オークションって微妙・・・
 
さて、局免許をさっさと申請したい所ですが、無線設備が無ければ出来ません。
U/VHFのトランシーバーは持っていますので、まずは申請のためにHFトランシーバーを
調達せねばなりません。

さっそくオークションを覗いて見ますと・・・、
おー、なんと僕は浦島太郎。無線機の型版を見ても、さっぱりどんな無線機なのか分かりません。
まずは、各社の無線機のお勉強からです。

検索サイトで、お目当ての無線機を検索し、その無線機の特徴や長所・短所を大まかですが知る事が
出来ました。そんな中、僕が無線を始めた頃や、それ以前の無線機のカタログを掲載してあるサイトを
発見。懐かしさに浸ったりと、随分寄り道しました。
(部屋の片付け中にアルバムなどの懐かしい物を発見し、ついのめりこんでしまう状態(^_^;))

そうやって、あっちゃこっちゃ引っかかりながら無線機のお勉強しました。
価格調査は、オークションを観察し、その無線機の発売当時の定価やオークションでの
大体の落札価格、商品の程度による値段の差などを大体掴みます。
僕は、ヤフオクを主に使っていますが、ウォッチリストに目当ての商品のオークションを蓄積して
落札価格の傾向を見ていました。

あと、オークションでは結構気になる出品者の評価。これ、結構面白いんですよね、調べると。
たまに*毒電波受けているような変な人がいるし・・・。
オークションの評価って、人となりをあらわしている所が多分にあります。
過度に神経質な人は、ちょっと避けたいです。あと、*マイルール押し付け君もえんがちょ。

その人の評価や商品のキャプションをよく読んで、そう言う地雷な人を踏まないようにします。

さて、オークションのお勉強をしつつ、目当ての無線機をケンウッドのTS−680VかTS−670に
絞りました。両機とも発売後十数年以上のオールド機ですが、価格相場と予定している運用バンドを
網羅しているので現在の僕にはちょうど良いです。
TS−680VやTS−670は、たまにオークションに出品されており、何度か入札したのですが、
どうも最後の一歩が踏み出せず、なかなか落札出きません。

このままではいつまでも落札出来ない=開局申請すら出来ないので、思い切って粘って
ようやく落札しました。落札したのは、TS−680Vです。

*毒電波: どうしても気になる人は、自分で検索してみましょう。僕が初めてこの言葉を目にしたのは
10年以上前の漫画で、相原コージ作「サルでも描ける漫画教室」でした。
ちなみに当局は、毒電波の受信も送信もできませんので悪しからず(笑)
*マイルール
押し付け君:
オークションサイトの規約に無い自分勝手な取引条件(だいたいうざい内容の場合が多い)
を押し付けてくる人。マイルーラ押し付け君ではない。