YUKAの直腸癌日記

 入院になるまで、 入院から退院まで




2001年8月に直腸ガンがわかって、2001年8月21日に入院、9月3日に手術しました。
<発見!>
1999年秋頃から、便に血が少しついている事に気づき、病院で注腸造影検査を受けるが、
発見されることはなかった。
一時安心しましたが、念の為しばらく自分で便の観察をしていると、
どうも毎日、血のすじがあるような・・・。
又、2000年にはいってすぐまた検査を受けたが発見されない。
2001年7月の終わりに大量の出血があり、
今度は大腸ファイバースコープ(内視鏡)検査を受け発見される。
(内視鏡の検査も終わりに近づいた頃、、
検査の先生が、「これじゃー病名もつかないよ」と言ったと思ったら
「ん?」「うわー」「外科の先生呼んできて〜」・・・・・。)

ここから、YUKAのガン誕生ストーリーのはじまりなのだ。


検査後、医師に診察を受け「がん」と言う言葉はなかったもののガンである事はすぐ察しがついた。
驚きはしたけれど、そのときは比較的冷静だった。というより、何も考えていなかった。
その後、直腸は難しい手術(肛門括約筋温存手術)の低位前方切除術。
直腸を切除して、骨盤の中で腸を吻合(縫い合わせる)手術。
この手術は狭い骨盤内で行われる為、高度なテクニックを要する)だと言う事、
手術後のケアー(抗がん剤治療や放射線治療になった時の事を考える)
又もしも・・・のときの事「あの病院で手術していれば・・・」と後悔の無いようになど、
いろいろな事を考えて、大学病院で手術する事になりました。


検査でガンとわかって入院までは、ガンに関する情報をインターネットで調べたりしていた。
直腸ガンなので、もしかすると人工肛門になるかもしれない為、ストーマの事も調べたりする。
そして、大学病院に2週間ベッド待ち後、入院。一通りの検査を受ける。
中学2年の時(アデノイドと扁桃腺の手術)以来の入院だ。

お部屋は、6人部屋で、おばさんばかり・・・。そして私のお部屋の人は、乳癌の人が多かった。
しばらく入院していると、新しい人が入ってきて、「おっ、同じぐらいの年!」と思ったら、
ヘルニアだった。 同じガン仲間ではなかった。

術後1日目から、車椅子でレントゲン室まで行く。「動け、動け」、「歩け、歩け」
動いたら癒着がふせげるし、治りも早いから、とにかく動きなさいという事らしい。

術後6日目、痛み止めのせいか、お腹、背中、股のあたり、足に湿疹ができてかゆい〜・・・。
夜になると、今度は急に吐き気におそわれ、夜通し吐きつづける。夜中に吐き気止めの点滴、
筋肉注射3本をうってもらうが効き目なし、吐きすぎてぐったりする。
次の日の朝から検査をして、腸閉塞であることがわかり、夕方から緊急手術をすることになる。
抜糸が半分終わったところで、また開腹することに・・・。とほほ・・・。

手術後気がつけば、また鼻から胃までのチューブが・・・。傷口よりもこちらの方が苦しい。
主治医の先生は、なかなかチューブをとってくれそうになかったので、このままではまた
1晩苦しい思いをするーっと思っている所に教授が来てくれた。
「もしかしたらぬいてくれるかも♪」と思って、頼んだらぬいてくれた。
教授が神様、仏様にみえたよ〜。(^○^)
そのうち、傷も今回は硬膜麻酔が緊急手術だったのでできず痛い。
「苦しい、痛い、かゆい」で最悪!!

そして、術後16日目、今度はガスがたまり、普通食になっていたのに、また点滴だけになる。
普通食になった頃に具合が悪くなり、点滴ーおもゆーおかゆを繰りかえしてきたので、
おもゆ、おかゆは見るのも嫌になった。



YUKAのガン

肛門から7cmの所に腫瘍ができた。
腫瘍の大きさー33mm 深さー筋肉に達する
細胞検査の結果   デュークスC、ステージ3期、リンパ節転移あり
             進行癌
             リンパ腺第1群
             大腸がんの組織 中分化型



   入院日記        8月21日〜10月14日

8/21
入院 レントゲン(胸・おなか)
血液検査
台風で風がすごかった。
22 エコー腹部検査
肺機能
心電図
子宮に小さな筋腫あり
23 注腸XP 便が出にくく2回も浣腸した。
トイレの一日だった。
24 CT造影(おなか)
25 外泊
26 外泊
27 産婦人科受診
エコー検査
タイガン検査
手術後に必要な物などの説明あり。
28 泌尿器科受診
膀胱鏡
CT造影
内視鏡検査(大腸)
今日の検査は痛かった。
膀胱鏡の検査は痛かったし、終わってしばらくすると、
排尿時に不快感が…。膀胱炎になりかけた。
29 CT(胸) 手術の説明・お昼から熱が出る。
30 採血 麻酔科の説明・術後の抗癌剤の説明

/1
毛ぞり・昨日は変な夢をみる。
「通り魔に刺されて、「救急車を呼んで〜」と言っている夢
手術 8:30出発! ストレッチャーに乗って手術室へ
手術室の入り口は9時00からの手術の人で大混雑。
足のふだがなかったら、誰かわからなくなりそうだ。
手術台の上にころんと転がって、その後麻酔の先生に、
「エビになって」と言われ、背中から麻酔をされる。
「点滴から眠り薬を入れますよ〜」と言われ、
口にマスクをされる。
「・・・さん」とおこされる。
「エッ」もう終わったの?というぐらい本人は短く時間を感じる。
実際には7時間30分過ぎていた。
喉にクダを突っ込まれているので、
息苦しくて早く取って欲しかった。
おなかの痛みは、麻酔のおかげでそう痛くない。
術後1日目 朝は処置(ガーゼ交換)
レントゲン(胸・おなか)
ドキドキ、バクバクしていたら、「ふるえてる・・・」と言われる。
痛いのでレントゲンを撮りに行くのに車椅子に移るのが
大変だった。「ヒーヒー」状態で母に車椅子を押してもらう。
   2日目  処置
おしりのせんをぬいてもらう
夜中点滴が漏れて手がパンパンに腫れる

   3日目 処置 痛み止めの点滴をしてもらう
散歩 詰め所まで歩く
   4日目 処置
右ドレーンぬく
硬膜麻酔の針をぬく
便があまり出ない
散歩少しづつ距離を長くする
   5日目 処置 点滴されたくないので、食事を全部食べる
先生に「おなかが痛くなったら困るので無理に食べたらあかん」
と言われる
   6日目 処置
左ドレーンぬく
痛み止めのせいか、おなか、背中、足に発疹が出る
10    7日目 処置
抜糸(半分)
採血
導尿はずす
導尿をはずすが、尿をしたいという気持ちはいまいちなし。
きばると便もでてしまう。
おしりがちょっと痛い。
夜吐き気で苦しい。
筋肉注射3本うってもらうが苦しい。
11 再手術 腸閉塞
夕方から手術
朝から検査etcで苦しい。
吐きつづける
直腸がん術後7日目、腸閉塞(イレウス)に…。
9月10日の夜。
就寝前ぐらいから突然吐き気をもよおし、宿直医に吐き気止めの点滴や、筋肉注射を打ってもらっても効かず、
朝までずーっとひたすら耐える。。。
9月11日の朝。
主治医が来てからイレウス症状の治療。。。恐怖の生き地獄の始まりである。
たびたびの吐き気で、すでにぐったり状態の所、透視室に連れて行かれ、
太〜いチューブ(イレウス管)を鼻から腸まで入れられ、その後、大量に水でも投入されたのか?
よくわからないけど、口からゲロのような液体が大量に出てきて「オェー」「グェー」ヴェー」。。。
腸を開通させる為の治療だったのだろうが、長い時間、まるで水攻めの拷問のようなひどい目に遭った。
そばで見ていた研修医と看護士さんが私の親に「可哀想だった」というぐらいだから凄い状態だったと思われる。。。

髪の毛、背中の辺りまでゲロまみれになって、苦しくて苦しくてぐったり状態。。。
こんな苦しい思いをしたのに、私の腸は改善せず、夕方からの緊急手術。。。
直腸癌術後の抜糸が半分終わった所のお腹をまた開けることに。。。トホホ。。。
「今度の手術はリスクが高いです」と言われていた手術は無事終了したけど、その後も生き地獄。。。
麻酔が醒め、気がついたら、また鼻から太〜いチューブが。。。
ただでさえ術後苦しく痛いのに、イレウス管が挿入されていて、さらに苦しさパワーアップ。。。
12 夜、あまりの苦しさにイレウス管をぬいてくれるように
主治医に言ったが聞き入れてもらえず。。。
このまま一晩管をつながれたままでは苦しくて死ぬ〜〜〜。
って思っているところに教授が来てくれた。
ラストチャンス!一晩生き地獄にならない為にもお願いせねば…。
必死で訴えたら、教授はぬいてくれた。
ぬいてくれた教授が、神様仏様に見えた。

26
しんどい日が
続いたので
日記は
書けなかった。
しばらく点滴だけの日が続く。。。
おもゆ→おかゆ
27 ガスがたまる。
また点滴だけに…。
おもゆ→おかゆ
10
/9
やっと普通食になる
10 抗癌剤
開始
初めての抗がん剤治療。
抗がん剤治療の副作用の吐き気は大丈夫か?
とても気になる。
14 退院





   入院中の食事       




朝食 昼食
8/21

エビドライカレーライス
ポークケチャップ添え
温野菜
白菜スープ
ピーチ、パイナップルの
ヨーグルトソースあえ
魚焼いたの
ほうれん草のおひたし
ごはん
きゅうり、にんじん、ジャガイモのあえたの。
何味???
22 ご飯
(梅のソースがついていた)
お味噌汁
はんぺんの煮たの?
ジュース
牛乳
ご飯(ゆずみそつき)
肉じゃが
茶碗蒸(具無し)
牛乳
ご飯(かつおみそつき)
魚味噌漬焼き
おふのおすまし
(注腸XP用の食事)
23 朝は延食
便の出が悪く時間が
かかったのでなしになった
(注腸XPの為)
エビ2匹とはくさいのおひたし
ご飯
鶏肉といり卵の煮つけ
ふりかけ
ご飯
シャケ
温野菜
ナス、ピーマン、こんにゃくの味噌煮
ブロッコリーのごまあえ
24 絶食(CTの為なし)
冷やしうどん
カレイの揚げ物
にんじん、かまぼこ、小松菜の和え物
みかん
お家でご飯
27 レーズンパン2個
野菜とエビの煮たの
牛乳
みかん2個
チラシ寿司
おふいり赤だし
厚揚げの炊いたの
野菜のおひたし
シャケ
きのこと野菜の炒め物(カレー味)
マヨネーズサラダ
さといも、野菜のとりそぼろあんかけ
ご飯
パイナップル、モモの缶詰
28 ごまパン2個
シーチキンいり野菜サラダ
牛乳
チーズ
バナナ
ご飯
ナスのとりそぼろ味噌煮
アサリの佃煮
おそば入りおつゆ
白身魚のから揚げと
シシトウのす揚げ
ハンバーグ温野菜のつけあわせ
ご飯
ダイコン、にんじん、はんぺんの煮物
はくさい、きゅうりのごま油あえ
29 パン
ハムのマリネ
ナシ
牛乳
ざるそば
魚の焼いたの
おくら、野菜のあえもの
ぶどう
ブロッコリーごまあえ
ヒレカツ
野菜のあえ物
ひじきの煮物
しそご飯
30 パン2個
ゆで卵
グレープフルーツ
牛乳
おでん
焼き魚のみそかけ
きゅうりの塩もみ
ご飯
野菜の酢の物
ワカメご飯
野菜スープ
金時豆の煮たの
鳥のから揚げ
温野菜
31 食パン2枚
ソーセージ入り野菜サラダ
ぶどう
牛乳
親子どんぶり
赤だし
はんぺんと野菜のごまあえ
スイカ
八宝菜
春雨サラダ
かき揚げ
ご飯
ふりかけ
9/1

パン2個
ハムたまねぎサラダ
牛乳
バナナ
茶碗蒸
野菜の煮たの
シラスと小松菜のおひたし
ご飯
魚の焼いたの
おからの煮たの
エビと野菜のサラダ
ご飯
クロワッサン2個
野菜とシーチキンのサラダ
牛乳
ぶどう
オムレツ
ご飯
高野豆腐と大根とにんじんの煮たの
小松菜のおひたし
あさりのしぐれに
3日は手術の為なし
点滴がご飯
点滴がご飯
点滴がご飯
点滴がご飯
おもゆ
お味噌汁(具ナシ)
豆乳
オレンジジュース
(1/3)食べる

おもゆ
お味噌汁
茶碗蒸
オレンジジョア
ポタージュスープ
おもゆ
卵スープ
牛乳
3分がゆ
お味噌汁
おかず(なんか黄色っぽい
おろしたような物?)
アップルジュース
牛乳
(全部食べる)
3分がゆ
鳥と小芋のミキサー食
大根、にんじんのミキサー酢の物味
いり卵
(おかゆ半分残す)
ジョア
魚みそソースがけ
ほうれん草のミキサー
切干大根のきざみ食
3分がゆ
(3/4食べる)
おかゆ(3分)味噌かつお
お味噌汁
野菜サラダの刻み食
牛乳
フルーツミックスジュース
(全部食べる)
おかゆ
卵、お豆腐、にんじんの混ぜ混ぜ
とこぶしの煮たの
ほうれん草のミキサー
牛乳
(ちょっと残す)
おかゆ
魚(タイ)焼いたの
大根おろし
おなすとにんじんのみそ煮
ジョア
(全部食べた)
美味しかった!!
10 牛乳
みかん2個
うすあげと菜っ葉のお味噌汁
5部がゆ
春雨、にんじん、卵の和え物
牛乳
肉じゃが
5部がゆ
茶碗蒸
吐き気で食べられない
11 検査、
吐き気の為食べられない
夕方からの手術の為
水も飲めない
手術の為食べられない
12〜
 26
しばらくは点滴だけ
またおもゆからはじまる・・・。
27 ガスがおなかにたまる。
また点滴だけ
28〜
10/  4
またおもゆからはじまる・・・。 もうおかゆは食べたくないよ〜(+_+)
5〜8 外泊
普通食になった 病院食はもう食べたくなかった・・・
なので、メニューも書いていない。
14 退院
やっと家に帰れる
=^∇^*= にゃお〜ん♪
病院食ではなく、
好きな物が食べられる♪




<入院準備>
  私が用意した物  

洗面用具(洗面器、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉、歯ブラシ、コップなど)、
化粧品(無香料のもの)、バスタオル、タオル、
狭いスペースに置けるように、卓上用の小さな鏡、小さい時計、卓上用カレンダーなど、
お茶を入れる小さなポット、お湯のみ、お皿、スプーン、フォーク、お箸、折れるストロー、紙コップ、
爪楊枝、サランラップ、輪ゴム、布きん、
はさみ、筆記用具、レターセット、日記帳、ノート、裁縫セット、
ウエットティッシュ、赤ちゃん用のお尻ふき、ティッシュ、綿棒、爪切り、
ハンガー、S字フック、折りたたみ式のイス、
ウォークマン、ノートパソコン、
術後の部屋着(お散歩用)、パジャマ、ガウン、下着、靴下、スリッパ
食べ物。。。海苔の佃煮、なめたけの瓶詰、梅干、ふりかけ、ソース、醤油など。


<手術後に必要で準備する物>
腹帯、T字帯、紙オムツ(傷口にあてるということでしたが使わなかった)、
吸い飲み、バスタオル、タオル、
病衣(術後はしばらく病院のを借りた、1枚70円位だったかな)
パジャマだとパンツのゴムが傷口に当たって痛いのでゴムをゆるくした
又はネグリジェタイプの物