「ヘンテナテスト」移動運用の実績
2004年2月21日 佐賀県小城郡小城町 天山駐車場
ヘンテナ用のバランが出来て、なかなかテストできずにいましたが、ようやくテストする時間が出来ました。
もともと、テストできなくなっていた理由は、中継コネクタ(MJ-MJ)が二個あるはずが二個ともどっか消えてどこをどう探しても見つからなくなっていた為、バランとフィーダーを繋ぐ事が出来なかったのでテストできなかったのです。

で、またまたよせばいいのに唯のテストで天山の駐車場(標高850mぐらいか)まで、わざわざ登ってきました。
いつぞや登った天山の駐車場とは別の場所で、ここの方がやや標高が低いですが、見晴らしはこっちの方が上のようです。
じつは、デジカメ忘れました。でも携帯カメラがあってよかった〜。画質悪いけど・・・。
午前中に皮膚科に行って、家に帰って昼飯食べて、更にホームページの更新をしてから山に登ったもんで、駐車場に着いたのがもう3時過ぎ、いつものモタモタ運用です(笑)。

でもそこはもう3度目、ヘンテナの展張、セッティングはとってもスムースで、15分ほどで立ち上げ完成です。

今日は時間もあまり無いし、風もさほど強く無いし、ポールを伸ばさず、ノーステーで設置です。

二度ほど給電部の調整をした結果・・・。

やりました、ようやく満足できる程までSWRが下がってくれました。大体1.2か3まで落ちました。
とっても嬉しいです。昨年末頃から足掛け1年、4ヶ月ぐらいかかってようやく実用程度まで持ってくる事が出来ました。

シュペルトップバランがうまく動作しているのがなんとも言えず嬉しいです。
せっかく馬鹿のようにこんな山の上まで来ましたから、運用してみます。シーズンと時間が時間だけに、呼ばれたらラッキー状態です。

で、CQを出した結果、長崎市内、熊本県菊池市、宇土市の合計3局の方とFMで(50MhzFMのQSOは多分初めて)交信できました。SSBの方は全く駄目でした。

こういう時、呼び出し周波数って有難いですね。

ヘンテナの受信感度も良好です。これで、今年のシーズン、50Mhzで運用する楽しみが増えました。

本日の交信数は少なかったですが、実り多き日でした。
見えますでしょうか?なんとかここまで持ってきました。