イラスト・壁紙・テキストのサイト。ややシュール。
Home About
Wallpaper Text
Guestbook Links

* page3 < 2 > page1 *

* Log 2 (20021001-20030727)

◇管理人より皆様へ 20030727

ちょっとプライベートで部屋の移転をすることとなり、8/12まで2週間ほど更新できません。「いや、いつもそのくらいフツーに固まってると思いますが」とお思いの方、それはバーチャル体験です。以下本題。

なぜ2週間以上も?ということなのですが、ネットの接続をCATV(現行)→ADSLにチェンジするときに、電話回線が必要なんですね、ADSLは。当たり前だけど。通常ならADSL回線がつながるまでダイヤルアップで凌ぐという方法があります。でも、僕は電話加入権をもっていない(買う金無い)ので、”ADSL専用電話回線”というのを新規に引く羽目になったというわけです。で、その回線工事の日程がどういうわけか2週間後。もともと僕は直前までボケーッと脳天気にしている、いわゆる一夜漬けタイプの人間なので、申し込んだのが引っ越し直前という有様でして、まあそのツケとして2週間の禁ネット罰ゲームを拝領したというわけなのです。(NTTの工事日程が理解不能ですが…電話してもケムマキ君でした)

念のため、ここは移転しませんのでお間違えなく。あと、家以外でもネットする場合が多いので、BBSはちゃんとチェックしていますし、返事もしっかり書きます。日記状態になっていても見捨てないで下さい。

なので、御贔屓にしていただいている方々にはちょっと不自由させてしまいますが、しばらくご容赦を。なにぶんここ数日バタバタしておりまして、満足にイラストも描けない始末なのです…。ただ、せっかくの期間なので、フットバッグの練習 壁紙作品を気合い入れてストックしようかなと思います。華々しい復活をする予定なのでちょっと待って下さい。そうそう、あくびをすると時間の進み方が早(以下略)

てなわけで、ちょっと夏休みいただきます。


◇夏場は死にそう 20030720

フットバッグに少しはまってます。フットバッグというのは、ペプシ500mlを買うと付いてくるおまけを使ってやる遊びで、ひとことで言うと「足でやるお手玉」という感じ。足のジャグリングということか、フットジャグなんて呼ばれています。

いざやってみると、難しい。まず、手で落としたお手玉を足の甲でキャッチできない。たまにうまくいくんですが、大体ポロリ。ペプシの公式サイトではすごいプレーが見られます。しかしあの域に達するには四半世紀かかるのではないかというほど、絶望的に差があるというか…ムービー見て「うわぁああー」って。そんな感じ。最初は、部屋の中で裸足。ひたすら基礎的な動作ばかり練習すると、2日目くらいでキャッチできるようになってきました。この期間がミソ。少しずつ上手くなってるのがわかるから、やめられないというかはまっているわけで。

しばらく練習サボってましたが、おとといは夜中の3時半までコンビニ前で練習。外でやるのは初めてでしたが靴によってはこっちの方がやりやすいですね。怪しいおにーさんと化してます。今日も友人と3時間くらいやってきました。やっぱり部屋で一人でやるよりは、端から見てもらった方が上手くなっている気がします。足の甲でキャッチするのは大体マスターして、いまは足の外側でキャッチするのを練習してます。

しかしちょっとやるだけですごい汗。ダイエットやろうかなと思っている人は絶対おすすめ。ストリートデビューはいったい何年後になるんでしょうか…


◇寝るなら手ぶらで 20030627

いやあ参りました。電車で座りながらついウトウト居眠りをしていたら、お気に入りの帽子を車内に忘れたまま降りてしまって。よく思い出してみると、暑かったので帽子を脱ぎ、そのまま手に持ったまま寝てしまった模様。そしてぽろりと落ちたところで目が覚めて、寝ぼけまなこでそのまま下車してしまったというわけ。

落としたのが都営地下鉄・大江戸線だったので、とりあえず最寄り駅に電話したところ、「終点にあるかもわかりませんねえ」とのこと。んで、終点の光が丘駅に電話。
「ああ、このベージュのね、はい、線が入っていて…」
「うわーそれですそれですまさにそれです」
何と、あったわけです。よくわからないですが”まさに”なんて言葉もひさしぶりに使ってました。何はともあれ良かった良かった。半ば諦めかけていた事もあってほっと一息というところです。これがもしイラクだったら、帽子はおろか身ぐるみ剥がされていたかもしれないわけで、まだ日本も捨てたもんじゃないなと。

そして仕事が終わった後、速攻で取りに行ったわけですが、さすがにちょっと遠い。仕事以外では国立競技場に行くときぐらいしか使わないので、ちょうど大江戸線を堪能するいい機会になりました。めでたく駅長室で我が帽子と感動の再会を果たし、身元引き受け書類にサインして連れ帰ったわけです。

でも実は高校の時も電車に帽子を忘れて、電話して取りに行ったことがあるんですね。懲りてないというか。結局何が言いたいのかというと、帽子は電車でなくしても戻ってきます!なにせ今のところ帰還率100%ですから。

お世話になりました
新宿線情報館


◇性別年齢不詳 20030624

2日連続の更新です。まあ相変わらず大したネタも無く、昨日の更新からふと気づいたらまたここに座っているわけで。時間が流れるのが早いわけで。父さん、GAOって知っていますか?

そう、あの所謂「一発屋」です。僕はそれほどJポップを聴かない人だったので、この人についてはあまり詳しくはないのですが、当時の記憶をたどってかすかに憶えていることといえば、「♪来るよ来るよー、きーっと来るよー」という歌を出したあと、2度と"来る"ことがなかったということです。ある意味、衝撃でした。

あの人は今。

結論から言うと、あのGAOは今、日本発のNO.1女性ギャングスタ・ラッパー【REAL"G"】として音楽活動をしているそうです。リアルGだそうです。ファーストアルバムは、もはや「他の追随を許さないギャングスタラップの最高傑作」だそうです。ギャングスタです、ギャングスタ。スラムのゲットーで日々死と隣り合わせの生活を赤裸々に表現しているのでしょうか。ともかく下のサイトを見て下さい父さん。そうそう、性別不詳・年齢不詳に加えて、経歴も不詳になってます。しっかりしてる。

愕然のサイト
多くのギャングの間で、"ビッグママ"としてリスペクトされている


◇時空のゆがみで起承転結 20030623

ここは約3週間ぶりの更新になるわけです。近頃はどうも単調で平凡な生活がひたすらループしている状態でありまして、要するにネタが無いわけであります。

よく、平凡なのはいいことだと聞きますが、あまりに単調だと時間が過ぎるのが早いのなんの。3日ごとに週末がやってきて、その週末も1日で終わる感じなのです。自分の感覚では6月中旬のはずなのに、ふと気づけば来週あたりからもう7月。早い早い。

鼠は人間の動きが象のように遅く見えるそうです。蝿や蚊にに至っては、人間の動きがスロウモーションになるそうです。逆に、象からみると人間は鼠のようにチョコチョコ動き回っているように見えるようです。

同様に、人間同士でも微妙な差があると思います。背が高かったり、身体が大きかったりする人はどうも損をしているような。時間は早く進むし、同じ6畳の部屋でも狭く感じます。この問題、WHOあたりから補助金とか出ませんかね。


◇ほどほどに 20030601

台風の中バーゲンに行ってきたわけですが、まあとりあえず傘がうっとうしいというか、あれがあると何かと邪魔なわけです。それを見越して折り畳み傘で行ったんですけど、実際に傘が邪魔だと思うときはよく考えると本当に多いです。僕なんて大体いつもビニール傘なんで、屋内ではファッションの足しになるはずもなく、ひたすら邪魔。片手が潰れるので、電車内で吊革につかまって本を読むことが自動的に不可能。なおかつ込み合っていると傘が当たってズボンが濡れたりとか、これは何とかならんのでしょうか。

そこで考えたのが、ビニ傘公共化計画。もうすでにプライベートでやっているかたもいらっしゃるようですが、現時点では見事に窃盗罪なのでやめた方がいいです。

そうではなくて、ビニ傘を駅とかデパートとかにストックしておき、誰でも自由に使えるようにすればいいのではないかと。家から傘さして駅で返却、降りたらまたそこで借りて…という風にすれば、電車内や屋内で傘を持つ必要がなくなるじゃないですか。それがイヤなら正規の傘を買えばいい。あくまでもビニール傘限定でのお話。決まった場所以外に放置したら罰金。いまんとこナイスアイデア。

明日は晴れるそうです。
台風一家という家庭があると思っていました。


◇ハナから否定するのでなく 20030516

ついにニビル星接近(笑)どうなる白装束(夕刊フジ)
はい16日です。(笑)までつけられちゃっていますが、結局来ませんでした。ニビル星。一応かいつまんで説明しておくと、白装束のボスのオバチャンが「15日にニビル星という星が地球に衝突する」と宣っていたのに来なかったようだ、ということです。

まあ彼らについて敢えてここでどうこう言うつもりはなく、NRTとしては暖かく見守っていきたいと思っているのですが、今回の騒動(にもなっていないが…)で思い出したのが、ノストラダムスのお話。当時はテレビでもよく取り上げられていて、オカルト好きな僕は98年のTVタックル年末特番なんか食い入るように見ていました。ベスビオ火山が噴火するとか、宇宙人がやってくるとか大まじめに議論していて、とても楽しかったのを憶えています。

ああいうオカルトというかカルトも含めて、ネタ系の人物というのは定期的に世に出てくるところが興味深いですね。少し前の大野町長とか、その前の「私はホトケだぞ!」と玄関先で叫んでいたオバチャンとか(これ、個人的なMVP)…。まあ実害を被っている人には申し訳ないですが、街中などでおもしろ人間ウォッチングをするのが好きな僕にとってはたまらないです。

で、別に信じているわけでもないのに、僕は何でオカルトが気になるのかと。そこで古い記憶をたどってみると、思い当たる節がありました。小学生の頃、祖父母の家に遊びに行ってじいさんの部屋の本棚を眺めていたら、気になる本が。手に取ってみると、タイトルが

『198X年、富士山大爆発!!』(注:当時はすでに90年代)

遺伝ってやつですか。まあ厳密に言えばオカルトじゃないかもしれませんが、それを発見したときの何ともいえない脱力感は今でも憶えています。じいさん、とりあえず富士山は、まだピンピンしてます。


◇実は有名な話だったりして 20030427

よく電車の中で、いわゆるウォークマンを聴いています。座席に座りながら聴いていると、ついウトウトしてしまうこともしばしばありますが、ふと気づいたことが。

「ウォークマンで音楽を聴きながら欠伸をすると、その瞬間だけ速回しで聞こえる」

これマジです。何度も確かめましたが、やはり少し速めに聞こえます。是非お試しあれ。割と単調なテンポでドラムが続く音楽だとか、そういうのがわかりやすいと思います。

なぜなのか。理論的には、欠伸によって脳の活動が瞬間的にユルくなり、処理速度が遅くなることで相対的に音楽が速く聞こえる、ということではないでしょうか。これは単なる予想にすぎませんが。

また、交通事故に遭う瞬間など、よく緊急事態に周囲の風景がスローモーションになるという話を聞いたことがあります。それはつまり、頭の回転が瞬間的に速くなることで、相対的に周囲がゆっくりに感じられるということだそうです。

ということは交通事故に遭う瞬間に、すかさず目にも止まらぬ早技で欠伸を連発させると、プラスマイナスゼロということになり、遅くも速くもならないだろうということです。

つまらないことばかり考えています。ええ、いつも。


◇貧乏くじだけはよく当たるようで 20030421

修学旅行の季節でしょうか。というのも、街中でよく見かけるからです。制服を着た一団が、班ごとに自由行動をしているのを。班長と思われる生徒がメンバーを引き連れて、時には携帯電話で先生と連絡を取って…。って、最近はそんなモノを持っているんですね。確かに便利だ。

高校の遠足で、班にいたメンバーが「おい、俺らゲーセン行くから夕方になったら駅前で待ち合わせな。んじゃ夜露死苦」と言いのこして消えてしまい、班長(某管理人)をへこませたこともありました。
高校の修学旅行でも、消灯後の宿舎で班のメンバーが「おい、今からこの部屋でゲーム大会やるから夜露死苦」といってPCエンジンを取り出して、大ゲーム大会→連帯責任で班長(某管理人)以下全員廊下で正座させられたこともありました。

それもこれも、携帯電話があったら回避できたんですよね。ああ、後のやつは関係ないか。


◇かとうあいではなく 20030411

渋谷というか、表参道というか、そのあたりの街でそれとなく働いているわけですが、有名人なんていうモノを見かける機会は、そうありません。どちらの街も有名な人がたくさん来そうな印象なんですが、両方の中間にある場所なので一度も見たことがなかったわけです。しかし今日…

いました。見ました。かとうあい。

じゃなくてあとうかい。間違えやすいので気をつけます。阿藤快。ちょっとスタバにコーヒーかいに出たら快が出たと。まあ詰まるところ今回はそういう話です。狭い路地の交差点に、なぜかずっと立っていました。ややシュール。とりあえず背でかいです。いいおじさんぽい印象でした。

さて、ここでまた阿藤快の公式サイトを…

もはやインターネットめぐりのコーナーと化しておりますが、ありました。「@OH!海」でアットーカイと読むんだと思います。ちなみに、ちょっと前に阿藤海→阿藤快に改名しているそうです。はいこれぞカイ名。おそまつ。

そうではなくて、サイトのお話です。現在は改名しているのに、タイトルは「海」のままとか、なかなか面白い点が満載のようです。なんと言っても2カ国語対応。英語バージョンのところをクリックしたら、エキサイト翻訳のページに飛ぶんです。びっくりしました。英語わからなくても2カ国語対応にできるんです。ウチもやろうかと現在検討中。そして英語バージョンのページだと、サイト名が…

「@OH!Sea」に…(涙)。
快さん応援してます。


◇これからかよ! 20030328

給食の店に行きました。給食の店というのは、なつかしの給食が食べられるという、一時期はやったアレです。小・中と給食生活を経験した自分にとっては少し興味深いのです。先割れスプーンでゼリーをすくい、冷凍ミカンを巡って争いをおこし、ソフト麺がこの世で一番うまい食べ物だと思っていたあの頃がよみがえるのです。

ところが、そのときはすでに食事も済んでいて腹も一杯。結局もんじゃと揚げパンを食べただけで終わってしまいました。どっちも給食ではないのですがやむなし。

んで、チェリオ。

15年ぶりくらいに飲んだのですが、やっぱこれ甘すぎ。それでもチェリオグレープはそこそこうまく、調子こいてチェリオメロンを頼んだのですが、これが後悔。かき氷にかかってる緑のやつを飲んでいる感じで、ライトな吐き気が…。正直インカコーラのほうが上。まあ強いて順位をつけるならばこんな感じ。
1位 インカコーラ
2位 チェリオグレープ
      :
  (時空のゆがみ)
      :
測定不能 チェリオメロン

んで、チェリオなんてまだ頑張ってんだなあと思いながら公式サイトをチェックしてびっくり。
なんかフラッシュムービーが綺麗…。そしてキャッチコピーが

これからがチェリオの時代


◇まったくどいつもこいつも大統領も 20030315

帰宅途中、駅のホームで喧嘩シーンに出くわしました。実は昨日も見たので2日連続です。昨日のはオッサンが若いやつの胸ぐらをつかんでいて、今日のはひたすらオッサンが若い奴に怒鳴っていました。

相手の若い奴が、たまたま無気力だったのか紳士的だったのかはよく判りませんでしたが、とりあえず言えることは、オッサンがキレすぎということ。何でお前はそこまで必死なのかというくらいの表情を晒しちゃっていて、カルシウム不足と春の到来をこれでもかというくらい周囲にアピールしていました。まあかく言う僕も、サッカーゲームで負けたときにコントローラーを放り投げてしまうほどフルシーズンで春到来しちゃってるわけですのでしっかりカルシウムを摂ることにしています。

カッと頭に血が上っているとき。そういうときの思考はなかなか興味深いものがあります。今日のオッサン、駅のホームなのに自分の家でも何でもないのに駅のホームなのに逃げる間際の捨て台詞は…

「出 て い け !」

でした。酒もタバコもやりませんがさくらは好きです。ラーメンの次くらいに。


◇ブランド 20030309

健康関係の雑誌ってすごいですね。パラパラと読みましたが、ほとんど毎号ダイエット記事が入っています。面白いのはネーミング。「キューバ式健康体操でやせる」だとか、「この冬、なべダイエットがいい!」だとか、何でもありなタイトルがなかなか興味深いです。

健康ブームの昨今、〜エクササイズとか、〜ダイエットとか、健康に関係ありそうな単語がくっつくだけで効果がありそうに思えてくるから不思議です。「なべダイエット」も、よく考えたら矛盾してるんじゃないのって思いますが、大方そんな突っ込みの入る余地はなく、「ああ、なべってやせるのね!」という思考に直結してしまう罠があります。たとえば…

「火だるま健康法」

「つきゆびダイエット」

「笑顔で鼻血エクササイズ」

「電卓ヨガ」

なんか効果がありそうな気がしてきたあなたは要注意。


◇サークルKより多いと思う 20030302

薬局多すぎ。

いきなり書いてしまいましたが、まあ言いたいことはそんなことです。先日病院に行ったときも、病院に行くまでの道のりで薬局の前を5〜6回通り過ぎましたし、職場の周囲も薬局ラッシュです。必死です。コンビニよりも多いと思んじゃないかと錯覚するぐらい。つうか局地的には明らかにコンビニより多いです。極めつけは近所の駅前なんですが、すでに20メートル先に1軒あり、そこの角を曲がった先にも1軒あるにも関わらず、またできました。ええ、また。んで薬局のとなりのスペースにはこんな張り紙が。

『診療所 募集中』

それ逆だから。先に病院→調剤薬局ならまだ許せますが、先に薬局はどうなんだろう。とりあえず薬局が作りたいだけなんじゃないかという感じですよ。つうかコンビニ内に作ればいいのに。


◇少なくともコーラではない 20030224

ペルー料理を食してきました。友人に紹介してもらったその店は、店主もお客も総じてペルー人。店内はペルーの音楽が軽快に流れ、スペイン語の会話が飛び交っていました。

僕の中にあるペルーのイメージといえば、「国の形が飛行機みたい」・「ナスカ地上絵」・「フジモリ大統領」・「アルベルト城間のヒゲ」くらいなものです。豆やジャガイモなんかをどろっと煮込んだような、いわゆるラテンの料理は大好きなので、たまりません。豆料理・ジャガイモ料理・野菜料理・肉料理を食べましたが、いずれもうまく感動ものです。

で、インカコーラ。

全く知りませんでしたが、各所の情報によるとペルーといえばインカコーラだそうで。フジモリ大統領もグイグイ飲むインカコーラ。アルベルト城間も、部屋の冷蔵庫にはインカコーラがギッシリ。ちょこっと説明しますと、インカコーラとは黄色い炭酸系の液体で、ペルーではコカコーラをしのぐ一般的な飲み物だそうです。飲んでみると、やたら甘い。むかし駄菓子屋で買ったチェリオとか、そんな感じの味。むむむ…。これで料理に合うのか?というような味です。

おかわり2回して、1リットル飲みました。いやあペルー最高。


◇日陰の苦労 20030208

電車を使うことが多いせいか、乗り換えの合間などによくいろいろな人を観察してしまいます。ふと気づいたのは、あまり「ホームでゴルフスイングをしているオッサン」がいないということ。いつの間にやら、ボーソーゾクと同じですっかり絶滅したものだと思っていました。

そうしたら、昨日の帰りに偶然発見したんです。天然記念物間際のオッサンを。カサは持っていなかったものの、素手でシャドウ・スウィンギングしていました。お約束というか、スウィングの途中でぴたっと止まって、腰のひねりを微妙に確認する動きというか、なんか説明しづらいですが、チェックしてました。

あれは僕らからしてみれば、「ああゴルフか」ですんでしまいますが、まったくゴルフを知らない人だとか、またはゴルフじゃなかったらどう見られていたのだろうかと、ふと気になってしまってたわけで。

・駅のホームで、小声で「カバディカバディカバディ…」とつぶやくオッサン。
→こわいです
・駅のホームで、スケートのスタートフォームをチェックしているオッサン。
→自殺と間違えられそうです
・駅のホームで、ボウリングのフォームをチェックしているオッサン。
→いそうでいないです
・駅のホームで、送りバントのフォームをチェックしているオッサン。
→インチキ気孔師みたいです

そう考えると、職務質問も何もされないゴルフってすごいんですね。
よく言われる、「タイガーウッズがすごい」というのはその辺りのこともあるのかも。


◇巨大そして音速 20030124

健康診断に行ってきました。
ここ数年そんなものには行っていなかったので、久しぶりの病院です。とても小さな病院でした。
健康診断といえば、血を抜く、なんか白いのを飲む、胃カメラ、本棚のコボちゃん、やけに小さいスリッパ…、そんなイメージがあります。ほとんどが未体験なので、もうドキドキワクワクです。

病院。

いきなり、190cmの女医さん登場。目が点に。
背が高いとよく言われる自分ですが、さらにはるか頭上。実際、上のほうは霞んでよく見えませんでした。女医さんって、デカかったんですね。ビビりました。たぶん、世間をナメてかかるとおまえ痛い目に逢うぞというメッセージだと思います。すみません精進します。
女医さんがデカいのはよくわかったんですが、あいにく今日の目的は健康診断。マイ健康診断は、まだ始まってもいないのです。緊張することもすっかり忘れて診察室へ。先は長いぞ、がんばれ自分。

さあ、ようやくやって参りました。スタートです!
まずは検尿・血圧。この辺りはサラリと無難に終了。んで身長・体重計測に続き、脈拍と問診。
医:「最近病気をしたことは?」
僕:「無いです」
医:「はい、おつかれさん」

8分で終了。


◇それは雨のせいだ 20030120

夢を見ました。
ロンゲの石原慎太郎とビリヤードの勝負をする夢です。

勝負の行方は忘れてしまいましたが、髪をかき上げつつこっちをにらむ慎太郎の視線がとりあえず凄かったので、起きてから久々にビリヤードをやりに行きました。

行きつけのビリヤード店です。

マイ・キューを忘れたということもあってか、散々でした。
夢のことなどすっかり忘れて、ラガーシャツを買いました。


◇いとをかし ダフ屋に群がる 人のムレ 20030113

ふと思い立って、国立競技場にサッカーを見に行きました。全国高校サッカー選手権の決勝です。
カードは、市立船橋高校vs国見高校。国見が勝てば戦後初めての3連覇達成です。

僕は結構紅茶が好きです。コーヒーはたまにしか飲みません。もっぱら、紅茶党。ミルクを入れて飲むのも好きですし、ストレートで飲むのも好きです。でも、砂糖は入れないことが多いです。
なんで紅茶党になったか、というよりも、なんでコーヒーを飲まなくなったか。中学時代にちょっとしたトラウマがありまして…

(当日券が売り切れていて入れなかったので、紅茶の話をしてみました。続きは次回)


◇ごあいさつ 20030102

あけましておめでとうございます。
ひつじ年ですけどもよろしくお願いいたします。

いつも見てくれているひと、どうもまた来てください。
初めて来たかた、ちょっと気になったらブックマークしてください。
たまに見てるぜーなひと、雑煮のモチは4つ食べました。
箱根駅伝のたすきはちょっと太いと思います。
すこしほそいほうが似合うと思います。


◇たぶんクリスマスどころじゃない 20021225

国道246沿い。渋谷の交差点で、不意に声をかけられました。顔を上げるとでかいガイジンが2人。たぶんドイツ人。たぶん親子。たぶん英語で話しかけてきました。

ハラユク(たぶん原宿)に行きたいらしい。たぶんオモテサンドーから来たそうなので、たぶんまったくちがう方向。

そこでカッコよく英語で、「ちょっと道がちがっていますよ。いま来た道を表参道まで引き返して、交差点を左に曲がれば原宿に着くはずです」と、んなこと咄嗟に言えるわけねー。なにしろいきなりなので頭の中が真っ白。アワワワワワワワ状態ですよ。ちょうどドラえもんで、ピンチの時になるとうまく道具が出せなくなるのと同じ。たぶん同じ。

んで、地図を指しながら身振り手振りででお話ししたようなんですが、たぶんわかってくれたみたいです。たぶん息子さんぽい人に、たぶん「サンキュウ」って言われて、ちょこれいとをもらいました。ヤター。とてもおいしかったです。

ノバ行こっかな…


◇やつらの神経回路はどうなっている 20021215

ここ数日、寒い日が続いております。よく、寒いのと暑いのとどっちが好きかという選択がありますが、今は暑いほうが好きです。半年前は寒いほうが好きでした。まあ寒がりさん暑がりさんです。秋生まれなんで仕方ないですね。
んで、家を出るときは、まず新聞の天気予報欄で最高気温をチェックして、きょうは何枚着るか考えて、結局3〜4枚着込んで、マフラーぐるぐる巻きにして、帽子かぶって、てぶくろして、あつい紅茶をくわっと飲んで、リップクリーム塗って、覚悟決めて、ようやく家を出るカタチになります。外を歩いているときは、もちろん眉間にしわ寄せて無言で足早に歩きます。寒いから。そんな僕です。

おととい、終電間近の極寒渋谷駅で見かけたすごい外人。短パン+タンクトップ。マジで。おいら思わず二度見。


◇見つめ合う2人・かたや笑顔 20021203

身内ネタで非常に恐縮なんですが、かなりびびりました。本屋で週刊誌を読んでいたんです。で、ページをめくったら自分の祖母が出てました。めくったら祖母。しかもめちゃめちゃ笑顔で。ある意味、シュールすぎるシチュエーションです。

雑誌といっても、別に有名人でもなんでもないんですよね。それだけに意味不明すぎます。繰り返しになりますが『めくったら祖母』ですよ。孫とのそんな対面あるかよって言いたくもなりますよ。ありえないです。年金暮らしの一般市民なんですが、特集の中でプライベートを赤裸々に語ってました。というわけで、今日から「週刊誌でプライベートを赤裸々に語る老婆の孫」になりました。みなさんよろしくお願いします。キオスクや本屋で山積みになっています…ああ鬱だ。


◇ストーリーが気になる 20021116

ハリウッドで日本ブームが起きているようです。最近では『リング』のリメイクが有名ですが、そのほかにも『ドラゴンボール』の実写版製作の決定だとか、日本のものを題材に映画を作る動きが活発になっているようです。

こんなニュースもあります。

ゲーム「パックマン」、映画化決定
(FLix Movie Site)

かつて一世を風靡したゲームの映画化です。ちなみにパックマンを知らない平成ジェネレーションのために解説すると、こういうゲームです(写真)。主人公パックマン(黄色い生物)が、クラゲみたいなモンスターから逃げつつ、通路にある全てのエサをパクパクと食べれば終了という、いたって単純なゲームです。

注目すべきことは、なんと言っても「実写」であるということでしょう。これが実写ですよ、実写。主演はいったい誰がするのでしょうか。個人的にはモーガン・フリーマンを推したいところです。何となくピンときました、モーガン・フリーマン。あの渋い演技で是非パックマンの世界を再現してもらいたいです。まさにはまり役、彼以外には考えられません。ではモンスター役は誰がやるのか。これはモーガン・フリーマンがいいかもしれません。普段は強気なモンスターも、主人公が果物アイテムをとると青くなって弱気になってしまいます。このあたりの繊細な演技をバッチリこなせるのはモーガン・フリーマンしかいません。モーガン・フリーマンでいいと思います。

実のところ、主演は高級デパートで「リアルパックマン」をやってしまったウィノナ・ライダーでいってほしかったのです。しかし、それだと「パックウーマン」になってしまうので却下ということらしいです。ということで、やはりモーガン・フリーマンがいいと思います。パックマン役のモーガン・フリーマン。…なんか韻を踏んでいていいと思います。モーガン・フリーマンでお願いします。


◇リハビリテーション 20021106

やっと復活いたしました。ふと気づけば11月になっていました。約2週間の入院です。
ハードディスクを丸ごと交換しました。以前からぺこぺこと変な音がしていて、どうもやばいと思っていたらマジでやばかったみたいです。ああ別に例のウイルス云々とは関係ないと思います。その前からぺこぺこしてました。こう書くと謙虚で腰が低くていいヤツみたいな表現ですが、全然そんなことはないです。3分前までは正常だったのが、突然ネットにつながらなくなってしまってそのまま再起不能、病院行きですよ。もう参りました。保証期間中だったのでタダだったのが救いでしたが、まあ期間中に壊れるのもどうなのかと…。

ハードディスクを入れ替えたので、もちろん買ったときの状態になっているわけで、入院前の状態に戻すのがやたらと面倒くさいのなんの。んで、痛いことにそのバックアップが中途半端。アドレス帳がうまくコピーできていなかったらしく、数十件のメアドが壊滅してました…。メールアドレス教えてくれたみなさん、できたらまたアドレス教えてくださいおねがいします…。

ちなみに「ぺこぺこ」というのはこんな音
リンク先のBad head1.wav(一番左)を再生


◇マナーにこだわる男・後編 20021019

続きです。前編はバックナンバーで読んでくださいな。なんだかんだ言って、今も後遺症で苦しんでいるわけです。しかし大丈夫なのかこの駆除ソフトは。なんかこいつ自身が真っ先に感染して、「このファイルはもうダメです、削除してください」みたいなこと言ってるんですけど。もう野口英世も真っ青ですよ。おいーっ!おまえ、もうすこしがんばれよ!と叫んでしまった。よく映画なんかであるじゃないですか。敵の親玉相手に、「実はオレに秘策がある。ここはオレに任せてくれ」とかいってあっけなく玉砕。「すまねぇ、あとは頼んだぜ…フフフ」とかいって死んじゃうやつ。まさにあんな感じですよこいつ。やはりプレインストールのでは限界ぽいですね。

それで被害の状況ですが、システムファイルがいくつか死亡していて、復旧待ちです。それでもだいぶ復旧しました。やはりバックアップはこまめに取るべしですね。ウイルスソフト君も復活しやがりました。さっそく、何食わぬ顔で「Cドライブをスキャンしましょうか?」とか調子こいてるし。うるさいおまえはだまってろ。んで、こっちはもうプリントアウトどころではないわけですが、友人はどうもファイルを入れたディスクを間違えていたらしく、「ああこっちじゃなかったみたい」とかいって帰ってしまいました。おいおい何だったんだよ…。しかしそこで気付いたんですよ。あぁ、そうか。そういや今日はオイラの誕生日だったわ!なぁーんだ、プレゼントじゃん。

そんなプレゼントいらねー。

でも欧米では、もらったプレゼントはその場でバリバリ開けるのがマナーなわけで。とうさん、僕はそのノリで開けてしまったわけで。開けたら中から虫がウヨウヨ出てきたわけで。ううむ、今年こそは平凡な誕生日が迎えられると思ったんですが…。

追伸:やはりシステムファイルの復旧ができないです…。もうMeは諦めてXPにしようかなぁ。


◇マナーにこだわる男・前編 20021017

いやはや油断大敵。参りました。というか正直まだ参ってる。久しぶりにマイパソコンが細菌にやられてしもうたのです。まあ不幸中の幸い、ワーッと広がるタイプではないようなので、被害は自分だけなのがまだ救い。バッドトランスの時は皆様ご迷惑をおかけいたしました。

んで今回なんですが、フロッピーディスクですよ。よりによって一番危険なルートですよ。でもオイラのパソコンはFDDがありません。これっておかしいですよね。
プリンタを持っていない友人が、ちょっとプリントアウトさせて欲しいということでドライブごと持ってきたんですよ。まあ彼がプリントアウトのために家に来るのはいつものことなので、いつものようにUSBでつないで開けたら終了しました。ドライブ開けた瞬間に、ちゃんとウイルスソフトで検出して駆除したんですが、中に飛び火していたみたい。あはは、わざわざ外付けドライブで感染してるよ馬鹿だこの人(涙

長くなったから続きます。ああーもうブルー。雨降ってきたし。


◇ピーコジャパン 20021009

ジーコジャパンが発表されました。とにかく謎が満載です。選手選考の中身なんかはどうでもいいんです。
まず、ジーコと言えば「ジーコさんのおかげで病気が治りました(涙)おばさん」。彼女は今いったい何をしているのでしょうか。ジーコさんが代表に行ってしまったら、病気が再発してしまうのではないでしょうか。心配です。
そしてジーコJAPANと言えば、やっぱり誰もが思い浮かべるのがみつまJAPAN。みつまJAPANが日本代表を率いたらどうなってしまうのか?やっぱり、みつまJAPANJAPANになってしまうのでしょうか?眠れません。
その答えを求めて、とりあえずジーコジャパンとみつまJAPANを脳内親善試合させてみました。

ジーコジャパン 5−1 みつまJAPAN
【得点】
 高原5分
 高原22分
           みつまJAPAN34分(漫談)
 中村51分
 高原55分(PK)
 小野87分(黒人化)


◇次回は5年後 20021007

自動車免許の更新に行ってきました。講習受けていて詳しく知ったんですが、免許の番号で試験の成績がわかるらしいです。というのはウソらしいです。なんでも試験場のオッチャンから聞いた話によると…
例)3095******10号
30というのは都道府県番号で、30は東京。95は発行年度。3というのはそれまでの左側の数字を計算式に当てはめて、割り切れたら0、余ったらその数字になるそうです。これで偽造がほぼ不可能とか。末尾の数字は発行回数。普通は0ですが、再発行したりすると数字が増えるそうです。
ということで無駄な知識でした。もう何でも聞いて下さい。だってオイラは今日からゴールド免許なの…


◇ただの日記になりつつある 20021001

やっと買いましたアンダーワールドのアルバム。ダレン・エマーソンが脱退してどうなることかと思ったら、以外にも丁寧に作ってきた印象。安心感すら与えてくれるほど無難な作り。『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』や、『二番目のタフガキ』あたりの陰気くさい雰囲気が戻ってきました。飽きるのも早いかもしれないですが、まあ最初はこんなもんかぐらいの気持ちで聴いております。ライブにやっぱり行きたくなってしまいました。でも幕張で終了23時はキツイので行きたくないです。今年のエレクトラグライドに来てくれたら最高なんですが。