俳句プラスドローイング

2000年6月のバックナンバー

如月美樹+加藤龍勇
Miki Kisaragi+Ryoyou Kato


6/01 第39号 立葵わづかなること立ち聞きす

6/02 第40号 夏の雨百滴ほどでかへり着く

6/05 第41号 マンションの窓いつぱいに梅雨兆す

6/06 第42号 Tシャツは白前髪を切りそろへ

6/07 第43号 ほの暗きプールの水に抗ひぬ

6/08 第44号 額の花風を荒野に解き放ち

6/09 第45号 旅鞄三和土(たたき)に下ろす梅雨入(ついり)かな

6/19 第46号 父の日や夕べの風に目をつむり

6/20 第47号 日盛(ひざかり)の次々置かれゆく供物

6/21 第48号 炎天に竹を裂きたる男かな

6/22 第49号 品書に見知らぬ文字や守宮(やもり)鳴く

6/23 第50号 王宮に夏の月下の蝶来る

6/26 第51号 炎天を来て改札に吸ひ込まる

6/27 第52号 くちなしの花嗅ぎたるを見られけり

6/28 第53号 糸底の残す水の輪梅雨の晴

6/29 第54号 サロン巻く青田を風の通り過ぎ

6/30 第55号 かかる日は目覚めのわるき沙羅の花


HOME