インターフェア対策
 
アパマンハムでありますので、この問題は特に真剣に取り組まなければなりません。
今は10Wですから、そう気にしなくても大丈夫だとは思うのですが、マンションの管理組合に対して
将来正式に運用許可をもらう事を考えて、知り得る知識・出来得ることの最大範囲で対策をします。
ここでも、前出の原岡氏の著作「アパマン・ハム・ハンドブック」が大変参考になりました。
施した対策
高調波・コモンモード対策 COMET LPF50L
通過周波数 1.3Mhz〜55Mhz
こいつで高調波とコモンモードループをやっつけます。プラスチック製の筐体で多少安っぽいですが、CMFと一体型なので選びました。アースはとっていません。ヤフオクで入手。
コモンモード対策 TDK?製200mm20mmφのフェライトバーに安定化電源のACコードを18回転巻き。巻き数等はいい加減です。電源コードの余長が無いくらい巻いています。このフェライトバーを、何も知らない人が見たらきっと文鎮と思うでしょう・・・。
フェライトバーはヤフオクで入手。
コモンモード対策 TS−680Vの電源コードを、TDK製スナップオンタイプ33mm30mmφコアに1回転巻き。
5個セットでヤフオクで入手。
このコアは、家の電話線や、ADSLのラインにも使っています。ADSLは、ノイズ減少による通信速度向上を期待しましたが、効果ありませんでした。
電源ノイズ・コモンモード対策? シンワ製の古いACラインフィルタ SLF−5
電源ノイズ対策が本来の目的だが、CMFとしても動作してくれることを少し期待。
こいつもヤフオクで入手。
とりあえずこんな感じで対策して免許が来るのを待ちます。