イラスト・壁紙・テキストのサイト。ややシュール。
Home About
Wallpaper Text
Guestbook Links

* page2 < 1 > page- *

* Log 2 (20020324-20020929)

◇御無沙汰してます 20020929

久々更新です。ボリュームを押さえながら更新回数を増やす案が全会一致で可決されましたので、これからそうしようと思います。
というわけで最近はチャーハンをよく作っているわけですが、ひとつだけわかりません。醤油は直にかけるのか、鍋肌にかけるのか。非常に気になるところですし、どうでもいいことでもあります。しかし非常に気になるので鍋肌にかけてみたところ、鍋がこげた。ありがとう日中国交正常化30周年。


◇残暑お見舞い申し上げます 20020831

暑いのでこの場を借りて残暑お見舞いを申し上げます。
ところで今年は蚊が少ないですね。例年ならば、シーズンあたり50カ所くらいさされる体質なんですが、今年は未だに10カ所にも達していないです。
このことは世間のみなさんも僕に同感のようで、
今年は蚊が少ない 2002夏
で検索してみると9件ヒットしたのに対して、
今年は蚊が多い 2002夏
では6件のヒット。9対6で、今年は蚊が少ないの勝ちです。野球でいうと一番面白いスコアでの勝利。サッカーやテニスやゴルフでは有り得ないスコアです。
9対6の戦いというと、誰でもキン肉バスターが頭に浮かぶと思います。実際僕もそうでした。バッファローマンがキン肉バスターを返すときに「6を返せば9になる!(だったっけ?)」とかいって頑張ってました。どうでもいいけど。
何はともあれ無事に勝利することができてホッとしました。といいつつも、こんな時に蚊にさされやすいんですよ。油断大敵。くつろいでいるときに、蚊にさされているのを確認→その瞬間に張りつめるあの緊張感…。やるかやられるか、食うか食われるか。もうたまりません、最高! ちがった、もう勘弁してくださいよ。バッファローマンの折れた角返して!!


◇検索あれこれ 20020823

検索。誰でも使ったことがあると思います。どんな単語で検索しても、大抵ヒットしてしまうのがインターネットの素晴らしいところです。
先日、Googleを使用した裏技で他人の検索単語を垣間見る機会がありました。その中から面白かった例を紹介しようと思います。(ボタンはダミー)

1 
疑問に思う気持ちは察します。使い方が合っているのかどうかは別として。まあ最初は誰でも気になります。
2 
悪いほうを探しているようです。悪いっていうのはどんなやつなんでしょうか。駅の券売機で並んでいる時、自分の番がきてから値段の確認をしだす宇宙人。これは悪い宇宙人だと思います。
3 
ちょっとまて。最後のは何だ。
海ほたるを経由して東京に行き、浅草寺や東京タワーを見学して海老を食う。やっぱり最後だけ意味不明。
4 
数ある集落のなかでもやばい、それもかなりやばい集落に行きたいそうです。マウンテンバイクで。果たしてどうやばいのか。例えば住民全員の呼吸がダースベイダーな集落。結構やばいです。
5 
検索と相談の区別がついていないようです。話しかけてどうする。「したいし」のあとにどう続くのか気になります。こういうのを「行間を読む」っていうんですね先生。違うか。
6 
とりあえず田中のことが知りたかった模様。鈴木でも佐藤でもなく田中。個人的にここがポイント。鈴木や佐藤と違って、大体クラスに1人いるかいないかのせめぎ合い。これ。たまりません。

◇よくある話 20020818

いわゆる、「有名人の知り合い」というものには全く縁のなかった人生でしたが、このたび、ひとつの事実が発覚したようです。
─どうやらテレビタレント(女性!)が親戚にいるらしい─
こんな情報が入ってきました。なんでも、スーパーひとし君でおなじみのフシギ発見に出ているそうです。その名前は…

草野 仁
ハイ没シュート!!ちがった。ええと、なんつったっけ。すいません名前忘れました。小耳に挟んだまま忘れました。
一応今日の放送に出るからと親に言われたので、どれどれ久しぶりにスーパーひとし君でも見てやるかなと。そういうわけで午後9時、東京スタジアムでしっかりサッカー観てました。
僕が「そこだ!シュート!」とか叫んでいる時に、テレビではひとしが「バンドウさん、没シュート!!」と言っていたかどうかは知りません。興味ないんだろうなあ自分…

詳しく聞いたところ、オイラのイトコの更にイトコらしいです。はい、他人。それフツー他人だよ母ちゃん。よくある話。
「俺、MCハマーの友達のお姉ちゃんのイトコの友達の親友と知り合いなんだぜ!」って自慢する小学生と大して変わらない話じゃん。すみませんそれ僕です。


◇燃えよ俺の小宇宙! 20020813

12日夜から13日未明にかけて、ペルセウス座流星群が観られます。ペガサス流星拳じゃないので、パンチしても何も出ないです。
…って曇ってるじゃんかオイ。

楽しみにしていたのがどうやら観られそうもないので、仕方なく興味は他の流星群に。で、調べてみたらありました。ペガサス流星拳。じゃなくて、ペガサス座流星群。このサイトによると、8月5日前後に最もよく見えるそうです。
…って終わってるじゃんかオイ。

しかしペルセウス座よりもこっちの方がネタになるでしょ。なぜ誰も注目しないんでしょうかね。
ちなみにペガサス流星拳とは、星闘士星矢というマンガネタ。主人公が使う必殺拳です。体内に宿す小宇宙(コスモと読む)を極限まで高めて、拳から流星のように衝撃波を発射するという、すごい技です。食らった相手は鎧を粉々に砕かれてボコボコになり、必ず「バ、バカな…」というセリフを吐いて死に至るという殺人拳です。

正直、小宇宙の「小」がコスモの「コ」だと思ってました。
なぜ宇宙で「スモ」なんだろうと思ってました。でも先生にも誰にも聞けませんでした。
そんな小学生でした。


◇銃器ネット・重機ネット・重器ネット 20020806

住基ネット始まったようです。ウチは矢祭村でも杉並でも国分寺でもないので、もうすぐオイラの所にもしっかりとナンバーが送られてくる予定になっております。横浜みたいに希望者対象にすればいいのに、アアめんどくさい。
大体インターネットとジャパネット高田の区別もつかない老人達に、ハイ活用しろっていうのも無理な話。有効利用する人口はどれほどのモンなのかと、M78星雲のちょっと向こうの星も見えないくらい果てしなく疑問なのです。
そこで我が「NRT」が全国の老若男女、特に老人に優しくレクチャー。住基ネットをわかりやすく解説しようと思います。

いいですかおばあちゃん、これが問題の住基ネットです!


◇或る映画の考察 20020804

「となりのトトロ」がテレビでやっていました。あのテの作品の中では「魔女の宅急便」が好きだったこともあり、トトロはいまいち印象が薄く、ほとんど観ていませんでした。
改めてトトロを観ましたが、サイケでした。
子供2人がトトロ(正体不明)につかまって空を舞う。足がたくさん生えていて両眼が光る猫に乗ってフィールドを疾走。よく考えるとすごくアシッドです。「トレインスポッティング」と大して変わらないような気がしました。「千と千尋」もそんな感じだったし、色々な意味でこれからも注目です。


◇そういや1回も見たことない 20020729

今回はサカネタです。とはいえ、サッカーとはあまり関係ない話です。
東京と札幌の試合を国立競技場で観戦してきました。札幌には小倉隆史という選手がいます。野球もサッカーもそうですが、よく選手の名前をみんなで呼んでその選手を応援します。コールってやつです。当然その小倉選手へも、札幌サポーターは太鼓に合わせてみんなでコールをするわけです。「ドドドン、おぐら!」って。しかし隣りに座っていたオバハン、その小倉コールを聞くなり真顔でいわく…

「え何?何て言ってるのアレ?何?何?もぐら??」

…もぐら。地面に穴ほって何かやってるあのもぐら。意味もなく安全第一のヘルメットかぶってサングラスして、「工事中」なんてイラストでよく描かれるあのもぐらですよ。
お前な…いくらなんでも「もぐら」はないだろと。一体どういうシチュエーションになったら、サッカーやってる国立競技場のスタンドで札幌のユニフォーム着込んだ2〜300人の男達が一糸乱れず大声で「もぐら」コールすんのかと。だいたい「もぐら」なんて単語、年間発声頻度2回も無いですよ。個人的なことで申し訳ないですが、「もぐら」発声回数、昨年は多分ゼロ。まあレア単語というのは、使われ方によってはある意味シュールなわけで、面白かったのは事実なんですが。
そういうわけで、国立競技場まで行って何とも言えぬ切なさを感じてしまった7月の夜なのでした。


◇行き当たりばったり 20020728

蝉五月蠅い。ひらがなで書くと、せみがうるさい。
別に昨日・今日に始まったことじゃないんですが、蚊に刺されれば腫れるのと同じで、セミに鳴かれるとやはりうるさい。全然例えになってないですね、暑いんで許してください。
軽い疑問です。セミは自分の鳴き声でうるさくないんでしょうか。耳が無いのかと思いましたが、それっぽいのはあるようです。ということは、自分の声だけうるさくないということなんでしょう。人間にも全く同様の現象があります。

「自分のオナラは臭くない」(定説)

暑さでボーっとしているせいか、両者の間に重要な因果関係が立ちはだかっているように思えてなりません。セミの耳と人間の鼻との関係は? セミが飛ぶときに引っかける小便とは? ぬけがらをカバンとかにくっつけている少年はまだいるのか? 謎の解明は次回に続く。
続きません。ていうか自分のオナラも臭いって。


◇盛り上がってこそサマー 20020722

ついに梅雨明け!夏!海!そんな季節です。海キライです。すみませんいきなり否定してしまいましたがやっぱ海キライ。
何故キライなんだろうといつも考えます。まあ「泳げない」、「人混みがスゴイ」、「シャワーや着替えがめんどい」、「TUBE」、「虎舞竜」など、よくあるベタな理由ですね。
最近は小学生の海離れも進んでいるらしくこんなニュースもありました。脱帽なのは、下の方にあるキライな理由。
「海水がしょっぱい」
これスゴイ。その辺にあるショボイ海水浴場なんかよりも深いです。この子は将来すばらしい禅師になりそうです。盛り上がってるからから山キライというのに似ています。ボクは盛り上がってるところが好きです。やっぱり山いい。祝日「山の日」作ってください。海だけずるいじゃないですか。


◇無言の抵抗 20020719

英国にある、エバートンというサッカーチームに、中国企業がスポンサーをすることになったようです。これによってユニフォームの胸部分に漢字がプリントされるとか。最近は漢字タトゥーなんかも流行っているようですので、向こうの人には洒落たイメージになるのでしょうか。

先週だったでしょうか、JR新宿駅のキップ売り場で、僕は黒人の中年オヤジに釘付けにされました。間違えた、目が釘付けになりました。
ちょっとみすぼらしい感じの格好で、哀愁オーラが漂いまくってましたが、着ていたTシャツのプリントが「アンチ巨人」。でっかく日本語で。
オッサンはちょうど小柄な人でした。そのTシャツを着たまま、リアル巨人の国・オランダあたりで健気にたたずむ風景を想像するとややシュールですが、そうでもないかもしれません。実際野球が好きなんでしょう・・・僕はサッカーとバスケットが好きです。キリンさんも好きです。ゾウさんも好きです。


◇ネクタイの結び方教えて 20020717

「うそぴょーん」のぴょーんとは何?気になって夜も眠れず朝も起きれません。インターネットで検索しましたが、答えが出ません。でないどころか、うそぴゅーんとか、うそびょーんみたいな派生語まで見つかる始末です。
しかも、使われる状況の半数以上が「うそ」+「ぴょーん」。この二人はどんな関係ですか。教えて下さい。


◇あいさつ代わりに床上浸水 20020710

台風6号が来ております。この時期に台風が連続して来るのは久しぶりな気がします。この台風、実は名前があるということを知っていたでしょうか。「台風の名前」で検索するとこんなサイトがありました。どうやら太平洋に面しているいくつかの国の言葉で、持ち回り的に名付けられているようです。
今回の台風6号は英語(アメリカ)の名前で「ツァターン」さん。雨という意味だそうです。そしてどう考えても台風じゃないだろっていう名前もたくさんあります。気になったものをいくつか。
 「プリン」(babinca)
全然怖くないです。近所にプリンチャンという犬がいます。黒いです。
 「伝説の少女の名前」(kong-rey)
伝説の少女が大暴れっていうのがやるせない感じでいいです。伝説の内容は全然興味ないです。一応知っている人がいたらメールください。
 「最近見つかった動物の名前」(saola)
最近見つかっちゃったらしいです。見つかるやいなや台風の名前に採用ですか。おめでたいような悲惨なような。
 「伝説上の酋長」(soudelor)
なんか…すごそうなのはよく伝わってきます。酋長すか。
 「川」(namtheun)
川です、カワ。台風「川」。このかなりシュールな名前はラオス語。すごいセンスですラオス人。
 「こんにちわ」(rananim)
まさに意味不明。アナタの国に「こんにちは」、列島縦断「こんにちは」、床上浸水「こんにちは」ですか。そのうち【台風「おひさしぶり」が日本に接近】とか、【台風「どうも奥さんお忙しいところすみませんおじゃまします」が上陸】なんていうニュースが出かねませんね。ちょっと希望…


◇食とは 20020703

先日、「日本一辛い麻婆豆腐」なるものを食べました。店に入る前に、「もうね、辛いなんていう次元じゃないよ」と念を押されていたのですが、以前食べたことがあるタイ料理のグリーンカレーなんかにくらべたら、そう大したことはないだろうと思っていました。辛いものはまったくもって苦手のくせに、その小さな店構えと適度な空腹感のおかげで、知らず知らずタカをくくっていたのかもしれません。
ひとくち食べて、もんどり打ちました。一般的に、日常生活においてもんどり打つなんてことは人生そう何度もありません。とりあえず僕は「麻婆豆腐で」もんどり打ちました。
味の解説はというと、クチに入れた瞬間、激しい爆発にともない鼻からアゴにかけて瞬時に神経麻痺する感じです。これだけ読むと新型生物兵器の解説でもしているようですが、たぶん大差ないです。そして決して水をくれない中国人のオバチャンも何気にボディーブローかましてくれました。ほかの料理はかなりうまかったのですが、その爆風のおかげで昔の大切な思い出が何パーセントかフッ飛んだ気がします。有名なお店らしいのですが紹介サイトなどはまだないようですね(ここくらい)。普通なら是非リベンジを!となるのでしょうが、あれの場合なにがどうなったらリベンジ達成なのかもよくわかりません。しかし料理や紹興酒は間違いなくうまかったし、麻婆豆腐も体には良さそう(悪玉菌が死滅しそう)な気がするので、好奇心に溢れる猛者よ、戦地に赴く機会があったらぜひお試しあれ。明治通りのそばです。


◇不便利 20020622

京王線をよく利用しています。昔から利用しています。新宿−八王子間を結ぶこの私鉄は、滅多に運行が乱れないことと、電車の種類が多いことで知られています。
京王歴が長い僕はさすがに慣れていますが、はじめて利用した人はまず戸惑います。特急・急行・快速・通勤快速・各駅停車。これらはすべて停車駅が異なるため、乗り換えなどが大変らしく、どれにのったらいいのか解らないのだそうです。加えて最近これに準特急が追加され、さらに複雑に…。新宿などで電光掲示板をみると、英語表示など奇々怪々な文字列が並んでいます。急行=EXPRESS、特急=SPECIAL EXPRESS、準特急=SEMI SPECIAL EXPRESS。もはや何が一番速いのかよくわかりません。京王がこのままのスタンスで種類を増やしていくと、一体どうなってしまうのでしょうか。例えば、こんな京王線はイヤです…
「準・通勤快速」
「新・急行」
「準・特別快速急行」
「脱・各駅停車」


◇何故あんな大会で騒いでんの?と聞かれ 20020617

ワールドカップ「スペイン対アイルランド戦」を観て、純粋に感動。試合内容をかいつまんで言えば「強豪スペインに対して、実力的にやや劣るアイルランドがよく粘ったあげく、PK戦で惜敗」てな感じです。

サッカーは単純にボールを蹴っているだけ。必死に蹴っているだけ。当たり前です。それだけで何とかなるから、だから極東の国から南米のはじっこまで、世界中の人に愛されているんです。そしてその自由さゆえ、ちょっとした考え方やクセのようなものが集団の特徴として現れやすく、言葉に方言があるように、サッカーにも国民性が現れます。奥深さはそこにあります。

アイルランド人は何百年も英国に差別され、戦い続け、厳しい生活の活路を国外に見出す人が大勢いました。これは現在にいたるまで続いています。ジョン・F・ケネディはその最も有名な一人かもしれません。彼らの多くは、生活苦にも屈せず、愚直で、誇り高く生きてきました。アイルランド人が持つ決して諦めない精神、それは不屈のアイリッシュ魂・ゲール魂と言われています。
今回のワールドカップ、アイルランド。彼らはここまで驚異的な粘りで勝ち残ってきました。先制されても決して諦めない。そして最後に追いつく。限りなく愚直で、団結心があり、勇敢。まさに彼らの国民性・民族性を表していました。しかしそれは今回の相手、スペインとて同じこと。かの国のサッカーは、かの国の持つ複雑かつ繊細な歴史と深くシンクロします。もちろん日本もまたしかり。時に数百万人、時に数億人の期待をそれぞれ背負っている選手達。そこには日常があり、歴史があり、文化があり、民族の縮図があります。サッカーの魅力はそこにあります。折しも現代はグローバル・ボーダレス時代。民族も国家も、もちろんサッカーも、その境界線の崩壊は顕著です。しかし、だからこそ、それらは燦然と輝きを増しているような気がします。

事実は小説よりも奇なり。人によって価値観は違いますが、少なくともこの有名なことわざは、個人的に100%の説得力があります。現実の「ドラマ」の前には、最高の小説家も、最高の映画監督も、最高の漫画家も、最高の脚本家も、凡人とならざるを得ません。それゆえ僕は小説を読みません。映画もそれほど観ません。漫画も読みません。テレビドラマも観ません。もっと感動的な「ドラマ」を目の当たりにしてしまっているから。
点が入らないからつまらない。ボールを回しているだけ。そんなことを言う人にとっては、毎試合100点近く入るバスケットは最強のスポーツになりえるでしょう。そう、スポーツは得点が主役では決してありません。そしてテレビに映っている映像だけがスポーツでもありません。名誉は数字では表せません。誇りは画面には映りません。

「そもそも何故あんな大会で毎日大騒ぎしているのか?」
限りなく純粋で、限りなく奥深い「ドラマ」の生まれる機会、それが目の前にあるからです。

<追記>ベッカムベッカムベッカムベッカム…。彼も一流の選手です。それでもいいんですが、楽しみ方は色々あるんだよということを、この試合をきっかけに知ってもらえると嬉しいです。自国開催はもとより、日韓共催なんていう機会は、もはや今世紀中は再び無いでしょう。今からでも、どんな形でも、参加してみるといいと思います。長文失礼しました。というわけで、韓国レポートはもう少し待ってくださいな。


◇「赤髪で赤紙」希望します 20020610

ワールドカップ始まりました。正直、日記どころではありません。しかし日本代表の髪色には驚きました。相手のヨーロッパチームより金髪が多いんですから。ガイジンから見れば「欧米人にコンプレックスがあるのね哀れよのう…」となるらしいですが、まあ実際はそんなことはないわけで、ファッションの延長でああなったわけで、なにが言いたいかといいますと、カラフルな髪色を世界にアピールすることで、日本はアニメ大国なんだぞ!ということをアピールするのもいいんじゃないの?ってことです。アニメ全然見ないですが。
髪といえばベッカム。ベッカムといえば髪。いまや日本の有名美容院では、1日に3人は「ベッカムと同じ髪型にしてください!」と注文する小僧が来るそうです。
しかしこのニュースにもあるとおり、そういった注文って往々にしてうまくいかないものだと思います。ていうかオマエ、ゴリじゃん。これに気付いていない人が多いのもワールドカップの魔力なのです。
明日から韓国行ってきます。報告は週末に!


◇公害いたれりつくせり 20020528

中国映画を観ました。「山の郵便配達」という、父と息子の物語です。非常にシンプルでストレートな話で、中国映画もなかなかいいではないかと感動しました。
しかし今回の主役は隣りの席にいたオバチャン。でっぷりと太っていて、オバチャン嫌いの僕は隣りに座ってきたとき既にイヤな予感が全開でした。案の定、誰々さんのところのおじいさんが亡くなっちゃったのよ〜と、座るやいなや相方とオバチャントーク全開。予告編が始まってもまだトーク全開。そして本編が始まるやいなや、コンビニのビニール袋らしきものをガシャガシャ引っぱり出して、お菓子を全力で頬張り始めたんです。その音もさることながら臭いもものすごく、不快指数はリミットに。さらに、お菓子を食べ終わるやいなや、壮絶なイビキと寝息攻撃が開始され、そのまま突っ走って終了してました…。あのさ、おまえは一体何をしに来たのかと。ご近所トークして菓子食って爆睡するために前から3列目に座ってんのかと。こちとら30分前に来て整理券もらってるほど気合い入れてんですよ。すいてたから整理券意味なかったけど。そしてもう、怒りを通り越して爆笑しそうになったのが映画の終わった直後。みんな涙で目頭を押さえてるのに、深い眠りからお目覚めになったババァは、寝起きの顔で目をこすり、相方に向かって曰く…
「やっぱネェ、中国はさ、山がすごいネ。やまが」


◇今度やってみようかな… 20020525

駅などで、拾得定期券と書かれた黒板をよく見かけます。落ちていた定期の名前を掲示して、所有者をさがすアレです。本日、最寄り駅のそれをさりげなく眺めてみました。ありきたりの名前が4〜5人続いたあと、表の最後に書かれていた名前が
「ギャワ」
外人でしょうか。それ以前に名前でしょうか。帰宅後に早速国語辞典で調べてみました。【ギャロップ】→【ギャング】で【ギャワ】はナシ。英和辞典・独和辞典にも記載されておらず、まさかと思い西和辞典も引きましたが載っていません。しかたなくGoogleで検索したところ、なんと219件ヒット。
重要参考人(大阪人と判明)


◇いったい日本語では何というのだ 20020522

パソコンのデスクトップ画面て思ったより色々変えられるらしいんです。ええそうです。カスタマイズってやつです。昨今の巷では、ネコもシャクシもカスタマイズカスタマイズって、正直うっとうしいです。部屋のインテリアをカスタマイズ。クールな服装で見た目をカスタマイズ。お気に入りの色でカスタマイズ。髪型でカスタマイズ。左のマユゲをカスタマイズ。歯並びをカスタマイズ。盲腸をカスタマイズ。もううんざり。パソコンなんてその最たるものじゃあないですか。
そのパソコンのカスタマイズを一応やってみました。OSのシステム変更で出来るものだけかと思ったら、専用ソフトを使用すればさらに高度なカスタマイズが出来るようです。早速DLしました。ちょっといじってみました。カスタマイズ最高。楽しいです。
 いじった後のデスクトップ(ボタンやアイコン)
 なんとウインドウが傾く(宇宙っぽい)
しかしソフトを色々入れすぎて、パソコン不安定に。結局戻しました。あっけない結末。カスタマイズねぇ…


◇蚊 20020511

蚊にさされました。しかも3カ所。自分の部屋で。突然の奇襲だったので驚きました。だってまだ5月ですよ。本当に蚊なのか?模倣犯じゃないのか?思わず疑ったほど意表をつかれました。でも蚊でした。飛んでた。いやはや、まったくノーマークでした。蚊にさされやすい体質があるとよくいわれます。たぶん僕それです。隔年くらいでやたらとさされます。なぜなんだろう。
仮定1.血がかなりうまい→ネットで爆発的人気→グルメ蚊・血オタ蚊が寄ってくる→貧血
仮定2.まずいが健康によい→まずい!もう1杯!てなCMで有名に→ジジ蚊ババ蚊・健康オタ蚊が寄ってくる→貧血
仮定3.血があまりにまずい→ネットで噂に→好奇心→罰ゲーム→ゲテモノ好き蚊の聖地→貧血
最近立ちくらみが多いです。


◇引きこもり 20020509

やっと出来ました!口内炎。じゃなくてブロードバンド。結局メールの返事が来なかったので電話かけたら丁寧に教えてくれました。おかげさまで常時接続されちゃいました。これはヤバイですよ。高速接続よりも常時接続ってのがヤバイ。生活変わるよ〜とは言われたことがありますが、まさにそんな感じ、ていうか普通に引きこもり君なんですけど。ある程度は慣れの問題でしょうけれどね。
家庭にテレビ(あるいはラジオ)が普及し始めたときもこんな感じだったんでしょうか。みんなとりあえず引きこもって、テレビの前で体育座りなんかしちゃったりして。しかし、人間なにか生活がひとつ便利になると、何かひとつ変わりに失っているような気が…。僕は昨日、サッカーすっぽかしました。


◇ブロードバンド 20020508

ブロードバンドを申し込んだはいいのですが、うまくつながらず頭をかきむしりすぎて毛が抜けました。みなさんブロードバンドってむずかしいですよ。小学生の頃、11時ちょうどになったらクラス全員でカンペンを落とそうという計画がありました。一度も成功したことないです。あれぐらいむずかしいです。
ブロードバンド。何となくバンド虎舞竜を連想させる字面です。それでトラブル続きだったのか!そんなことは関係ないです。しかしロードは第何章までいったのでしょうか、それも興味ないです。でも4章までは出ていたと思います。
そんなこんなで自分の甘さを再認識しつつプロバイダにメール出しました。つながりませんよって。どうなってるのって。とりあえず早く返事ください。お願いします。これが言いたかったんですよ。はい。


◇東京青赤観戦記#2 20020506

ナビスコカップ第4戦 東京1−0神戸
前半は0ー0。神戸は後半からキングKAZUを投入し、加茂ジャパン時代を彷彿とさせる城−KAZUの2トップ。これはもうたまりません。試合は福田のゴールで東京勝利でしたが決定機は同じくらい。平野の爆弾シュートも見れたし満足でした。岡野こそ出なかったものの、三浦ヤスまで登場して兄弟揃い踏み。それも面白かったですが、一番笑ったのは福岡県出身の友人がヤス(昨年アビスパ福岡の主将)の登場をみて、「あいつアビスパじゃなかったのかよ!裏切りやがって!」とマジギレしていたことでした。やっぱり義理人情よりお金なのね…


◇東京青赤観戦記#1 20020430

ナビスコカップ第2戦 東京1−0ヴェルディ
FC東京のホームゲームはほとんど観戦している僕。もともとスポーツ観戦は好きなほうで、過去には野球・サッカー・バスケ・F1など色々見たことありますが、一番頻度が多いのはやはりサッカーでしょうか。なぜ野球ではなくサッカーなのか。それは大問題なので別の機会に書こうと思います。
というわけでFC東京。一般的にはまだまだ知らない人も多いマイナークラブですが、地元では少しずつ市民権を得てきたかな…という印象です。スタジアムには外人さんやら老夫婦やらも最近は多く、なかなか趣深いものがあります。本日は雨ということもあって観客は5000人強。いつもは2万人以上入るんですよ。
肝心の試合は、宮沢がコーナーキックを直接決めて東京勝利です。昨年は出場わずか1試合、今年からスターターに抜擢された若手ですが、もはやチームの核となってしまいました。主力の相次ぐ怪我で2軍状態の東京が今年なんとか持ちこたえている理由は、宮沢の存在以外に考えられません。今の段階なら日本代表候補ぐらいにはなれそうです。
まあたまにはこういうのも書かせて下さい。「ツマンネ」って言わないで下さい。先日、奇面組を久々に読みましたがつまんなかったです。懐かしさよりも痛々しさが先に来ました。理由は寝ながら考えてみようと思います。昔は腹痛になるぐらい笑ったのになぁ…


◇もはや日記ではない 20020429

めでたく4回目となりました。形式ばかりの日記です。しばらくは時間に余裕が出来そうなので、更新がむばります。gallery コーナー開設しましたので御覧下さい。「あなたの心にピンポンダッシュ」というシチュエーションがテーマとなっております。それはさておき、今日は「みどりの日」。
みどりの日。英語にすると GREEN DAY 。パンクバンドの GREEN DAY は、みどりの日にちなんでつけられた名前なのかどうかはわかりません。しかし、みどりという名前の人は誕生日のようで、何かうれしい気持ちになるでしょう。
伊藤みどり、海老名みどり、グリーンウェルもよろこんでいるかどうか、そんなことは知りません。


◇うわーいかんいかん 20020410

かなり間あいてしまいました。ちょっといろいろあって4月バカにウソをつく暇もありませんでした。毎度のことながらレイアウト微変更&ですます調でいきます。エイプリルフールにウソをつけなかった、これはかなり痛いです。正月に雑煮を食べられなかったときほどは痛くないです。
毎年悩んでしまいますが、意気込めば意気込むほどつまらんウソになってしまうようなきがします。これが一番の問題。ドッキリカメラばりの大ウソを!と気合いは入るのですが、入るのがいつも当日。こりゃだめだ。そういうわけで、今年は350日くらいかけてウソを考えようと思います。ちなみに去年ついたウソは…
「やばい!つまようじが耳に入って取れなくなった!!痛い!」
↑最低


◇ティッシュ会社の陰謀 20020331

花粉症がようやく終わった。実はアレルギー性鼻炎を小学生時より煩っていて、微粒子系には滅法よわかったのだ。去年までもこの時期辛かったのだが、持病によるものなのかよくわからず、花粉症ではないとタカをくくっていた。ところが今年はひどかった。これはもうたまらず観念。すみません花粉症でした。
花粉症といえば目薬。我が敵、目薬。絶対にムリだってあれは。どうしても目をつぶってしまう。加えてさしたあと目が開けられない。これはどうすればいいのだろう。そんなこんなで、かれこれ5年ほど目薬から遠ざかっている。鼻スプレー(購入)のようにスプレー目薬とかは無いのだろうか? だって…鼻スプレーは格好悪いんだもん。笑顔でシューってやっているところを見られたら、だれでもいい気持ちはしないはずだ。


◇まだまだです… 20020324

性懲りもなくリニューアルしてしまった…。それも休日の3日間をほぼつぶして。無駄な労力とはまさにこのことだが、まあ当分いいや。疲れたし。イメージを目に見える形で表現するのって本当に難しいと思った。しかし2年前に開設した当時のページにくらべたらえらく進歩たものだ。まさかこんなになるとは当時は思いもしなかった。これからは「遊び」を大事にしながら更新していく予定!