癌闘病からの社会復帰 (仕事復帰) パート1


私の仕事

      ファッション・アドバイザー(メーカーの派遣社員)
      
      勤務時間   1日8時間(拘束9時間・休憩1時間)
      お休み     週休2日
                だいたい、水・金がお休みだよ〜§^。^§

☆社会復帰後  1日のスケジュール☆

7:00頃 起床
朝食
落ち着くまで体を休める・ウサギの世話
会社へ行く準備
9:30 職場へ(歩いて10分の所)
10:00 出社
 |
19:00 帰社・帰宅
19:30頃 夕食
パソコン(メールチェックetc・・・)
22:00頃 ウサギの世話(遊んであげる)
23:00頃 就寝





 会社のお昼のメニュー


  会社は従業員食堂があり、定食が2パターンと単品(うどん・お蕎麦・ラーメン・おにぎり)がある。
  しかし私は、塩分制限などいろいろしているので、お弁当を持って行っている。
  会社の仲間も、節約の為お弁当を持ってくる人が結構いるので別に目立たないので良かった。

  さて私のお弁当の中身は。。。
   ブロッコリー・ジャガイモ・サツマイモ・カボチャなどをレンジでチン〜♪したもの。。。
   ピーマン・ナス・シメジをオリーブ油で炒めたもの。(禁断のポン酢でいただく)
   牛蒡・レンコン・人参などの炒め煮(減塩醤油・黒砂糖・昆布だしで味付け)
   プチトマト3個ぐらい。
   玄米ご飯
   食後にティーパックのカモミールティ

  休憩時間は市販の人参ジュースを飲む 

  ついつい家にいると自分の為なのに、自分に甘くなってしまって、食事制限が疎かに
  なってしまいがち・・・。今、会社のお昼が一番食事療法になっている。(^^ゞ



 私が思う、癌になって手術し、仕事に復帰した人への接し方について
         (私の会社はメーカーなので、仕事先は取引先の会社
                             会社の人とは、取引先の会社の人の事)
   

  癌って、手術した後も、再発・転移の不安がつきない。
  会社の人、友達、親戚の人、その他いろいろな人と話していると、
  癌という病名は知っていても、病気の内容については
  無知な人が多いなぁって思う。
  私自身も病気になるまではそうだった。。。
  
  情報社会の中、いろいろTV・本などで、癌についてとりあげられているけれど、
  手術して腫瘍をとったら大丈夫だと思っている人が多いなぁって感じた。
 
  手術し復帰した人、転移して不安に思っている人に対して、
   元気付けようと思って言うのだろうけど、
  「大丈夫」「大丈夫」って言うのは、やめた方がいいと思う。
                              
  だって、医者も大丈夫かどうかわからないんだから・・・。

  病気のことをわかっていない人が、なんで大丈夫だって言えるねんって、
  「大丈夫だよ〜」って言われるたびに思った。
   そういう時は、いらない事は言わないほうがいいと思う。
  見守っていてくれるだけで有り難いのではないかな〜。(人によるかもしれないけど)
 
  私が肝臓に転移(とりあえずその時点では1つ)と言われてショックを受け、
  情緒不安定なときに「1つで良かったやん〜」と言われ、「へ?」って思ったことを
  思い出した。
  1つでも出来た場所によっては手術できないし、大きさもどうかわからないのに
  よくそんな事を言うな〜て思ったよ。

  それから、病気について、なんだかんだ興味本意でいろいろ聞いてくる人もいるけど、
  女性の多い職場ならでは?かな?
  今の所、会社にそういう人が何人かいる。
  心配して聞いてくる人は別にいいけど、、興味本意で聞いてくる人は、嫌いだぁ〜。
     (興味本意で聞いてくる人たちは、仕事のグループの仲間の中でも
    ずけずけ人の事を考えないで喋るから、あまり好かれているようではないけど)
  まあ、何処の職場にも何人かはそういう人っているけどね〜。

  こちらの心に余裕がない時は、何気ない一言が、受け入れられない 「え?」 って思う
  事もあるので、余計な事は言わないほうがいいと思う。

  2005年契約更新♪
  
  仕事。。。去年は、2ヶ月しか休職期間は認められていない中、2ヶ月半休職させてもらい
  年末から復帰。
  今年はインフルエンザで休んだり、検査でひっかかって、病院検査の為休んだり…
  こんな状態なので、契約更新は難しいかぁ〜って思っていたけど、会社の営業の方、
  部長の配慮で、更新してもらう事が出来た。有り難いことだ〜。感謝!感謝!
  私にとって、仕事がやれるって事、生きる希望につながっている。
  仕事や仲間、社会的なつながりが支えになって、頑張って生きなくっちゃ〜て思うよ。(*^。^*)
  体の中も戦場だけど、仕事の売り場も戦場。。。
  売り上げの悪いお店は撤退になるから、頑張って売らなくっちゃ〜。。。(3月末)

  整理解雇の対象となる?の巻

  契約更新してもらえたし、良かった♪良かった♪もつかの間・・・
  3月の生検の遺伝子の結果が悪く、また再検査に・・・
  4月11日。。。会社(取引先)の食堂から桜と雪柳、木蓮が咲いているのが見える。
  最近は少し暖かくなり、体調も良くなってきたので、仕事も順調♪
  気分良く♪♪していたら、営業の人と部長が来られた。
  営業の人に、この前メールで、私の病状の事
   (急に治療で仕事を辞めますと言うと会社に迷惑がかかるので、
  再検査になった事と検査結果次第で、治療しないといけなくなるかもしれない事
  (これは検査のたびに言っている))を連絡したからだった。
  会社としては、検査のたびに、いつ治療に入るかわからない私を置いているのは
  お荷物で迷惑なんだよね。
  私の体調を心配して…って言っていたけど、5月末ぐらいで契約をいったん切ろうか
  という話だった。
  具合が良くなれば、違う販売員のいないお店に移ったらいいから…と言われた。
  次の検査で結果がどうであれ、会社を辞めてくれと言われるなんて…
  売り上げが悪くて、態度が悪くて辞めてくれって言われるんだったら仕方ないだろうけど、
  病気は私のせいではない…。、 
  なんの為に休職して、「まだ無理だ〜」って言われる中、痛い思いをしながら
  復帰して頑張ったんだろう?
  辞めなくてはいけなくなるんだったら、休職する必要がなかった…
  いろいろな思いが込み上げ、喫茶店で話をしていたけど、その場で泣いてしまった。
  悔しくて、悔しくて・・・。
  
  いつ具合が悪くなるかもしれない人は、会社にとって迷惑な存在だもんね〜。
  健常者だけが、働けるっていう環境を変えたかったけどなかなか難しいのかな〜。
  私が悪くて病気になったわけではないのに、「すみませんね〜」「迷惑ばかりかけて…」
  って毎回言うのも、正直疲れた…。
  
  モヤモヤした気分だったので、いろいろな人にこの思いを訴えてみる。
  
  私は迷惑をかける事を気にして会社に状況を言っていたけど、
  皆には「馬鹿正直に言うからや〜結果が出るまで黙ってたら良かったのに〜」って言われた。
  「もし結果が悪くて辞めなくてはいけなくなっても、
  普通の人でも急に辞める事だってあるんだし、
  会社は個人商店ではなく組織なんだから緊急事態に対応できるはず。
  ただ、これから先がわからない病気の人を置いておいていらない気を使うより、
  普通の人を置きたいから、こんなメールが来たし話するのにちょうどいいと思ったんだろう…」
  と私の会社の内情に詳しい人からは言われた。
  
  実際の所、経費削減のため、売り上げの悪いお店の販売員をカットして、
  商品だけお店に置かしてもらう予定だった。
  
  
  捨てる神あれば、拾う神あり?

  この見捨てられそうな状況の中、「うちの会社に来るか?」と言ってくれる人
  「今の仕事先(取引先の店)に交渉してあげようか?」など、
  仕事をする、しないは別として、そう言ってくれる気持ちが有り難いな〜って思う。


  会社側から、その後、
  「5月末契約打ち切りの話は、総務で凍結しました」
  「検査結果が問題なく、そのまま働けるのであれば、私次第で働いてください」と言われる。
  
  休んでばかりいて仕事にならなかったら問題だろうけど、今現在、
  普通に仕事をしているのに、なんでこんな扱いを受けないといけないのか?
  健常者と違って、これからも検査結果次第で辞めなくてはいけないかもしれない
  半病人状態では、理解のある会社でないと、仕事するのは難しいのかな?

  会社を辞めると決めて、心新たに違う方向へ前進!!って思っていた休みの日に
  取引先の課長からTELがある。
  課長は久しぶりのお休みの日なのに、わざわざ私の会社に連絡を取って、
  話し合いの場を持ってくださった。
  取引先の課長・私の会社の部長・私の3人でお話をする。
  私のために、ご尽力下さった取引先の課長の心を無にしては申し訳ないので、
  それに答えられるよう、自分の会社のほうは、仕事は仕事と割り切って
  もう1度頑張っていこうと思う。
  その後、取引先の課長に、「自分に素直にね〜」って言われる。
  「辞める」って言っていたけど、
  本当は仕事がしたいんだ〜っていう気持ちをわかってくれていた。
 
  1月末退社
   
  会社とは、仕事上でもいろいろと問題が起こるし、ギクシャク状態が続く…。
  そして会社から「表向きの理由ー売り上げ悪いから次の契約更新なし」と言われ
  1月末で退社する事になった。
  <会社側の本当の理由> 
   いつ具合が悪くなるかわからない病人は辞めてもらおう。
   おまけに、会社に問題点などいろいろ提議する販売員は可愛くない〜と個人的に嫌われた為。
   私は目の上のタンコブなのだ〜(笑)
   昨年の5月、契約期間中なのに「病気を理由」に解雇しようとして失敗したので、
   今回は契約のきれる1月31日を確認して、理由も「売上げ」を原因に変えて言ってきたのだ〜。
   うちの店より売上げの悪い店はあり、売上げ原因ではないのだ〜。。。

   会社のやり方は良い気はしないので、
   取引先の応援もあり、力をかりて対決してやろうか?と
   思っていたけど、取引先には迷惑かかるし、
   「もめて居残っても決して良い結果は得られないよね〜」って言う事で、
   ここはひとまず退散する事に。 無駄な労力を使う必要なしと判断。

      
  嬉しかったパートさんの一言

   私が落ち込んでいたとき、
   「○○さんが、再発の不安の中、痛い思い、苦しい思いをして手術を受け、
  無理をしてでも早く仕事に復帰して前向きに生きよう!!って頑張っているのに。
  こんな事で辞めさせられるんだったら、休職する必要ないやんね〜。
  無理して年末から復帰する事もなかったやん。
  去年から一緒に仕事してきて、一番わからないといけない人(営業)がわからないなんて…」

  などなどetc…、
  私が必死で頑張っていた事を認めてくれる人が身近にいてうれしかった。(*^。^*) 

   
   今だから書ける事・・・

    今だから書けるけど、今年の3月 4月は自殺も考えるほど悩んだ・・・。
    この頃周りの人からは、「強いですね〜」など言われていたけど・・・。
    2004年癌が再発し、11月に手術を受け、2ヶ月半休職して復帰し、
    2005年春、検査でひっかかり、
    「再検査になり結果次第で治療になるかもしれません」と言うと、
    売り上げが下がると困るなどいろいろ言われ、5月で辞めてくださいと
    言われたのには、生きる希望で仕事をしていたのに、ショックだった。

    そうでなくても、再検査になった事で、また転移?となると、治療しても
    今年生きれるのか?どうなんだろう?、本人も家族も不安で
    家の中は暗い大変な時期なのに、会社から辞めてくれと言われ、
    「なんでこんな時にこんな仕打ちを受けないといけないの?」
    「忙しい年末に休職させてもらって会社には感謝していたので、
    休職後、術後の傷も痛いけど、必死で少しでも会社の為に売り上げが
    上がるように頑張っていたのに・・・」
    鬱状態になり、人間不信になった。(今でも会社の人には不信感あり)

    癌で自殺しようとする人、した人の話は、いろいろ耳にしていたけど、
    自分がそうなるとは思わなかった。
    私の場合は、多くの相談できる人、親身になって聞いてくれる人が
    いてくれた為、今日の自分がある。感謝感謝。 

    
    休職からの仕事復帰 (これも運?かな)
      
    職場の上司の考え方次第で、復帰できるか退社かが決まるんだなぁって思う。
    リスクのある人より健常者の方が雇う方としたらいいに決まっている。
    「ちゃんと働けるのか?」と思われたり、 Drが「働いて大丈夫だ」と言っているのに、
    「倒れられたら大変だ〜」とか、勝手に判断される。      
    癌に限らず、病気仲間と話をしていると、
    休職から復帰したら、通うのが大変な場所に転勤命令が出たりして、
    辞めざるをえないようになったとか、
    復帰しようと会社に行ったらもう自分の居場所がなかった・・・など、
    いろいろ病気差別を受けているみたい。
    部下は選べても上司は選べない・・・。
    「前向きにみんなで助け合ってやっていこう!!」という考えの上司ならラッキーだけど、
    「自分さえ良ければ・・・」自己中心の考えの上司あたったら最悪。。。
    これも運なのかしら???


     病気で治療中以来、「仕事復帰」を生きがいに頑張ってきたけど、
     ここら辺で休憩するのだ〜♪神様がくれた休息の時間と思って・・・♪
     病気後、今の仕事に就いて3年弱、会社を休んで迷惑をかけては駄目だから、
     体調管理には気をつけて、休みの日は休養の日にして、行きたい所も次の出勤に
     支障が出たら困るし、体に負担がかかるからと行かなかったり、
     他にもいろいろ制限をしていたので、
     これからしばらく 「自由」 を満喫しようと思っています。
     
     まずは、精神的にリラックスして、これからのことを「前向き」に考えることにします

     スローライフ(ロハス)を目指して新しい出発!!
                                        2006年1月31日  

     取引先の皆様へ
     いろいろと有難うございました。
     みなさまのおかげで、2年10ヶ月、どうにか今日まで勤めて来られました。
     心より感謝しています。(*^。^*)

     
     
     頂いたお花 (菜の花・桃の花・チューリップなど、春らしい可愛いアレンジメント)
              その他いろいろ頂きありがとです。 (=^・^=)