南風博物館インデックスバナー

トップページへ 総合案内へ 西洋史研究室へ 日本近代軍制史へ 文章の書き方へ 小説のページへ オーストラリア旅行へ 館長室へ 南風博物館インデックスバナー

デジタル地図ができるまで


こんな地図を、あなたも作ってみませんか。
完成版の地図です。

下のアイコンをクリックしますと、館長室のトップに戻ります。
館長室トップへ戻る

※当コンテンツの内容を参考にするにあたって、以下の環境が必要です。
 1. デジタル地図作製 : Adobe Illustrator 9.0 日本語版
 2. 原画読み込み・画像加工 : Adobe Photoshop 6.0 日本語版
 3. その他、イメージスキャナ、ペンタブレットなどが必要ですが、なくても作成は可能です。
                ・Adobe、Illustrator、Photoshopは米国Adobe Systems Incorporatedの商標です。
                ・原画には、『世界史総合図録』(山川出版社、1994年)を改訂して使用しました。

ステップ別目次

 読み込み〜基本設定 このステップでは、イメージスキャナで取り込んだ画像を、Photoshopをつかって変換し、Illustratorにトレース原稿として割り付け、さらに地図を実際に描き始めるまでの準備段階について説明しています。この後の作業の参考になることもいくつか掲載しましたので、最後まで読んでくださいね。
 海岸線〜河川 海岸線と河川を描きます。ここではかなり精密な作業が要求されますので、ペンタブレットを用意できる方はご用意をお願いします。また、ここでは基本となるパスの構造、レイヤーパレットの使い倒し方なども掲載されています。よい地図を描くためには必須のテクニックが満載です。
 色分け 歴史地図ですので、国別の色分け作業が必要です。ここではとくにスペースを割いて、あなたがIllustratorで自由に色塗りができるようになるまで指導いたします。試行錯誤をしているうちに、技能は知らずに上達していることでしょう。
 文字入力〜画像変換 最後のステップでは、できあがった地図に文字を入れる作業についてと、それをホームページにアップするための画像変換について説明しています。ここまでできれば、あなたは立派なデジタル地図クリエイターです(多分)。