モービル運用のご紹介
 
通勤車のモービルシャックをご紹介します。
車:トヨタ サイノス
弱点:非力。すごく狭い。ほとんど2シーター。
強み:少し燃費が良い。外見スポーティー。
悩み:エンジンルームへの穴が無い。グロメットにも余裕無し。
従ってバッテリーから直接電源が引けない。
それと、どうもバッテリーが寿命っぽい・・・。だめじゃん。
自慢:なし。

元々は嫁さんが独身時代に乗っていた車で、嫁入り道具です。でも今は、僕の通勤車になっています。
リグはアルインコのDR−510HX。セッティングはごらんの通り相当いい加減です。

アンテナは、大きすぎてあぶれた、ダイアモンドのSG-7900です。

電源を直接バッテリーから取れないので、シガープラグから取っていますが、ハイパワーで送信すると電圧低下が激しく送信できなくなります。
そのうち何とかしようと思っております。
夜に撮った写真がなんとなく車のカタログっぽくて少しカッコ良かったのでおまけで載せます。

どうも、DR−510HXは430が死亡している気がする。

通勤時間が割と短いので、ゆっくりQSO出来ないのが残念です。

通勤時間にワッチだけでもすると、誰がどの時間帯に出ているのかなんとなく見えます。

僕が聞いているのは、朝は9時ごろ、夜は18時〜22時ごろまでと、かなりばらつきがあります。

 先代モービルシャック(ハイラックスサーフ)はこちら
 本家モービルシャック(レジアス)はこちら
 現在の通勤モービルシャックはこちら