俳句プラスドローイング

2000年10月のバックナンバー

如月美樹+加藤龍勇
Miki Kisaragi+Ryoyou Kato


10/02 第112号 姫りんごわづかな時を持て余し

10/03 第113号 松茸の出てくるまでの真顔かな

10/04 第114号 カレンダーめくり終へれば水の秋

10/05 第115号 新札でもらふお釣りの爽やかに

10/06 第116号 帯低くしてうしろ手に秋扇

10/16 第117号 朝帰り木犀の香をかきわけて

10/17 第118号 古本に残る書き込み桐一葉

10/18 第119号 ひとたびは素通りしたる赤い羽根

10/19 第120号 燈火親しむ制服の金ボタン

10/20 第121号 出たときと変はらぬ部屋に石榴(ざくろ)割る

10/23 第122号 パン屑をすくうスコップ秋灯(あきともし)

10/24 第123号 冷やかなシーツの海を浮遊せよ

10/25 第114号 「つぎとまります」しづかなる星月夜

10/26 第115号 肌寒の皿に残りし香の灰

10/27 第116号 残業やデスクにレモン転がして

10/30 第117号 草の実や雨に濡れゆく猫地蔵

10/31 第118号 旋律のやや定まらぬ秋思かな


HOME