釣り方の色々
海釣りのフィールドがさまざまであるように、釣り方もまたフィールドに合わせて色んな方法が有ります。
大別すると次のようになります。
@投げ釣り(投げ込み釣り)

 浜辺から仕掛けを遠くに投げ込む釣り方。ウキは使わず、仕掛けは海の底に沈む。遠くに投げる為に仕掛けにはやや重い重りを付ける。竿やリールも遠くに飛ばしやすいように工夫してある。一般に仕掛けには複数の釣り針が付いている。
 基本的には海の底にいる魚をターゲットとしている。
 
 対象魚:キス・カレイ・チヌ・タイ、ウナギなど
仕掛は大体2本以上の針が付く。赤い物はジェット天秤というオモリ。巻き上げる時に仕掛が岩などに挟まらぬ様、海底からやや浮上する様に作られているスグレ物。
Aフカセ釣り

 10メートル前後の範囲に仕掛けを投げるウキを使った釣り方。仕掛けとウキの間の長さを自由に変えられるようにしてあり、海面からの仕掛けの位置(タナと言う)を自由に変えられる。ウキを使っているので繊細な当たり(魚がかかった知らせ)を知る事が出来る。仕掛けは一般に釣り針1本である。
この釣り方の特徴は、釣り針に付けた餌の外に、コマセと言ってオキアミ等を集魚剤として海面に撒く事である。

仕掛が軽い為、流れがきつい場所でポイントが深い場合などは、目的の水深に仕掛が達しない為不向き。

 対象魚:チヌ・クロ・タイ・バリ(アイゴ)・メバルなど
フカセ釣りで使うウキ。形、大きさともさまざまなタイプがある。
Bサビキ釣り

 釣りを趣味としない人でも知っている、初心者でも出来る釣り方。ウキは使わない。
短めの竿と安物のリールを使った簡易な道具でも十分に楽しめる。多数の釣り針がついたサビキ仕掛けにコマセ(集魚用のアミ)を入れた円筒形のカゴにオモリを付けた仕掛を使う。

初心者向けの釣りではあるが、応用編としてウキを使って、遠くに投げるような仕掛に変更すると、やや大型の魚も釣る事が出来る。
サビキ仕掛は多数の枝針があるため、オマツリ(糸がもつれる事)しやすいのが難点。

対象魚:アジ、サバ、コノシロなど
仕掛は一般に5本〜8本ぐらいの針がつく。針は、オキアミに似せた疑似餌となっていて、これに撒き餌に興奮したアジが見境なしに食いついたところを釣り上げる。青い物体はコマセをいれるカゴ。
Cカゴ釣り

フカセ釣りとサビキ釣りの中間のような釣り方。
カゴにマキエとなるオキアミを詰め、仕掛とともに3、40m先に投げて釣る。仕掛は通常多くても2本針まで。
ウキから仕掛までの長さを自由に調整できる。水深が深いところでも、仕掛が重いのですぐに目的の深度まで到達する。その為、表層を泳ぐ大型の青物から海底付近にいるタイなど幅広いポイントを攻めることができる。
一般に大物狙いの場合が多く、その為地磯や離れた防波堤等の水深があって潮通しが良い場所で使う。

対象魚:アジ、サバ、イサキ、タイ、クロ、大型の青物
黒い物体がカゴ。この中におとりの餌を詰めて、魚を寄せる。ウキもこのような丸いタイプや棒状のタイプといろいろある。
Dルアー釣り

最近流行りの釣り方。ルアーと言う色々な素材で出来た魚の形を模した疑似餌などを、魚の気を引くような動かし方をしてだまして食いつかせる釣り方。

フカセ釣りしている横でこれをやられると、チャッポンチャッポンと頻繁に水面に物を投げ入れているのと同じで非常に迷惑である。フカセ釣りをしている人の近くではしてはいけない釣り方。

対象魚:スズキ、シイラ、イカなど

勿論この他にも色々な釣り方があります。