モービル運用のご紹介
 
先代モービルシャックのご紹介。
 非力でしたが、我が家の為に6万キロも走ってくれたサーフです。 有難うサーフ君。
車:トヨタ ハイラックスサーフ
年式:古い  馬力:弱い  燃費:まあまあ・・・
弱点:高速道路の上り坂
強み:普通車じゃ絶対行けないような所に行ける事。
    でもそんなところはめったに無い
悩み:どうやらEFIとエアコンのコンプレッサー周りから
    ノイズが出ていてHFの運用に支障をきたしている。
    特にエアコンのノイズは超強力。
心配事:先代のサーフは、エンジン(2L−T)のシリンダーヘッドから
    ガス抜けして、ラジエターお釈迦になって廃車となったが、
    この車のエンジン(2L−TE)も、いつ同じようになるか高速道路を
    走ると水温計とにらめっことなる
自慢:バッテリーが超強力。75サイズのバッテリーを2個搭載している
    のでちょっとやそっとではヘタル事が無い。ただし両方同時に交換
    すると正価で6万円、値引いて4万円弱かかる。
    また、過去に経年劣化によるバッテリー上がりを経験したが、
    普通の車とブースターケーブルで接続して発動しようとしても、
    セルをまわすのに相手の車がヒーヒー言うほどの負荷だった。
    (この時は相手に24V車でないのを説明するのに大変だった)
リグはアルインコのDR−510HXを常に搭載し、HF運用時にのみTS−680Vを搭載しています。

リグは、特に固定していません。TS-680などは置いてあるだけです。DR-510HXは、シートとアームレストボックスに挟めてあるだけです。

電源は,バッテリーから直接引いています。リグのヒューズ以外は直結ですので、ヒューズボックスを作らないとヘタしたら車両火災になる可能性がありますので、改善を要します。
アンテナは、ボンネットにダイアモンドアンテナのMD−200(写真はMDC-40装着時)を設置し、後部タイヤキャリアにはU/V用のダイヤモンドアンテナSG-7900を設置しています。

SG-7900は性能に関しては申し分無いですが、アンテナを立てたままだとマンションの駐車場の天井に当たってしまうのが弱みですので、普段はNR-770Hをつけています。


HFアンテナの基台は、ボンネットと容量結合するように、裏にアルミシートを張っています。

 本家モービルシャック(レジアス)はこちら
 現在の通勤モービルシャックはこちら
 前の通勤モービルシャックはこちら