2002年Bass釣行記第二回
 琵琶湖から実家に帰った2日後、実家の近くのとある河川に。
この川は揖斐川への流入河川で、昨年の夏初めて行った。
 朝はあちこちでライズが起こっていていかにもといった雰囲気。日の出直後にむぎが得意の(この間琵琶湖ではじめて釣ってから得意になったそうだが)SUGOIスプラッシュでHit!写真上のぼけぼけがそれで30cmくらい。もーりーはスピナベ引いていたらなんと痛恨の根掛かり、回収できず。しかも予備もない・・・。得意のスピナベが無くなったが、めげずにシャロークランク巻いてましたら、出ましたわ。30cmくらい。その後、またもむぎのねむねむ時間となり、ひとりで放浪しておりました。
 アシ際でccラウンド(ラバジ)+ジャンボグラブで1本追加したが、これも30cmに満たないサイズ。
 その後、日が出て厳しくなってまいりました。気温は30℃を超えた10:30ころ、流れ込み付近で写真下のバスをゲット。久しぶりの型の良いバスだったので、これは40アップと思ったら、33cm。う〜ん、もう目がすっかりコバッチに慣れてしまっているようだ。いかんねこれは。本日の釣果はもーりー3本、むぎ1本。
 つぎこそ40アップ。
平成14年8月13日(火)
三重県 某川にて