2018年 YUKA Diary   


  ☆☆☆今年の目標☆☆☆

  ☆排便障害があっても、前向きに出来そうな事にチャレンジする!!
  ☆自己中な人 & 自己正当化するような人とは距離を置き、
   (ストレスは自律神経のバランスを崩し、免疫機能を弱める)
   相性がいい、馬が合う人との時間を大切にする。
  ☆毎年同じですが、
   1日1日の時間を大切に、  「1日1笑」   「1日1福」
   まったり、のんびり、マイペースで過ごしていこう!!と思っています。
                                   (〃⌒(ェ)⌒〃)

    トラブルメーカーに共通する21個の特徴

    自己中な人の9つの共通点 

    共感性が低くデリカシーや思いやりが欠如している自己愛性人格障害

    自分勝手な人と思われてるかも?5つのチェックポイント



  最近のブログを見て思う事。。。
  自分の経験を記事にするのは個人の自由なので良いけれど、
  自分の考えを、医師でもないのにアドバイスするのは、
  如何なものか?と思いながらみております。
  罹患部位は同じでも、症状・後遺症などは、
  十人十色、人それぞれ…違います。

  誤った情報が多々あるネット社会の中で、
  適切な情報だけを収集するのは難しい事ですが、
  自分本位で情報収集するだけでなく、
  自分が信頼できると思った医療者の意見を聞くことが大切だと思います。

  私の場合、
  2001年、直腸癌手術の時は、
  がんについて、今のようなネット情報などほとんどなく、
  本屋さんに行っても、癌のコーナーなどもなく、
  情報不足…、病気についての知識もなかったため、
  医師の言われるがまま、まな板の鯉状態でした。
  しかし、2004年、「肝転移、第一選択は手術です。」と言われた時は、
  治療方法を選択する為、当時はセカンドオピニオンに行く人も少ない中、
  サードオピニオン(3人の医師の意見)に行きました。

  また、治療後、排便障害に悩まされ、ストマにするべきか?悩んだ時は、

  がんの相談窓口「がん相談支援センター」

  利用させて頂きました。

 1月1日

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い申し上げます。  m(=* ̄ェ ̄=)m ヨロシュウ♪

 昨年は、たくさんの、すてきな出会いに感謝しています。

 笑顔溢れる日が一日も多くなりますように。
 皆さんのご多幸 お祈り致します。


 2月3日

 がん患者さんと医療者のより良いコミュニケーションを支えるための冊子「手をつなぐ。」
公開のお知らせ


 3月26日

仕事も生活するためには大切ですが、人との繋がりも大切ですね。
病気についての情報交換、
病気についてもですが、
生活しているといろいろ悩みもあります。
そんな時、
仲間には、励ましてもらったり、あるときは励ましたりしています。
先日、誕生日を迎える事ができました。(=^ェ^=)

正直、20代後半から、下血の症状があり病院受診しても発見されず、
(病院を変えて検査を受けるが発見されなかった。)
34歳の時、ようやく直腸癌に罹患している事がわかり、手術 & 抗がん剤治療。
この時点で採取した組織を調べると進行がんステージ3…。
その後、肝臓転移手術、悪性リンパ腫疑いで経過観察になる。

 Drから、生きていること 「儲けもんやで♪」 と言われましたが、
当時はまだ、30代だったし、、、
癌患者でもAYA世代(15~39歳)に該当。

 一昔前の、「人生50年」の時代ではないし、
「儲けもんだ!」とは思えませんでした。
仕事・子育てなど一段落した「第二の人生」じゃないし、
「第一の人生」がぜんぜん謳歌できていないし…。
でも、肝転移術後は、50歳まで生きていられると思っていませんでした。

 癌罹患術後は、
直腸癌術後の後遺症があるのに、健常者枠でしか就職する事が出来ず、
無理して仕事復帰した為、精神的に負担になったのでしょうなぁ…。
内部障害は、見た目は健常者と変わらない為、障害がある事の理解が、
職場では、なかなか理解が得られないのよね。
採用されても続かない…。
モヨウすれば、トイレにすぐ行ける職場ってなかなかないし…。
(お手洗い、2つ以上ない職場は勤められない。
 ↑
私が入っていたら、他の人が行きたくなってもいけないから)
オナラも我慢できず、頻回だし…。
(狭いオフィスでの勤務は無理ですな…。匂いがこもる。)
病院通院デーは、土・日・祝休みの会社だと、
平日休みを頂かないといけないし…。
(休みをください、という事は、非常に気を使う。)

どこの職場も、最低限の人員でシフト回しているので、休みは取得しにくい…。

ある職場で勤務した時は、
病院行くので○月○日は休ませて下さい、と上司に申した所、
無視された事あり。
理由は、「病院といいながら、遊びに行くなど、
ずる休みする人がいるので、事前に申請したのに、認めなかったとの事…。
私は、直腸癌罹患して「病人です」と採用面接時、履歴書にもかいてるんですが…。
採用する側(一緒に仕事しない人)と、現場(一緒に働く人)は違うんだよね。

働いてみると、排便障害で、出来る仕事、出来ない仕事が出てきたため、
悩みに悩んで、 
人工肛門(ストマ)にならなかったけれど、
仕事に支障が出て、続かないから、ストマに出来ないかどうか?
 ↑ 
主治医には反対されましたが、
他の消化器内科の医師には、
「生活に支障があり、悩み、困るぐらいなら、出来ない事もない」と言われました。

 直腸癌術後の排便障害があるので、
「障がいがあります」「普通の人と同じように働くことはできません」
的な、証明書がないか?とDrに相談しましたが、
労災なら、
医師に以前調べてもらったら、
私の場合、
労災保険の胸腹部臓器の障害に関する障害等級認定基準の
第11級  胸腹部臓器の機能に障害を残し、
労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
症状としては、
排便回数が週2回以下の頻度であって、恒常的に硬便であると認められること。
便秘を原因とする頭痛、悪心、嘔吐、腹痛等の症状が含まれるものであること。
 ↑
11級は労働能力喪失率20%
高度の便秘にまで至らなくても、労働に支障を与えるから、
高度の便秘よりも下位の障害として評価することが適当であると認定される。
オ 便秘を残すもの
便秘については、次のとおり認定すること。
(ア) 用手摘便を要すると認められるものは、第9級の7の3とする。
(イ) (ア)に該当しないものは、第11級の9とする。
「便秘」とは、次のいずれにも該当するものをいう。
a 排便反射を支配する神経の損傷がMRI、CT等により確認できること
b 排便回数が週2回以下の頻度であって、恒常的に硬便であると認められること
なお、(ア)及び(イ)の障害の評価には、
便秘を原因とする頭痛、悪心、嘔吐、腹痛等の症状が含まれるものであること。

これに該当するので、この申請はできると言われたのですが、
労災じゃないからこちらで申請する事はできない…。

 私の場合、直腸癌患者なので、
昔の医療技術ならストマ(人工肛門)で、
障害者手帳取得できますが、
医療の進歩によって、ストマにならなかったから、
排便に障害があっても取得できない。。。

障害年金も、癌罹患で、申請できますが、
いくら生活に支障があっても、
障害年金の障害認定基準に当てはまらない場合、
認められません。
(私は癌罹患がわかった時点、社会保険加入なので、認められれば、認定3級も含みます。
(国保の場合は3級はなく、2級からになります。)

癌でも障害年金申請できる、との事で、
私の場合、直腸癌罹患で申請しましたが、
ストマにならなかった為、
障害認定基準に当てはまらないので、結果、不支給でした。

 私の知っているがん患者さんで、
障害認定基準に当てはまらない状態で、
支給、認定されたケースは、要介護状態。
(全く働けない・日常生活も常に付添介助が必要)

 認定はされましたが、1~2回ほど受給した後、旅立たれました…。
(それぐらい重篤でないと障害年金は認定されないようです。)

 只今、わたし、51歳になる事ができました。。。
まだ自分は、生かされているので、もう少し頑張ります。(=*^ェ^*=)


 5月9日
 私の体調。。。

☆ アレルギー性鼻炎 & 花粉症の症状 
  
  くしゃみ・鼻水(←鼻に蛇口がついているかのように止まらない)
  鼻を何度もかむ為、副鼻腔の炎症(出血あり)
  目のかゆみ(目を取り出して洗いたくなるぐらい痒い…)
  頭の中、霧がかかったように、もわ~っとする
  頭痛・倦怠感あり
  いろいろ症状が重なり、集中力も低下、やる気もおきないし身体全体が重だるい…。

☆ アレルギー性結膜炎 

  目の痒み・目の異物感・乾燥感や眼精疲労・目の奥の痛み・頭痛

☆ 結膜結石 (まぶたの裏側に小さく白いかたい石ができる)

  目がコロコロする。痛みもある。(こすると出血する)
  あまり数が増えて症状が辛い場合、「手術しましょう」と言われている。

☆ 逆流性食道炎の症状 胃食道逆流症(GERD)

  GradeA → Grade B → Grade C 
  Grade Cまで酷くなるのは珍しいらしい…。
  胸やけ・呑酸(胃酸が上がってくる)・喉に異物感がある 
  朝起きた時に多いのですが、吐き気がして胃液を吐く事もあります。
  
  
☆ 直腸がん術後の排便障害(相変わらず気まぐれな便意 & 排便に悩まされる)

  直腸癌術後の排便障害で常に便意があり日常生活に支障あり…。
  便秘による腸閉塞にならないように、便秘に効果のある漢方薬を服用。

  その他、薬の処方。。。
  神経科処方のお薬の副作用は便秘 or 下痢。
  私の場合、神経科の薬を服用しても下痢にはならないですが、
  体調により、もよおす時間が異なる為、近くの外出も困難になった…。

  便秘 = 腸閉塞
  また腸閉塞、緊急開腹手術にならないように注意する生活を送る中、
  便秘に効果のある漢方薬を服用しているので、いつもようするかが?
  トイレにすぐに行けるシチュエーションとなると…。
  家ではモヨウすればトイレ行き放題ですが、
  外に出かける場合は、事前にトイレの場所を調べたり、いろいろと大変です…。
  (人の多い場所、土曜・日曜・祝日は、不安・怖くてお出かけできません)


☆ 手術痕
  天候etc…関係なく痛む時あり。
  横にひねる動作をすると必ずこむらがえりのような痛みが起こる。
 (癒着による症状)
  ・手術の傷痕
   直腸癌術後の腹切り後、
   (お腹を縦切開、へその上からおへそを右に迂回して下腹部まで20cm位の傷痕)
   肝転移手術後、
   (へそ上18cmの所から下へ12cmの縦切り、
    横脇腹の方向に19cmの逆L字切開、計31cmの傷痕)
   その他、ドレーン後3か所。
  現在、色はだいぶ薄くなってきたけれど術痕はがっつり残って、
  縫い目が引き攣れた凹凸赤黒いミミズ腫れのフランケンな姿になったけれど
  手術の傷跡は、病気と闘った「勲章」だな。
  

☆ 睡眠障害(睡眠薬を服用して約1時間半~2時間熟睡できる)


☆ 夜間頻尿(夜中、2~3回トイレに行く)

☆ 貧血

  めまい・立ちくらみ・動悸・息切れ

☆ 氷食症 鉄欠乏性貧血が原因?

  無性に氷が食べたくなる (1日に製氷皿に1皿以上の氷を食べる)

☆ 抜毛症 (半日むしっている時もある、止めようと思っても止められない)

☆ 皮膚むしり症 (足の踵の皮膚をむしり取る) 

あと、更年期障害の症状
(めまい・立ちくらみ・頭痛・吐き気・
動悸・息切れ・顔から上の発汗・身体のあちこち痛みあり…)

いろいろ重なっているので、
体力的にも精神的にもかなりダメージがあります。

このような状態なので、外に働きに行きたい!!気持ちだけが先行してますが、
仕事復帰もなかなか出来ず、家で静養中。
(まだちょこっと外に出かけるので精一杯…。
 仕事に行ける状態でないので静養・療養の日々が続く…。)

こんな症状、+ 特定健診で、
腎機能・代謝系・貧血に基準値を超えるものが認められます…の結果も出ているし…。
・2型糖尿病予備軍  ← 遺伝的な体質。
・慢性腎臓病(CKD)予備軍 ← 腎機能低下してきている。

「焦らず、腐らず、諦めず」と思っていても、
これだけ症状がいろいろあると心が折れ、精神的に凹みます…。






         YUKAのホームページ