当局のアンテナご紹介
アパマンハムが一番泣かされる要素、それはアンテナでしょう。何せ建設スペースがほとんど無いですし、所によっては
アンテナの設置自体が禁止されているところもあるでしょう。やれ美観だ管理規約だとがんじがらめの中、皆さん
苦労していらっしゃる。僕のアンテナ群もそんな苦労の塊です。

バンド 説明 画像はクリックすると
拡大版が見られます
HF〜VHF 「釣竿」+「AH-4」アンテナ。
言わずと知れたアイコム製。AH-4は正しく設置できれば、魔法の箱。

設置記事はこちらにあります。
U/VHF 144Mhz 5エレ/ 430Mhz 15エレ 八木アンテナ
共にダイアモンドアンテナ製
もともとは移動運用なんかで使うタイプの物なのでしょう。エレメントを止めるネジは、全て蝶ネジです。いずれもオークションで購入しましたが、430の方は程度が悪かったので、給電部を除いて完全に分解清掃しました。
アパマンハムの為、エレメントは壁の色と同色にペイントしてあります。

HF 7・21・28Mhz 超短縮L型アンテナ VA−30
コメットアンテナ製
ほとんどモービルアンテナをくっつけて作ったようなダイポール(L型)アンテナです。全バンドを上手く整合させるのが結構面倒で、雨が降るとかなり整合がずれてしまいます。100W+21MhzのSSBでアルゼンチンまで飛んだので、全く飛ばないわけではないようですが、フォーンでは苦しいです。
帯域が狭いのでカップラーやリグ内臓ATUのお世話にならないと、非常に狭い帯域でしか運用できません。
U/VHF 144/430Mhz GPアンテナ X−30
ダイアモンドアンテナ製
このマンションで最初に立てたアンテナです。エレメントは壁の色と同色にペイントして目立たなくしてあります。
八木アンテナは東北東を向いていますので、反対方向の局や、相手がどこからQRVしているか分からない時などに使用しています。