begin

始めたいけど何を買っていいかわからない!

何か分からない事があったら気軽に質問して!

メニュー
まずはギター 次に弦でしょ 弦をはじくピック
音を鳴らすアンプ 信号が通るケーブル 音合わせにチューナー
肩掛けのストラップ ギターの椅子にスタンド 弦に塗るスプレー
音を変えるエフェクター 教則ビデオ 練習のアドバイス

極端に言えばギターと弦とピックさえあれば何とかなるけど・・

まずはギター

これがなくちゃ始まらないよね。でもギターといってもいっぱい種類があるし値段もピンキリ。一番いいのは好きなミュージシャンを参考にするのが早いよ。でも必ず値段の問題が・・じゃぁどうしよう、お店の人にも相談しても結局決められないし、馬鹿にされるのはやだ!こんな事が君を襲っているはずだ(たぶん)。結論を言うと値段で言えば25,000円以上だせば、全然問題ないよ。10年以上前なら10万円出しても粗悪品に当たる事は珍しくなかったよ。昔だったら1、20万ぐらいのクオリティーの物が今は4,5万で売っているんだから安心してよ(いいのか?)。それと一番大事なのが君の手の大きさなんだ。ギターを握る所には長さの種類があって、一般的にロングスケールとミディアムスケールがあるんだ。この二つにも太さがいろいろあって弾き易さに違いが出てくるんだ。君の手が小さかったら迷わずミディアムスケールを選ぼう。手が普通程度ならギターをがっちり握ってみて親指に余裕があるものを・・ってそんなのわかんないよ!!多分そうだと思う・・自分もそうだった。んじゃ、これしかないズバリ見た目、それと日本のメーカー(日本人向きなんだ)、製造元は気にしなくてもいいよ。まー個人的にはIbanez(アイバニーズ)Yamahaがいいね。まぁアドバイスにならなかったけど、お店に行ってもすぐ決めずに考えてね。くれぐれもお店の人には注意してね。(音出してみる?、いいよぉー、買ちゃおうよー、ローン組もうか、今しかないよ、などと迫られる場合があるよ(~ー~) ニヤッ)

メニューへ 次に弦でしょ

ギターは弦が張ってないと音出せないから、どんな弦を選ぶの?ってことになる。まぁよほどこだわりがないかぎり一般的な太さの1弦0.09〜6弦0.42というサイズで問題ないよ。それとどんなメーカーがいいのか?ってことは正直言ってわからない。ただYAMAHAの弦は比較的柔らかくて手が痛くならないんじゃないかな。まぁ個人的なんだけど私はD'Addarioというメーカーをずーと使っているんだ。どうしてずーとかっていうとadjustのオクターブ調整で説明しているから参考にしてよ。それにいつも同じ感覚だという事も関係あるかな?価格は500円〜2,000円だよ。

弦をはじくピック

弦をはじくのに使うもの。これもいろいろなタイプとサイズがあるよね。もうここでは個人的に。形はティアドロップという涙の形の物で、サイズはハードの物で厚さが0.9〜1.5mmの物がいい。何故かというとピックに遊びがないからピッキングにシビアになれるんだ。上達するにはやりやすい状態にいつも自分を置かない事だと思ってるからなんだ。ちなみに価格は100円〜200円。

メニューへ 音を鳴らすアンプ

音を鳴らす機器。これがないとエレキギターは寂しがるね。でも私がギターを始めた頃はラジカセのマイク入力にコードをさして練習してたんだ。昔は高かったから・・。アンプには真空管(チューブ)アンプとトランジスタアンプ(デジタルアンプも含む)があって、真空管と言ってもいろんなタイプがあるんだけれど、ギターで使う真空管は信号増幅器として使用してるもの。真空管は弾いた音が電圧になって真空管内を移動する自由電子の数をコントロールして信号を増幅している、トランジスタは弾いた音が電流電圧になって半導体内を移動する自由電子の数をコントロールすることで音を増幅しているんだ。真空管の方は自由電子を操作する上でこれといった抵抗を介さないけれど、トランジスタは半導体自体の抵抗を介するため半導体の純度によって音の変化が生まれてしまう、この電子部品の影響がよく言われる音が悪い原因になっていたんだ。しかし現在は昔のような事はなく、むしろトランジスタアンプの方がメンテナンスもしなくていいし安定している場合がある。それと最近のデジタルアンプはすごくいい、お金に余裕があるなら絶対買いだよ。現在になっても真空管がいいと言われているのは(確かに良い!)、その音を増幅する課程がナチュラルな分、ごく自然な音の変化や独特なツヤや暖かみのある音色が好まれているんだ、また真空管アンプといってもオールチューブ(全部真空管)とプリアンプ部だけ真空管なのがある。それぞれ音が違うけど真空管アンプはかなり大音量で鳴らさないといい音でないんだ。その点を考えると一般家庭での練習などにはトランジスタアンプになるね。スピーカーシミュレーター又はアンプシミュレーター又はエミュレーターっていう機能が書いてある物であれば、サイレントレコーディングも出来るし、夜の練習やステレオのライン入力につないで、CDをバックにヘッドホンプレイが出来るからおすすめだね。それと家で音を鳴らせない場合だったら、さっき言ったシミュレーターやシミュレーター機能がついたエフェクターで十分。アンプの価格は最低で2万5千円と考えてよ。シミュレーターは単体の物やエフェクターに含まれている物があるんだ。価格は1〜6万円で安いのはBOSSやZOOMから出てるよ。でもこれはあくまでも家での練習を考えた最低プラン。真空管アンプを使い大音量でプレイすることは凄く大事!いろんなアンプを鳴らして違いを把握することも大事!ギターとアンプは合わせて1つの楽器だから、本番用、練習用での自分の音を意識することを忘れずに!ちなみに私は、オールチューブアンプとシミュレーターを使い分けてるんだ。

信号が通るケーブル

シールドとも呼ばれる音を鳴らす為に使う電気コードみたいな物、ただのコードじゃんと思ったらいけないよ。いろいろあって音色も変わるんだ。耐久性も違うし変なの買うと音域がものすごくカットされてしまうんだ。あと、ぐるぐるコードはコードがコイルになるから音がすごく変わるよ。長さは10m以内だったら気にしなくていいよ。太さは太い方がいいけど大事なのは、中の電線の太さや種類で、太さは太いほど電気抵抗が少なくなるから損失が少ないし、種類は金、銀、銅、アルミの順で電気抵抗が少ないんだ。一般には銅線で、いい物で金、銀メッキが施されているんだ。見た目が太いからと言って中の電線が太いかっていうとそうでもない場合があるんだ。じゃーどーすんだってことになる。確実ではないけど価格に比例していい物が売っているよ。価格は1,600円〜14,000円。私はCANARE・G-05、1,600円とDiMARZIO・color cable、3,700円を使っているよ。

メニューへ 音合わせにチューナー

絶対音感がある人はいらないけど、普通の人は必要だよね。チューナーにはオンサと言う金属の棒で一般に5弦用A=440Hzの物が売っている。又はスピーカーが音を出して合わせるタイプもある。でも普通はオートチューナーを買うよね。これにもいろいろ種類があってデジタルや指針タイプがある。おすすめはACアダプター口付き指針タイプのギターオートモードがあるもの。価格は3,000円〜10,000円。私はBOSS・TU-8を使っているよ。

肩掛けのストラップ

立って弾くときに絶対使う物。これは好みで何でもいいよ。価格も1,000円〜10,000円まであるけどなんでもいいよ。長さの調整は、テクニックのページのギターの構え方の項目を見て参考にしてね。

メニューへ ギターの椅子にスタンド

ギターを弾かないときに置くとき、壁に立てかけたりするのは危険だしギターによくないんだ。だから専用のギタースタンドと言う物があって壁にネジで取り付けてギターをぶら下げる物や、床にギターを立てとく物があるんだ。価格は500円〜2,000円だよ。

弦に塗るスプレー

これは弦を長持ちさせるために使うんじゃなくて弾く指を滑りやすくする物なんだ。どうして滑りやすくするのかは弾きやすいからだよ。弦は長持ちしないけどフレット(弦を押さえる所の金属の棒)の減りは減少するよ、早いフレーズを弾くには必需品だよ。価格は800円〜2,000円なんだ。

メニューへ 音を変えるエフェクター(コンパクト)

かっこいい音を出したい時に使うのがエフェクター。だけどくれぐれも練習の時はアンプだけでしかも歪みを少なく、たとえばゲインを4ぐらいにしてほしいし、エフェクターはOFFにしてほしいんだ。さてどんなエフェクターがあるか?
-----
歪み系-----
{歪みが控えめで中音が豊かな・
オーバードライブ}
{歪みが強く細かくて低音高音が豊かな・
ディストーション}
{歪みが過激で荒く高音が豊かな・
ファズ}
これらは過激に使う以外はエッセンス程度かブースター的に使うのがいいと思う。価格は1万円前後。
-----
トーン変化系-----
{オーディオにもある音色を周波数ごとに変える物・
イコライザー。価格は1万円前後}
{ペダルを踏むとワウワウと音が変化する・
ワウワウ。価格は1万円前後}
-----
ハーモニー系-----
{常に原音の音程を変化させた音をまぜて使える・
ピッチシフター。価格は1〜2万円}
{常に原音の音程を指定したキーに合わせて変化させた音をまぜてハモる・
ハーモナイザー。価格は2〜3万円}
-----
空間系-----
{山びこみたいになる・
ディレイ。価格は1〜2万円}
{カラオケのエコーみたいな・
コーラス。価格は1〜2万円}
{ホールで弾くように自然に残響音を作る・
リバーブ。価格は2〜2.5万円}
-----
整え系-----
{小さい音も大きい音も一定な音量に整える・
コンプレッサー。価格は1万円前後}
{指定した音量より大きい音を圧縮して整える・
リミッター。価格は1万円前後}
-----
ノイズ系-----
{耳障りなノイズをカットする・
ノイズリダクッション。価格は1〜2万円}
-----
シュミレーション系-----
{スピーカーで音を鳴らさなくてもあたかも鳴らしているようにする・
アンプシミュレーター。価格は1〜6万円}

{それに
マルチエフェクターと言ってこれら全て含んでいる物も売っているんだ。価格は1〜10万円}
本当に大事なことなんだけれど、あくまでもアンプで音づくりをする事なんだ。世界中で一番すごくてかっこいいエフェクターって、自分の腕なんだ。腕さえあれば音を自由に操れるようになるんだ。ためしにアンプのゲインが少ない状態で軽く弾くのと強く弾くのを比べてごらん。音の歪み方が全然違うから。それは君の腕が音を変えるエフェクターになった証拠だよ。がんばって自分の腕にいっぱいエフェクターをつけてよ!!
(^〜^)Y

教則ビデオ

もしも君にギターを教えてくれる人がいても、教則ビデオは買うべきだよ。そして両方の手をよく見て自分と比べるんだ。弾き方は人それぞれだけど、いろんなビデオを見ていると共通点がいっぱい見つかるはずだし、発見があるはずだよ。で、どんなのが良いのかは個人的なちゃうんだけど、私が一番ためになったのは、ポール・ギルバートのインテンスロック。私が買ったときは輸入で日本語版はなかったけど今ならあるでしょ。最高に為になる基本早弾き教材だよ!!

メニューへ 練習のアドバイス

ギターはというか楽器は、ちまちましてて、練習していると叫びたくなる事が多いよね。だから非常に根性と根気が必要になるんだ。イヤになったら一端休むんだ。それでもずーと弾けないところがあって繰り返してもずっとダメなときイライラするよね。そうしたらそのフレーズは後にして、楽しい違うことに切り替えるんだ。そして難しくて弾けない部分を暇つぶしにやるよう考えを変えるんだ。そう、テレビとか見ながらでも繰り返してるんだ。そうしたら何でこんな事難しかったんだろう?って思うようになるはずだよ。そうなったら集中して練習してみると自然と難しかったフレーズがものになっているはず。決して難しいから自分には弾けないと思ったらダメ。弾けないんじゃなくて弾こうとしない事になちゃうからリラックスしてがんばろうよ。それと練習をしているとき楽譜が読める人は良いんだけど、読めない人はタブ譜と呼ばれる物を見て練習するよね。そうすると音を数字で覚える事になるよね。これが非常に危険なんだ。タブ譜はただのガイドって考えて、ギターを弾くときは必ず音で覚える様にしないとハーモニーが学べないんだ。音を音として認識して弾いてると、何で今この音を弾いてるかがわかってくるはずなんだ。このことは本当に大事。(言葉で言うと、ふりがなをふった英語を発音するのと英単語そのものを発音する違いくらい違うということ。追記:石井泰光さん)
君が全然弾けない初心者でもギターを弾いた瞬間に、もう君は立派に音遊びをしているんだよ。弾き順、数字じゃなく音を大事にしていこうよ。
おわり!