motherboard

マザーボードについてなんとなく・・・。 (2004.05.25)



Intel i845チップセットなのは分かるのですが、ただジャンクで「ピクリとも動きません」と書いてあり
150円だったので遊びで購入。
ボードに書かれてる印刷にはM7TDB。BIOSTAR?
試しに動作させてみたら本当にピクリとも動きません。テスタで見当をつけて調べたところ
サウスブリッジからI/Oチップへ行く電圧がゼロ。
適当にジャンパ線で送ったところ、見事起動。テストも問題なし。
BIOSを見たところRioWorksのSU45Aだった事が判明。
再度Linuxで動作確認をし、パーツ箱にしまいました。
動かないものもちょっとの工夫で直るという事で・・。



ASUSのP4P800SE。Intel i865PEチップセットのボードです。
かなりパーツが削減されてるので追加。
結果はメモリ相性が少なくなり、OC耐性も向上。
この後、トロイダルコアをエポキシ樹脂で固定したり、
ノースブリッジのヒートシンクを交換したりしました。



ASUSのP4P800SE。Intel i865PEチップセットのボードです。
上のつづきです。結局全部の電解コンデンサを日本製のものに交換しました。
さらに安定度が増しました。あと気分が良いです。(^^



GIGABYTEのGA-8IDX。Intel i845チップセットのボードです。
全ての電解コンデンサを日本製に交換&追加、トロイダルコアをエポキシ樹脂で固定し、
Linuxで動作確認後の姿。
写真が小さくて分かりませんが、使ったコンデンサはジャンクから取ったもの。
古いボードですが、WindowsXP(クラシック)でも快適に動いてくれます。
これでAGP/PCIクロックを固定出来たら最高なのに・・・。
古いパーツで遊んでみるのも良いですよ〜。