幕末諸藩 いろいろ
名  称 藩  主 現在の場所 思  想 備   考
水戸藩 徳川家 徳川斉昭 茨城県水戸市周辺 尊皇攘夷
 水戸黄門の後裔。
 尊王攘夷の魁となった藩で、時の大老 井伊直弼を暗殺したのも、
 この藩の脱藩浪人。
 尊王攘夷活動を初期より展開したことより、人物を輩出するも、
 その多くを失い、主役の座を失う。
 最後の将軍 徳川慶喜の出身藩でもある。
 
薩摩藩 島津家 島津斉彬 → 忠義 鹿児島県全域 尊皇攘夷(討幕)
 幕末諸藩中、最大の軍事力を有し、藩主 島津斉彬のもと、あまたの
 志士を輩出する。
 その代表に、西郷隆盛、大久保利通らがいる。
 島津斉彬死去後は、藩父島津久光の元、討幕へと向かう。
 藩主 島津斉彬は、四賢公の一人。

長州藩 毛利家 毛利慶親 山口県全域 尊皇攘夷(討幕)
 “3本の矢”で有名な戦国大名 毛利家の末裔。
 吉田松陰に始まる尊皇攘夷思想で、討幕へ向けて活動を展開。
 一時、佐幕派の反撃で藩内分裂の危機を迎えるも、高杉晋作らの活躍で
 クーデターに成功し、再度、藩全体を尊皇攘夷(討幕)とし、明治維新を
 成し遂げた。
 最も多くの志士を輩出し、その多くが斃れた。

越前藩 松平家 松平春嶽 福井県福井市 公武合体     
    →尊皇攘夷
      (討幕)

 藩主 松平春嶽と、橋本左内や、横井小楠により、藩内改革を展開。
 橋本左内の獄死後、その活動が衰える。
 藩主 松平春嶽は、四賢公の一人。

土佐藩 山内家 山内容堂 高知県全域 公武合体      
   →尊皇攘夷
      (討幕)

 幕末のギリギリまで、国是を佐幕、公武合体としていたことで、土佐より
 輩出の志士達の多くが、藩の助けもなく、或いは藩によって斃れていった。
 そして斃れた多くの志士たちのお陰で、土佐藩は薩長土肥の一角を得る
 ことができた。
 当然、明治期に出世?した人物には上士出身者が多い。
 藩主 山内容堂は、四賢公の一人。

肥前藩 鍋島家 鍋島直正 佐賀県全域 中立 → 討幕
 幕末期を通して、藩として鎖国を貫き、中立を国是としていたが、幕末も
 押し迫った段階で中立を放棄し、討幕へと向かった。
 中立期を通じて、藩の西洋化を図り、洋式軍隊とアームストロング砲は
 威力絶大であった。
 初代司法卿 江藤新平や、早稲田大学を作った大隈重信らを輩出。
 葉隠でも有名。

会津藩 松平家 松平容保 福島県会津若松周辺 佐 幕
 孝明天皇の信任厚かった松平容保は、京都守護職となり、過激浪士
 取り締まりの任にあたった。
 その京都守護職の配下に新選組があった。
 また、白虎隊の悲劇は有名。

桑名藩 松平家 松平定敬 三重県桑名市近辺 佐 幕
 京都所司代として、京都の治安維持に努めた。
 鳥羽伏見の戦いの後、一時、謹慎するも、会津から北海道まで転戦し
 後に恭順。
 尾張公 徳川慶勝、会津公 松平容保はともに実兄。
 
長岡藩 牧野家 牧野忠恭 新潟県長岡市近辺 佐幕 → 武装中立
 小藩でありながら、幕末の北越戦争において主役となり、長州・奇兵隊
 を中心とする新政府軍と大激戦を展開し、その威を大いに示した。
 それは筆頭家老に青龍窟・河井継之助を抜擢し、藩政改革と軍の洋化を
 推し進めた結果であった。
 河井さんは太平洋戦争の英雄である山本五十六さんが出身地の尊敬する
 先人としていた人物でもあった。


  

本サイトTOPへ