カメラ付き携帯電話
7月下旬に携帯電話を買い換えました、買い換えた機種はD505iです。

旅先や移動先等で、万一デジカメを忘れても、最悪この携帯電話のカメラで何とかしようと、最新型にしてしまいました。

また、我が家にはメモリースティック用のインフラがある程度あったため、このD505にしました。
ソニーのはあまりにデジカメ然としていて、なおかつ厚みがありすぎる為やめました。

505シリーズの特徴は、デジカメ機能を大幅に向上させていることと、リムーバブルメモリを内蔵している事です。
DとSO505がメモリースティックデュオでその他がSDカードです。
メモリースティックは、この様に本体にささってます。押すと出てきます
まるで親亀、小亀、孫亀。右下のメモリースティックデュオをその左のアダプタに差込み、さらにpcカードアダプタに差します。
いままで、携帯電話で撮影した画像は、メール経由でパソコンに送るしか手段が無かったと思われますが、取り外し可能な記憶媒体が付いたため、パケット通信料を浪費せず写真をパソコンなどに送れるようになりました。

もっとも、これだけ画質を向上させてしまった為、画像の容量自体が巨大化していて、パケットしか転送手段が無かったら、ユーザーにそっぽを向かれるのを見越しての事だとは思います。

僕自身は、カメラ付き携帯なんて要らないと思っていた方でしたが、使ってみるとなかなか便利です。メモ感覚で写真が撮れますので、シャッターチャンスに強いカメラだと思います。

肝心の画質ですが、釣りに行った時カメラを忘れたのですが、携帯のカメラで撮影した画像でホームページを作りました。
いつもこのホームページで使っている画像は、デジカメからパソコンへ取り込んだ画像を、画像加工ソフトで画質を調節したり、容量を小さくしたりしたものを使用しています。

携帯デジカメの画像は、被写体や、明るさの具合にも大きく影響されるようですが、おおむねいつもこのホームページで使っている、加工後の画像と同じぐらいのレベルは確保している様です。

カメラの画質は、2番目に良い画質を選んでいます。一番良い画質なら結構良いんじゃないかと思います。

結論としては、最新型の携帯デジカメは「使える」と言う事ですね。
同じ16MBの記憶媒体、メモリースティックデュオは厚さ大きさとも歴然として小さい、大きい方はコンパクトフラッシュ。