてしまいました)おまけに上野動物園にはエリマキキツネザルもいるんだぜ〜!くつ下ウエアに身をつつんだピナテールも、お出かけに興奮。ウキウキだっピ〜。

 上野に行く前に渋谷で昼ごはんを食べました。電車に乗ろうと駅へ向かっている途中、NHKスタジオパークへの往復バスに遭遇しました。そういや最近行ってないなあ、NHK…。




NHK仕様バス よく見たら…




ハッ!おじゃる丸! こんなところにいるっピ!
と、取り乱すピナテール


 今日のところはひとまずおじゃるをほっといて、さっさと上野動物園に向かいます。
 入園料は大人600円。くわしくはこちらとかこちらなんかへ。
 上野動物園といえばまずパンダが有名なのですが、ヤツらは今巡業に出ています。そのかわりと言っちゃ何ですが、シセンレッサーパンダがいます。やたらとグルグル走りまわりつつ、マーキングしている姿が鬼気迫っててステキでした。




やけに楽しそうなホッキョクグマ


 この寒空の下、元気に水遊びしまくるホッキョクグマ。2匹の真っ白でどでかいクマがじゃれたり、抜き手をきって泳いだり、滝に打たれてみたりしていました。すごく大きいぬいぐるみをじゃぶじゃぶ水洗いしているみたいです。思わず縮みを心配してしまいます。遠くから見てるぶんにはカワイイですが、間近にいたら怖いです。クマってほんと大きいし、強そうです。
 クマコーナーの並びにいたクマ似のイタチ科動物、クズリは小さめでかわいいかも…と思って見ていたら、ギャー!とすごい声で鳴きました。びびり。




プレーリードッグもいたよ



どす! 何すんの!


 今回ゆき姫が気に入ったのは「夜の森」コーナーです。地下の部屋に夜行性の小動物が集められて展示されています。わざと暗くして夜をつくり、彼らが活動している姿を見せているわけです。うす明かりの中で元気に飛びまわるショウガラゴにびっくり。さすが霊長目ロリス科、姫ゴコロをわしづかみです。せっかく夜っぽくしてるのに、ぐうぐう寝ているスローロリスにも感心しました。さすがまったり屋。
 本当に馬っぽい顔のウマヅラコウモリやとても細くて長い足をしているトビネズミに驚愕。すごいデザインセンスだ!!




むちゃむちゃ小さいネズミと記念撮影
数匹まとめてもオラより小さいっピ


 さあ、いよいよアイアイ&ハイイロジェントルキツネザルです!人ごみが苦手なゆき姫、頭痛がしてきましたが元気です!そこにキツネザルがいるかぎり!
 やはり夜行性である彼らのために、展示場は黒い布に覆われて暗くなっています。竹が植えられた室内に目をこらすと…いました!ハイイロジェントルキツネザル! 夜行性のためか、大きくつぶらな瞳をしています。竹の幹にとまっています。軽く手をそえているだけに見えますが、きっちりとくっついている様子。手が吸盤状になっているのでしょうか。動きはなかなか敏捷です。


  

うす明かりの中で撮影。フラッシュはダメっピよー


 なんと上野動物園120周年のシンボルマークにもなったアイアイ。今イチオシ売り出し中みたいです。その割には愛想ないなあという印象を持たれてしまうかもしれません。だって、アイアイの展示室は本当に暗くて、どこにいるのかよく見えない上に、もともとアイアイがどんな形状をしているのかを知らない人が多いので、見えたとしてもどこが頭でどこがしっぽなのかがナゾだからです。「アーイアイ♪」というノンキな歌のイメージからは程遠い、ちょっと悪魔的なルックスにビビってる子供、多かったです。大声で歌ってカラ元気をふり絞っている子もいました。ゆき姫は「これっておサルさんなの?」という子供の会話に割って入り、「おサルだよー」と教えたりしていました。


  

横に大きく張っている耳がらぶり〜


 アイアイとハイイロジェントルキツネザルは西園にいますが、もとからいたエリマキキツネザルは東園に他のおサル達と並んで展示されています。  このコらがも〜〜〜激プリティです! エリマキもしっぽもふさふさ!ふわふわ! 白と黒のカラーリングもばっちり!




この目つきがまたいいんだな〜




お食事中のエリマキキツネザルさんはごはんに夢中 はぐはぐ…
ゆき姫の大好きアイテム最強ペアだっピ


 夢見ごこちでエリマキキツネザルに見入るゆき姫でしたが、閉園時間で追い出しをくらってしまいました。園内の動物グッズを扱っているショップにはキツネザル関連商品はありませんでした。アイアイのイラスト入り文房具は少々ありましたが。残念。でも、ヒヨコの小さいマスコットぬいぐるみなんかはありましたよ。思わず「キー君…」と反応してしまうのはキスケ好きのサガでしょう。
 老舗動物園ながら見せ方にも工夫があり、なかなかいいです上野動物園。キツネザルの未来のためにWWFのパンダ募金箱にお金も入れてきました。皆サマもよろしくっピ。
 最後にでかでかパンダwithピナテールで記念撮影していると、通りすがりの女学生に「おじゃる丸のキスケだー」と指差されてしまいました。




変装してるのにもうバレてるっピ!
ヒヨコと間違われなかっただけでもラッキー…




TOPに戻る

玄関に戻るアイコン