俳句プラスドローイング

2000年9月のバックナンバー

如月美樹+加藤龍勇
Miki Kisaragi+Ryoyou Kato


9/01 第93号 正座して二百十日の髪を梳く

9/04 第94号 笛吹の先頭切るや秋祭

9/05 第95号 暗記して述べる構文流れ星

9/06 第96号 長き夜の他人の骨を見てをりぬ

9/07 第97号 受付に誰もゐなくて秋の雨

9/08 第98号 白露の日はちみつ甘くしたたらす

9/11 第99号 ふるさとに遠のく便り合歓は実に

9/12 第100号 満月を指折り数へ秋黴入(あきついり)

9/13 第101号 名月や足早に行く薬剤師

9/18 第102号 紫蘇の実やにはか雨なら濡れていく

9/19 第103号 衛星の混み合つてゐる星月夜

9/20 第104号 秋深む箸置きにするコルク栓

9/21 第105号 南口出れば色なき風の中

9/22 第106号 三日月の出て手相観の店じまひ

9/25 第107号 秋分の日の誰もゐぬ画室かな

9/26 第108号 竜淵に潜みて光るダイヤかな

9/27 第109号 秋うららダンスフロアのぴかぴかに

9/28 第110号 校庭にゆがむ白線虫時雨

9/29 第111号 ベレー帽振りて別れを秋の雲


HOME