釣行日誌
2003年9月6日 微風 長潮 佐賀県唐津市 湊(みなと)
前回の釣行から、なんと4ヶ月も経ってしまいました。
ようやく久々に、ホームグラウンドの湊浜へ釣りに行って参りました。

今回は、初めて子供帯同での釣行です。「子供を釣りに連れて来ても大丈夫か?」と言う事を実験?します。

前日は、一家揃って11時には就寝し、翌朝5時に起きて6時に佐賀を出発しました。7時過ぎに湊浜に到着、残念ながら今日は潮周りがあまり良くない長潮(小潮に続き潮汐が小さい)で、この時間帯は更に良くない下げ潮(引き潮の途中)の時間帯でした。

実験の為、釣りは最もボーズリスクの少ない「アジのさびき釣り」と「キスの投げ釣り」にしました。

仕掛のセッティングを終え、最初はキス釣りの方を僕だけでやっていましたが、反応がありません。
D505iのカメラで湾内を写すが逆光には弱いらしく黒くなった。
水面を写す、黒い魚影は小グロとイサキの稚魚。
この時期なら、悪くとも中型以上のキスが数匹以上釣れそうなものなんですが、全く駄目です。

釣れなくても、キスのアタリ(魚が針に掛かった振動)があれば多少安心もしますが、それすらほとんどありません。

あ、アタリだ!とおもって引き上げてみると、針に繋がっているハリスと言う糸が、ボロボロに食いちぎられ、針が無くなっています。

フグの仕業です。普通フグは、水温が低い海を好みますので、真夏のこのあたりでは秋以降釣れる事はあっても、真夏に近いこの時期にはあまり記憶がありません。

どうも去年までと勝手が違います。ま、久しぶりに来たので確定的な事は言えませんが、これも冷夏の影響なのでしょうか。
キスが全く駄目なので、子供に魚を見せてやろうとさびきの方を開始します。

アジの魚影が全く無いので、最初からアジの方は諦めて、小魚(クロやイサキの稚魚)を釣って見ました。

丁度その頃、子供と嫁さんがやって来ましたが、子供がちょろちょろして危なっかしくて、まだ釣りに連れてくるのは無理のようです。

もっとも子供の方は、すごく楽しそうでしたが。

結果はボーズ(稚魚3匹はリリース)でした。早々に釣り終わった時刻はまだ11時でした。
このあたりの海はとても綺麗で、海水の透明度も高い。