パッケージイメージ



れびゅ〜 of
君が望む永遠





ジャンル 多重恋愛ADV(18禁)
発売日 2001年8月3日
価 格 8,800円

このホームページはアージュホームページの「アージュ著作物の引用ガイドライン」に基づき、一部素材を引用して作成されています。これらの素材を他へ転載することを禁じます。
Copyright (c)アージュ

ねも 「いや〜、それにしても。雑誌で“遥伝説”のCG見て買うのを決めた(複数誌に第一章まるまる体験版として出した作品。ワタシは我慢してやりませんでしたが、プレイ後思うと第一章でお預けくらった人は辛かったろうな〜)んだけど。楽しそうだな〜って。………だけど………とんでもないものを買ってしまいました……」
ゆい 「はい? とんでもないもの?(?_?)」
ねも 「し〜っ!(゜ε゜;) それを口にしちゃなんねえだ! この世の終わりが来るだよ! アーマゲドンが起こるだよ! くわばらくわばら」
ゆい 「しょってからギャグかます余裕はあるわけ?」
ねも ………ギャグでもかまさんとやってられんからな………(×_×;)
ゆい 「…え? 何?(・o・)」
ねも 「何でもない何でもない………。まあ……で、タイトルが『君が望む永遠』。おまけに“多重恋愛AVG”とはよく名付けたもんだ……。全シナリオ一緒くたに考えると、主人公・鳴海孝之ってただの変態女好きマルチ女たらしのクズ野郎だけど、あるヒロインを選んだ……たった一人を……って考えると……一途に……理性じゃ感情は割り切れないし……ただ一途に……。だからこのコを攻略(なんか嫌な言葉だ)って決めたら…他のシナリオは考えずただ孝之になりきろう。そのコを一途に愛そう。このゲーム一度きりだと思って……でないとほんと主人公がクズになっちゃうから(笑) だから…本作のメインヒロイン・遥を選んで…それで終わりでもいいかも………(>_<) ああっ! 違うっ! でも遥萌えの人もある理由で水月シナリオをやる必要があります、我慢してでも。このエンドは見ないといけません。(それでもせめてあと茜ちゃんシナリオはやってほしいけど) 攻略可能は8名なので、8人それぞれの愛のかたちを余裕で受け止められる人は全員やりましょう(笑) マジに“えっ! ほんとにやんの? オレ知らないよ〜”ってシナリオもありますから注意です。それぞれのシナリオで相手は“永遠”を望んでくるんですからねっ! その覚悟はしてくれっ!」
ゆい 「………もしもーし〜、お兄ちゃーん……(‥;)」
ねも 「……でも……でも、もしやり続けるのなら、あるヒロイン終えたら…そのことは忘れて……また別の女性(ひと)のシナリオに没入してください。没入するしかねえっすよ! だって、あるシナリオやるちゅうことはその他捨てることになるわけですから。そうそう、主人公の名前は固定ですけどまったく違和感なし。もう I am 孝之 以外の何者でもない状態になります(……あの〜……オレだけっすか? まあ一応BAD ENDは除いて考えて…)
ゆい 「………。あ〜っと…………ゆい、出番ないよ〜(^_^;)」
ねも 「(^_^)( ^_)( ^)( )(^ )(_^ )(^_^)クルクルー ……で、人格変換っ(孝之→ねも)! そうっ! このゲームの凄いとこは重さを救ってくれる脇がため……の素晴らしさっ! 崎山店長ー(健さんっ)! あんた最高っす! その他男性キャラCVも文句なしっ! 主人公以外は100%フルボイスなのです」
ゆい 「…ほえ?」
ねも 「話変わるが、第一章にも出てくるけど、『カーグラ○ィックTV』を知ってる人は必見! のパロとかな〜。あと最初にも触れたけど“遥伝説”とかね、あまりに可愛いんで壁紙にしちゃったヾ(´▽`;)ゝエヘヘ」
ゆい 「ていうかさあ、★★★(みつぼし)作品の割に今回は饒舌(註 ゆいだってこのくらいの言葉知ってるよ)だねえ、お兄ちゃん。いつもなら泣きべそかいてて終わるのに」
ねも 「あ……ごほん! それはだな〜」
ゆい 「それは?」
ねも 「今回は、買う前にはこうなるとは思っていなかったから!」(ちゅどーん!)
ゆい 「……あ…あんですと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ねも 「ナイスだゆいっ!(笑) 正直まったくここまでとは思っていなかったから逆にひとかけ理性が残った。休日の前に飲み会に行くとぼろぼろになるのに、次の日仕事と心構えているとそんなに酔いつぶれないというか(われながら?)。まあでも『AIR』『Kanon』『ONE』はあまりにもファンタスティックで何も言いようなかったから。ひとつリアリスティックな『加奈』のときはちゃんと口きいてるだろ」
ゆい 「う〜ん、そうだねえ………。あれ? しかも…………初登場1位……?」
ねも 「そう。CVの出来、音楽、画面エフェクト、そして遥伝説CG(笑) これら最新PCじゃないと(とは言えまあふつーのPC?)できないこと(遥伝説は違うか(^_^;)をフルに活用したうえでこのシナリオ。はああ〜……、今年も三つ星作品に出会えてよかった〜。一年に一回くらいは自己崩壊したいし……(謎)」
ゆい 「はあ……でも…“お兄ちゃん雨量計”だと1位ってわけでもないでしょ? 加奈>Kanon>ONE>君望>AIRって感じだし」
ねも 「……ゆい……いつの間にそんなチェックを……(゚ε゚;) 」
ゆい 「あ、あと、萌えキャラ叫びがないけど……(^_^)b」
ねも 「……そりゃわかっとるだろ……。それどこじゃなかったよ…… 。ああ…ほんとにいろいろあった感じ……(゜_゜)」
ゆい 「……う〜ん、そうかあ……。じゃあ、最後に一言だけ…ゲーム前にマニュアルだけ見ての時点では? 誰?」
ねも 「おっけー! そりゃ即答! 茜ちゃん〜(*^_^*) 第一章では“お兄ちゃん”だからなあ……きゃー(#^_^#)」
ゆい 「……や…やっぱし…………?(^_^;)」
ねも 「あ、でも、作品全体として、ここ扱いにはしませんでした。彼女一人だけ扱い別にするのは何か失礼な気がして……」
ゆい 「……あ、そうなんだ……」
ねも 「……少し時間をおいてから…もう一度リプレイ(二重表現)(笑)しようと思います。なんかまだ未消化の感じなんで……」
ゆい 「………とてつもなく珍しいヒキだね……(‥;)  でわ、…皆様とはとりあえずここまでで〜ヾ ^_^ バイバーイ!!」

レビュータイトルページへ

アージュ WebSiteへ
 「アージュ」様へ