難問! モービルセッティング 
車を乗り換えたのですが、モービル局を開局している人は、一般の人が車を選択する時の考慮事項に加え、恐らく次の事項が加わる事でしょう。

1.電源がバッテリーから直接車内に引けるか
2.アンテナを設置できる(設置し易い)か?
3.電源(バッテリー)の容量は?

1と2に関連して、エンジンルームから車内へ貫通した穴が確保されているか、或いは既存の引きこみ口(グロメット)に、電源とアンテナのケーブルを引きこむだけの余裕があるかと言う問題もあります。
これらの問題は、車を買ってしまった後ではどうにもならないケースもありますので、注意が必要でしょう。

さて、我が家のレジアスはどうかと言うと、3のバッテリー容量は、105サイズ(90Ah)のバッテリーですからほぼ大丈夫です。1の問題も、事前にインターネットの記事で、グロメットからある程度のケーブルは引きこめる事は確認していましたので(実際なんとかなった)問題ありません、しかし、2の設置場所に関して、ちょいと頭が痛い問題が発生しました。
HFアンテナは、アースのことを考えフロントのボンネットに設置。しかし、この車にはある問題が・・・。
バックが青空で露出オーバー気味なので背景と被写体の境目がはっきりしないが、イカリ肩のように「く」の字型になっている。はっきり言って迷惑なデザインである。
その問題とは、フロントボンネット周りの形状です。
左の写真を良く見ると分かってもらえると思いますが、ボンネット部分とその周りの部分が、水平ではなく浅いV字形状となっているのです。

これはまずいです。ここには大型のアンテナを付けますから、しっかりとした基台を付ける必要があります。
しかしこれでは写真にあるように車体への張り出し部分の無いタイプの基台しか取りつけられません。

しかもさらにまずい事に、このレジアスのボンネット、サーフよりも随分薄い鋼板を使っているようで、MD-200を基台にセットした状態でアンテナを揺すって見ると、ボンネットの鋼板ごとペコペコゆれます(^_^;)。

この状態では怖くて走行できません。
当初は、むしろリヤゲートの方が取りつけが難しいのでは無いかと心配しておりましたが、なんのこっちは全く問題無く大型の基台(ダイアモンド K-400)が付けられました。

こっちの方がボンネットより鋼板も厚く、基台もしっかりしているので、よっぽどこっちにHFアンテナを付けようかと思うぐらいです。

このタイプのレジアスには、ハイエースノアの様にルーフキャリア取り付け用のネジ穴も無い様です。(ノアは、車体スライドドア内側にあるらしい)

モービルセッティングに関しては、もう少し色々と思考錯誤しないとだめなようです。

パート2へつづく・・・
本当は、K-400をボンネットに使用する予定でしたが、取り付けられずリヤゲートに使用しました。
アンテナ(NR-770H)の整合は前の状態のままで問題ありませんでした。