釣行日誌
2003年4月29日 強風 大潮 佐賀県東松浦郡玄海町 外津(ほかわづ)
全く久しぶりに釣りに行きました。
子供が出来て以来、なかなか釣りに行けずにいましたが、嫁さんと子供が田舎に帰った隙に行ってきました。

この日は、晴れていて釣り日よりかと思いきや、釣り場についた頃から風が吹き始め、ついにはとんでもない強風が吹き始めました。

当初唐津の湊に行きましたが、あまりの風に釣りを出来る状態で無いと判断し、入り江の両側を山に挟まれ、比較的風に強い玄海町の外津湾に変更しました。

ここは、切り立った山に囲まれた入り江で、近くには玄海原子力発電所があります。

ここでは、イカも釣れるようです。
外津橋の下が釣り場。この場所から湾の奥側に漁港が続いている。
水面に風紋が・・・。ここまで強い風が吹くのも珍しい。
湊でメイタかそれが駄目ならキスでもと思っていましたが、外津は湊と違い、比較的水深があるのと、大潮の為流れがかなり強く、仕掛けがなじんで目的の水深に達しないままどんどん流されていきます。

フカセ釣りでメバルかアラカブでもと思いましたが、風が強いので普段の棒ウキが使えず、何もかも勝手が違います。
風で飛ばされてくる砂が顏に当たって結構イタイです。

3時間ほど粘りましたが、全く釣りにならず諦めて帰ることにしました。
復帰第一戦としては残念至極です。

早めに投げ込釣りに変更していたらキスが釣れたかもしれません。
納竿(竿を納める、釣り終わる意)の最中、隣で釣ってる人が妙なものを釣り上げました。

それは・・・。海毛虫です。
ナマコの仲間らしいのですが、全身デッキブラシのような毛で覆われています。
ナマコと毛虫を合体したような生物で、まさに「ウミケムシ」。

しかも毒があり刺されるとイタイらしい。なんとも最悪な生物。

久しぶりの釣りで、ボーズでしかもこんな物にご対面して・・・。

何とも最悪の一日でした(+_+)。
動く様はまさに毛虫。嫁はこの図を見ただけで寒気が走るらしい。