劇団クロニクルについて



 劇団クロニクルは1992年に結成、1993年1月に旗揚げ以来、座長の柳のオリジナル戯曲を 中心に上演活動を行ってきました。現在の団員数は学生7名、社会人2名の計9名です。 旗揚げ以来の団員は3名で、1995年1月に中心メンバーの半数が新劇団設立のために退団しました。
 団員の平均年齢は22才です。旗揚げ当初は科学文明への警鐘をこめたものや、 不思議の国のアリスやマザーグースを題材として扱った物語を上演してきましたが、 第6回公演以降、人間心理に関するものを中心に舞台を創っています。 過去の公演録は以下の通りです。


公演記録

とき演目脚本演出
1993年1月8〜9日 旗揚げ公演
「クロニクルカーニバル」
脚本演出・柳雅之
5月1〜2日 第2回公演
「萌黄色の道」
脚本演出・柳雅之
8月15日 第3回公演
「ノスタルジア」
脚本演出・柳雅之
1994年4月3日 第4回公演
「契約の林檎」
脚本演出・柳雅之
8月19〜20日 第5回公演
「砂塵の彼方に」
脚本演出・柳雅之
12月4日 第5.5回公演愛媛県女性総合フェスティバルにて寸劇を上演
12月25日 第6回公演
「トランス」
脚本・鴻上尚史 演出・柳雅之 安永裕 (ダブルキャスト)
1995年7月16日 第7回公演
「紅い爪」
脚本・柳雅之 演出・長曽義徳
11月12日 第7.5回公演地球人祭りinまつやまの地球人演劇に客演
1996年8月17日 第8回公演
「眠れない夜のために」
脚本演出・柳雅之
12月21日 第9回公演
「悪魔のいるクリスマス」
脚本・在間ジロ 演出・中城みづき
1997年11月29〜30日 第10回公演
「砂の栞」
脚本演出・柳雅之
1998年9月19日 第11回公演
「笑の大學」
脚本・三谷幸喜 演出・山内和史

 旗揚げ公演の会場は松山市久枝公民館大会議室、第7.5回公演は松山市コミュニテ ィセンターの企画展示ホール。それ以外はすべて愛媛県女性総合センター多目的ホー ルで上演。




お手紙はこちらまで    戻る