2010年 Diary  (5月〜8月) 


    5月4日
    ゴールデンウィーク。。。
    私の勤め先の会社は、祝日は普通に出勤。
    私は今年から月14日出勤に変更したので、休みの日が多くなり、
    今回のゴールデンウィークは、昨日出勤しただけで、後はお休みデー。。。
    出かけると人・人・人。。。人ごみの中をウロウロするのは嫌なので、
    お家でゆっくり〜、のんび〜り、まったり〜しています。(〃⌒(ェ)⌒〃)
    今日は良いお天気なので、久しぶり〜にお庭でバーベキュー。焼肉&野菜炒め。
    お庭でバーベキューをするのは炭をおこしたり準備に少々時間がかかるけど、
    時間はたっぷ〜りあるので、ゆっくり庭ごはんを楽しみました♪

    5月7日
    今日からまたまたお仕事お休みデー。4連休で〜すが、今日は病院デー。(胃の検査)
    上部内視鏡検査(胃カメラ)。。。
    胃カメラの検査は、2001年に直腸癌の術前検査で受けたのと、2009年に受けたので2回。
    2001年に受けた時は、辛いなぁ〜ぐらいで済んだのに、
    2009年に受けた時は、ファイバースコープをグイグイ突っ込まれるので、痛いし、
    えずいて、えずいて、涙とよだれの海になってめちゃくちゃ辛かった。。。
    今回も、どのDrにあたるかわからないし、もしまた昨年のDrにあたったら最悪だから、
    Drの腕次第の内視鏡検査は、検査専門医病院に変更しました。

    上部内視鏡検査。。。
    まず最初に、胃の泡を消す薬を飲みます。
    次に、喉の麻酔の薬。3分ぐらいかな〜上を向いて喉の奥に溜め、時間がきたら飲み込みます。
    そして検査台に移動。。。
    今回初めて鎮静剤の注射をすることにしました。
    脈拍・血圧モニターを装着し、腕に鎮静剤注射(静脈注射)を打って、
    体を左向き横になった所までは覚えているのだけれど、その後の記憶がないのだ〜〜〜。
    どうやって検査したのか???検査台から自分で降りて歩いたのかも?覚えていない…。
    まったく記憶も痛みもないうちに終わっていました。(= ̄ェ ̄=)ゞ 

    検査結果。。。
         食道   逆流性食道炎 grade B(LA)  昨年はgrade A だった。
               食道裂孔ヘルニア 中        昨年は 小 だった。
               バレット上皮              ←新しい疾患が増えた。。。 
         胃    拡張下垂胃
               胃底腺ポリープが散在 ← 生検 (生検結果は後日)

    来週は下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)予定。。。
    こちらは前処置として、検査前日の食事制限があるし、
    検査当日は、大量の下剤を飲まなくてはいけないので大変なのだ〜〜〜。

    5月9日
    今日は4連休の3日目。お休みデーだけど、病院デー。(心療内科)
    朝一番から病院に行って、
    いつものように診察・薬を処方していただく&音楽療法をして帰宅。
    いつもなら病院の帰り道は、スーパーの食料品コーナーをウロウロ。。。
    3軒〜多いときで6〜7軒ぐらいまわって帰るんだけど、今日は直帰。。。
    
    大腸内視鏡検査が迫っているからお腹にカスが残らない食事にしないといけないので、
    食べるものに制限だらけ。。。いろいろ買っても食べられないから、
    大好きなスーパーには寄らずに帰りました。
    「便秘で内視鏡をつめたことがある…」って、検査の予約を入れたときに言ったら、
    前日に食べる検査食を勧められ、エニマクリン食を購入。
    これは約10年前に注腸検査(大腸のレントゲン検査)の時に1度食べたことがあり、
    前日が休みだったら、わざわざ買わなくてもいいような検査食。。。   
    自分でおかゆや素うどんなどを作って食べたら問題ないんだけど、
    前日はお仕事デーなので、面倒だから買っちゃった。。。
    「仕事なら昼食の時、食べやすいこちらのほうがいいですよ〜」と、エニマクリンPO、
    お昼ご飯がゼリー飲料のものを勧められました。
    朝食・昼食・間食・夜食 1人前で1500円な〜り〜。。。
                           エニマクリン食
    お昼ご飯ゼリー飲料1つかぁ。。。ヒモジイよなぁ。。。
    事務職なら我慢できそうだけど、YUKAの仕事は肉体労働なので、
    こっそり、ゼリー飲料+おうどんを食べちゃおう♪ って思ってます。(笑)

    大腸内視鏡検査は、6月に予約しようと思っていたのに、
    今週空きが出たので予約入れられますよ〜と言われ、心の準備が…の中、
    予約入れちゃったので、検査の前日は仕事だし、ちょいと慌しいな。。。

    5月12日
    今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。大腸内視鏡検査の日。
    一昨日から、腸にカスが残らない食事にし、夜は下剤を服用。
    昨日は検査食を食べ、お仕事へ。。。
    1日1万歩以上歩いて集品したり、重い商品をを持ったりする仕事なのに、
    朝食は、おかゆとお味噌汁だけなのはきつい〜。 腹減った。。。
    フラフラ〜ヘロヘロ〜になりながら商品を集品していました。
    ミスしていなかったらいいのだけど…。
    帰宅後は、明日の検査までに腸を綺麗な状態にする為、下剤を飲んで、
    夜中中、トイレタイム。。。  なので寝てない。。。
    朝になって、またまた下剤&トイレタイムが続く。。。
    今回の前処置は、検査3日前からラキソベロン、
    当日はマグコロールP(YUKAは頑固な便秘なので通常の人の1.5倍)を服用。
    昨年の前処置。。。
    前日にマグコロールP + 当日はニフレック
    ニフレックは、レモン味に改良されてからも不味く飲みにくいので、
    2リットル飲むのは結構辛いものがあるのだ。。。
    下剤をたくさん飲むのは「オェ〜」ってなりそうになるけど、
    マグコロールのほうが飲みやすいので、マグコロールだけ処方されて良かったのだ。
    検査時間は、午後3時台。。。
    大腸内視鏡検査も、内視鏡専門病院に変更したので、今回初めて下剤を家で服用。
    病院までの道中、モヨウしないか心配でしたが、午後1時30分、病院に無事到着。
    大腸内視鏡検査。。。
    胃の内視鏡検査の時は、えずいて大変だからモニターを見る余裕はないし、
    鎮静剤を打ってもらったので、眠ってしまい、気がついたら検査が終わっていましたが、
    大腸内視鏡検査は、モニターを見る余裕があるし、今回は内視鏡専門医なので興味津々。
    鎮静剤で眠っていちゃテクニックが見れないから、鎮静剤なしにしてもらいました。
    検査開始。
    ファイバースコープを挿入してから盲腸まで到達する時間早い〜。
    そして挿入していく段階も痛くない〜。さすが〜名医。。。(=^・^=)
    しばらく進むと今回またまたポリープが出来ていたよ〜〜〜。  (=x ェ x=)ひえー
    横行結腸にポリープ1つ、昨年指摘されていた直腸吻合部近傍のポリープ1つの計2つ。
    ポリープはEMR切除して、止血クリップで「バチン」「バチン」と留める。
    名医に処置していただいているので信頼しているけど、今回は2ヶ所切除したので
    ドキドキしたわ〜〜〜。
    EMR切除。。。
    1.病巣とその周囲を少し囲むようにしてスネア(鉗子)をかけ、
      そのスネア(鉗子)を小さく絞ってから通電し焼き切るので、
      感電を防ぐ目的で、足にアースをつけられた。
    2.長い茎を持った有茎性ポリープではない為、
      わずかに隆起している病巣の下に生理食塩水を注入し病巣を隆起させる。
    3.内視鏡先端のスネア(鉗子)を病巣にひっかける。
      これはなかなか技術がいるみたいで、名医でも1回でひっかけるのは難しいみたい。
    4.スネアに通電。「ジュー」焼ききり切除。
    5.焼ききった病巣を回収。
    6.焼ききった病巣部分を止血クリップで留める。
      (横行結腸部分はクリップ4つ、直腸部分は見れなかったのでわからない。)

    横行結腸のポリープ切除の時は、「お〜凄いなぁ〜。」って見ていましたが、
    直腸の吻合部分のポリープは、身体を反対向きにしたのでモニターは見れなかったけれど、
    肛門に近いから処置されているよ〜という感覚があるのよね〜〜〜。
    痛い!までではないけど、引っ張られているような感覚などが…。
    止血クリップで留める時の「バチン」バチン」と挟んだ時の響く感覚は、
    なんともいえない不快な感じがしました。
    そして、留まったと思ったら外れちゃったので、再度「バチン」バチン」。 また不快な響きが…。
    いくら名医にしていただいても、処置されていると思うとドキドキするし、ちょいと怖い。
    内視鏡でしているけど、これって手術だからね。。。
    先生の腕が良い事は今回検査&処置していただいてよ〜くわかったので、
    次回検査する時は、鎮静剤打って寝ている間にしていただこうかなぁ〜。。。(= ̄ェ ̄=)ゞ
    そんなことを思っている間に、今度はクリップも無事留まって、
    ファイバースコープは肛門に到達。検査終了〜。(=^・^=)
    しばらく回復室で休憩。その後、Drから検査の説明があり、
    看護師さんから検査後の注意などを聞き、ポリープの病理検査結果を聞くため、
    次の診察の予約を入れて、お会計(本日は20950円な〜り〜)を済ませて帰宅。
    お疲れ〜の1日でした。

    5月13日
    今日はお仕事お休みデー。
    ポリープを切除して傷になっているから痛みを感じるのかな。。。
    お尻の中のほうに鈍い痛みがある。。。
    直腸の吻合部に出来ていたポリープは肛門に近いからなぁ。。。
    排便する時も、少々肛門痛があるし、
    止血クリップがついているから、外れて出血しないかも心配だわ。。。
    大腸内視鏡検査後の注意事項。。。
    ポリープを切除したので、食事は3日間刺激物、消化の悪いものを避ける。
    強い運動(ジョギングやゴルフなど)は7日間中止。
    事務仕事などデスクワークなら退院後、すぐに仕事に復帰可能、
    力仕事(重いものを持ったり腹圧のかかるような仕事)の人は2〜3日は休む必要があり。

    私のお仕事は、重い商品を持ったりする力仕事。。。
    明日・明後日は出勤日なので、とりあえず明日はお休みさせていただくことにしました。

    大腸内視鏡検査結果報告書。。。
    検査が終わった後、Drや看護師さんから説明は受けて帰ったけれど、
    ポリープを切除した事で頭の中はいっぱい、いっぱい。
    説明を受けたかもしれないけど、忘れちゃっている事もあるような…。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
    よく見ると報告書には、ポリープ切除以外にもいろいろ診断されていた。
    ☆大腸メラノーシス
    ☆過敏性腸症候群に相当

    大腸メラノーシス(大腸黒皮症)
    確かDrの説明では、
    「大腸に下剤使用による色素沈着が見られます。」とだけ聞いたような。。。
    帰ってからPCで検索してみると、アロエやセンナ、大黄(だいおう)といった、
    「アントラキノン系」の下剤を長期に渡って服用すると起こる症状で、
    大腸メラノーシスになると、腸が機能障害を起こし動かなくなると書かれてあった。

    ギョェー。。。私は直腸癌術後、腸閉塞で再手術になり、その後の排便調整の為、
    酸化マグネシウムとダイオウマツを処方されていたし、
    今も漢方内科で、大黄の入った桃核承気湯を処方していただいているのに。。。
    次回の漢方内科の診察の時に相談してみなくては…。
    ラキソベロン。。。
    今回こちらの病院では、便秘のお薬「ラキソベロン」を勧められたのだけれど、
    必要であれば西洋薬も処方してくださる漢方内科のDrには、
    「ラキソベロン」はやめた方がいいと言われているし…。
    どうすりゃいいんだにゃ???

    過敏性腸症候群に相当
    相当なので、過敏性腸症候群ではないけれど、この症状があると診断されたようです。
    看護師さんの説明では、私の腸は過敏になって動きすぎているらしい。。。
    それが便秘の原因なのか???
    「便の固さを整える薬を試して見られませんか?」と言われ、
    「コロネル」というお薬を服用してみることにしました。
    長年悩まされている便秘。。。少しでも解消されたらいいなぁ。。。

    5月18日
    今日はお仕事お休みデー。
    大腸ポリープ切除を受けてから、明日で1週間になるのだけれど、お尻が痛いよ〜。。。
    ちょっと便意を催してくると肛門痛あり。。。そして排便のたびに痛いし。。。
    内視鏡による大腸ポリープ切除は、腸の内側の粘膜には神経がないので、
    痛みを感じることはないはずだけれどなぁ。。。
    痛みを感じる部位は肛門の中のほう。。。
    直腸の吻合部付近に出来ていたポリープを切除した辺り。(肛門より6cmぐらいの所)
    肛門に近いから痛みを感じるのか?
    ポリープを切除した傷の所を、便が通過して擦れていくから痛いのか???
    あ〜あ。。。排便のたびに痛みを感じるからトイレタイムも憂鬱だわ〜〜〜。。。(=xェx=)
    今日は休みだから、落ち着いていつでもトイレタイムできるけれど、
    先週の土曜日と昨日は仕事だったので、便意を感じるたびに肛門痛があるから、
    仕事していても気が気じゃないし、辛いものがあるよ。トホホ。。。
    あんまり痛いのが続くようだったら、先生に診てもらったほうがいいかなぁ。。。と思うけど、
    ポリープを取った所をどうやって診察するんだろう? なんか診て貰うのも怖い。。。
    来週はまたまた病院だし、私の一番信頼しているDrの診察を予定しているので、
    まだ痛みが続いていたら診てもらおうかな。。。
    Drは肝臓のエキスパートだけど、胃・腸・乳腺も診ていただけるからね〜。(〃⌒(ェ)⌒〃)
    癌の経過観察のCT造影検査と血液検査の予約を入れて、
    他院で受けた大腸内視鏡検査と胃の内視鏡検査の報告書を見てもらって、
    今後の治療計画を相談しないといけないし、
    この日は乳腺外科の検査&診察も予約しているので、
    来週の病院デーは忙しい1日になりそうだわ。。。

     5月25日
     今日はお仕事お休みデー、だけど病院デー。(乳腺外科&肝胆膵外科)
     外科の待合室へ行くと、椅子もおニューに変わっているし、
     外来担当表の担当医も、かなり変わっていた。
     まずは予約を入れている乳腺外科。。。
     両側にある嚢胞の経過観察目的の為、マンモグラフィー検査とエコー検査&診察。
     予約時間。。。
     マンモグラフィー検査は11時30分〜、エコー検査は12時〜、になっていたので、
     診察は午後から…。 かなり待たされるよなぁと覚悟していたのに、
     受付を済ませたら、「検査に行ってきて下さい」と言われ、予約時間前に検査が受けられ、
     午前中で検査&診察が終わりました。早〜。。。(〃⌒(ェ)⌒〃)
     検査結果。。。
     乳腺に出来た嚢胞、13mmのものが最大。
     腋窩リンパ節に出来た嚢胞、大きさ12mm、判定正常。
     乳腺症・嚢胞がたくさんあるので、
     40歳すぎているし、検査は定期的に受けたほうが良いとの事でした。

     そして次は肝胆膵外科。。。
     ☆CT造影検査と血液検査の予約(直腸癌術後、転移性肝腫瘍切除後のfollow目的)
     ☆5月に受けた上部内視鏡検査・下部内視鏡検査の報告書を見ていただいて、
     今後の治療薬についてなど相談したかったのだけれど、
     まだ内視鏡検査の胃のポリープ生検の病理検査結果と、
     腸のポリープ(2ヶ所)の病理検査結果が出ていないので、
     「今日予約を入れたCT造影検査・血液検査が終わってから次の診察の時に決めましょう。」
     と言うことになりました。

     6月5日
     今日はお仕事お休みデー。金・土・日の三連休〜♪なんだけど、風邪ひいちゃった。。。
     火曜日ぐらいから喉の調子がおかしいなぁと思っていたら、だんだんひどくなってきて、
     木曜日は38度くらいの熱があったけれど、体がだるいぐらいなので休まずに出勤。。。
     商品の集品作業をしていたら「しんどいの?目が死んでるよ。大丈夫?」など、
     数人に言われ心配かけたけれど、なんとか勤務時間はクリア。(〃⌒(ェ)⌒〃)
     昨日、今日も37度〜38度をいったりきたり、倦怠感があり、まだ喉の調子が変ですが、
     だいぶ快復してきました。
     ちょうど同じ頃、母も喉が痛いから始まって、水曜の夜から39度〜40度の高熱。。。     
     高熱が昨夜まで続いていたので、母がダウンしたお家の中は大変でした。
     なにが大変かというと、母の看病が大変なのではなく、
     母の育てているお花のお世話&家事を何もしない父の世話。。。
     お花のお世話。。。
     朝と夕方、1日2回、鉢植えだけ水をあげてと言われたので、せっせと水遣り。
     いったい何個あるねん?と鉢・プランター・ハンギングの数を数えてみたら、140個ぐらいあったよ。
     鉢植えはホースで水遣りできないので、ジョーロでせっせと…。
     140個もあると、水遣りだけで約1時間かかるのだ〜。
     元気な時なら平気だけれど、私も熱があって倦怠感があるからフラフラしながらやってました。
     家事を何もしない父。。。
     母のほうは、熱がでて食欲がなくても食べられそうな、
     ゼリー・アイスクリーム・おうどん・卵豆腐・スイカなどを用意していたのですが、問題は父。
     普段から「母さん飯はまだかぁ〜」と言わんばかりに、食事の時間前からウロウロし始めるし、
     食べ物の好き嫌いが多く、ムラ食いはするし、残ったものは絶対食べないし、
     なかなかやりにくいタイプの老人です。
     木曜日は仕事の帰りに、父の晩御飯はお寿司でも買って帰ったらいいや〜♪と思っていたのに、
     「晩御飯のおかずは買ってきたから買わなくていい」と父が言ったので嫌〜な予感。。。
     何買ったんだろう?まさかアサリだったりして…。
     今日は私も熱があって調子が悪いのに出勤していることを知っているはずなんだけどなぁ…。
     アサリのお話。。。
     私がまだ幼い頃、母が高熱で起きられない時に限ってアサリを買ってきていたそうな。。。
     なんでアサリ?母がアサリのお味噌汁が好きだから?などと思われるでしょうが、
     「自分がアサリのお味噌汁が飲みたいと思ったから…」という単純な理由です。
     スーパーに行ったら自分の好きなものに目がいくのでしょうね。
     高熱が出て寝ている母を起こして「味噌汁を作ってくれ」というのは如何なものか?
     病気で寝込んでいる時ぐらい「お弁当買って食べておくよ〜」など気を利かしてくれてもいいのでは?
     と思うのだけれど…。そんな思いやりがないのよね〜〜〜。 
    
     この日のお買い物はアサリではなく、ボイルしてあるイカで、甘辛く炊いて欲しいとの要望でした。
     どうせ買ってくるのなら、母も私もしんどい時ぐらい、中途半端な半調理品じゃなく、
     ちゃんと出来上がっているお惣菜のイカにしてよ。ブーブー。。。
     仕事で疲れている上、熱も上がってきていて体力限界…なのに、
     帰ってきてから、まずはイカ料理を作らなくてはいけなくなりました。トホホ。。。

     母の具合は、せきが出始めると、なかなか止まらず苦しそうですが、熱も下がり、
     ご飯も少しずつ食べれるようになったので、もう大丈夫かな〜。(〃⌒(ェ)⌒〃)

     6月10日
     今日はお仕事お休みデー。
     私の体調。。。
     微熱があったり、鼻と喉の奥のほうが、まだイガイガして痒〜いのだけれど、
     今月前半は3連休が2回あり、ゆっくり休めているので、だいぶマシになってま〜す。(=^・^=)
     母の体調。。。
     ご飯は普通に食べれるようになりましたが、風邪をひくと2〜3ヶ月、
     咳がなかなか止まらなくなるので辛そうです。
     しか〜し、花と父の世話係の母。
     「休んでおかないとぶり返すよ〜」と言っているのに、動き回るから、
     少し良くなりかけていたのに、またしんどそうな顔になっていました。

     せっかく今月のシフトは、前半2回も3連休があったのに。。。
     私もまだ本調子ではないし、母も快復してきたところなので、
     お家でのんびり休養〜のはずが、休んでいられない…。
     父が山椒の実を摘みに行ってきたので、山椒の実の佃煮作り。
     「もう〜!!しんどいのになんで摘んでくるんよ〜!」と言いたいところだけれど、
     山菜の収穫時期は短いし、食べたら美味しいし、みんな大好きなので、
     こればかりはしょうがない…。
     山椒の実の下処理。。。
     大きなざるに2杯分、葉をとって実だけにする作業は結構時間がかかるし大変。
     母と2人でやっていましたが、肩こりました。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
     そして「淡竹(はちく)が生えていた〜♪」と、取ってきたので淡竹料理もしなくては…。
     淡竹(はちく)。。。通常のタケノコよりも若干遅めの5〜6月が旬です。
     山椒も淡竹も大鍋で下茹でしたり、下処理に手間がかかる。
     私は、佃煮など常備菜作りはした事がないので、作り方不明。。。
     「私が作るわ〜」と言いたい所でしたが、
     「我が家のいつもの味」は母がやらなくては出来上がらないので、
     申し訳ないけど作っていただきました。
     病み上がりでやっと動けるようになったところだったので、しんどかったと思いますが、
     山椒の実も淡竹も、この収穫時期を逃すと佃煮も作れないし、食べられないからなぁ。。。
     母上様、ご苦労様〜でした(=^・^=)なのだ。
     作るのも大変だけれど、山椒の実を摘むのも結構大変。
     沢山摘んで来た父もご苦労様〜でした。(=^・^=)なのだ。
     山椒の実の佃煮は、イカナゴの釘煮作りに入れたり、ちりめん山椒作りに入れたり、
     いろんなお料理に入れると美味しいので重宝します。(〃⌒(ェ)⌒〃)
     淡竹は、湯がいた柔らかい穂先の部分は山葵醤油で、
     しっかりした部分は煮物にして頂きました。美味しかったのだ〜。母に感謝。(〃⌒(ェ)⌒〃)

     6月15日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(内視鏡検査を受けた病院の診察)
     今日は胃&腸のポリープを切除した病理組織検査結果を聞きに行ってきました。
     胃。。。
     ☆胃底腺ポリープの病理組織検査結果
      胃底腺ポリープ異型性のない腺窩上皮に覆われ、
      軽度の配列の乱れを伴う胃底腺よりなる病変である。悪性所見はない。
     ☆逆流性食道炎のほうは、投薬による治療を継続。
      今までオメプラール錠を服用していましたが、パリエット錠を勧められました。
     ☆バレット上皮
      炎症を繰り返すうちに、癌化して食道癌になる可能性があるので要注意。。。 
     大腸。。。
     ☆横行結腸ポリープ切除(EMR)の病理組織検査結果
      低異型度の管状腺種。段端陰性。
      癌に移行する可能性を有する良性腫瘍性病変でした。
     ☆直腸術後瘢痕の近傍、吻合部のポリープ切除(EMR)の病理組織検査結果
      過形成性結節である
      癌に移行しない非腫瘍性病変でした。
     ☆大腸メラノーシス
      漢方薬で大黄の入ったものを処方されているけど気にしなくていいそうです。
     ☆過敏性腸症候群に相当
      コロネルを処方してもらい試してみたが、効果なしである事を伝える。

     大腸内視鏡検査。。。
     今回切除した横行結腸ポリープは、死角部位だったのか?残便が原因でスルーしたのか?
     その辺はわからないけど、毎年検査を受けていたのに発見されなかった。。。
     ポリープは、癌に移行しない非腫瘍性病変ではなく、
     癌に移行する可能性を有する良性腫瘍性病変だったのに。。。
     定期的に検査を受けていても、ずーっと発見されず癌に移行したら意味ないじゃん…。 
     大腸内視鏡検査は、今まで通っている病院で受けるつもりでしたが、
     どうせ同じ受けるなら、上手な先生にしてもらおう〜♪ と、
     今回、内視鏡専門の病院で診ていただくことにしました。
     おかげで、今まで発見されなかったポリープを見つけてもらえ切除できたので、
     病院を変えて良〜かった(〃⌒(ェ)⌒〃)なのだ。

     6月17日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(漢方内科)
     いつものように問診から始り、脈診、舌診をしてお薬の処方。
     体調は、2週間前に風邪をひき、まだ倦怠感があること。
     アレルギーで目がコロコロ痒いこと。内視鏡検査を受けたことなどをお話しました。
     処方された薬。。。(前回と同じ)
     加味逍遥散
     桃核承気湯

     6月20日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(心療内科)
     診察では、2週間前に風邪をひき、まだ倦怠感があることや、
     5月に受けた内視鏡検査の結果と、体調の事で気になっている事などをお話しました。
     YUKAの体調。。。
     胃の調子。。。前回の検査から1年経っていないのに、
     逆流性食道炎が進んでバレット上皮になっていることが気にかかる。
     ムカムカ感・胸焼け・背中の痛み・喉につかえる感じも続いているし…。
     このまま炎症を繰り返して、癌化して食道癌になってまた手術する事になったら…。
     消火器系の術後は辛いからなぁ…。
     薬治療以外にも、自分で出来る食事療法や生活改善・工夫などを検索する毎日。
     いろいろ気になることがあるので、先生に「眠れていますか?」と聞かれるまで、
     毎日2時間ぐらいしか眠れないことを言い忘れていた。
     睡眠障害が原因で心療内科に通い始めたのに…。(= ̄ェ ̄=)ゞ 

     7月1日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(CT造影検査&採血)
     病院に13時に到着♪
     予約時間は14時40分からだったのだけれど、13時30分からしてもらえました。
                                             (〃⌒(ェ)⌒〃)
     早く終わったので、街を散策〜。 =^∇^*= にゃお〜ん♪
     デパ地下をウロウロして帰ろう♪と思ったのだけれど、
     逆流性食道炎だし、バレット上皮だからなぁ。。。
     食道がん要注意!なので、今ちょっと食事に気をつけております。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
     ケーキやお饅頭など食べた〜い♪美味しそうな食べ物はすべてNG。
     なので、お家へ直帰しました。。。トホホ。。。

     7月11日
     今日はお仕事お休みデー。金・土・日と三連休。=^∇^*= にゃお〜ん♪
     久しぶりに病院もな〜んにも予定のない3連休。。。
     1日ぐらいお出かけして疲れても、次の日お休みだとゆっくりできるし、
     何処か行こうかな〜って思っていましたが、
     お出かけすると、食いしん坊の私なので、いろいろ食べ物の誘惑が待っている。。。
     逆流性食道炎の症状改善には、薬物療法で症状を抑える以外に、
     肥満解消がいちばん効果がありそうなので、意を決して減量を決意!
     なので、お家でおとなしくしている事にしました。

     私の肥満への道。。。
     病気になる前は、身長158cmで体重46k位だった。。。
     2001年直腸癌で手術して、その後、抗がん剤治療を受ける。
     「この治療後、太る患者さんが多いので気をつけるように…。」とDrに言われていたのに、
     ブクブク太って、服のサイズ、9号だったのが、15号にまでなってしまい、
     「子供じゃないんだから…」と呆れられた。
     この時、70kぐらいあったんじゃないかな〜。←怖くて測っていない。(^^ゞ
     仕事に復帰するようになり、それから少しは痩せたのだけれど、それでも58kぐらい…。
     今の仕事に行き始めて、肉体労働だからお腹が減るし〜♪と食事量が増え、2〜3k増…。
     こんな感じで、今の体重は、60kぐらいをウロウロ。(= ̄ェ ̄=)ゞ
     
     毎年減量を目標にしていながらぜんぜん達成できずにいたけれど、今度は本気なのだ。
     私の症状。。。
     今はバレット上皮だが、さらに炎症が広がってバレット食道になると、
     食道腺がんの発症率が高まる。そのまま放置していると、
     かなりの高確率で食道がんが発症しますと書かれていた。。。
     これ以上、新たな癌の発症はかんべんして〜なのだ。
     こんな状況だから、今回はやる気マンマン!!

     しか〜し、早速誘惑が…。    家にいても誘惑いっぱい。。。
     お庭に植えているヤマモモがたくさん生って、ヤマモモジュースとジャム作り。←母が。。。
     しばらく前に、梅ジュースも作っていたので、そろそろ飲み頃。。。
     家庭菜園で生った野菜(ニラ・サンドマメ・キュウリ・トマト)を収穫してお料理。
     親が山蕗を収穫してきて、山蕗のお料理。
     知り合いの農家から、お野菜のおすそ分け。農家なので量が半端じゃない。大量。。。
     近所の人から、家庭菜園で出来た野菜のおすそ分け。
     家庭菜園では、キュウリを植えている人が多く、必ずキュウリが2〜3本入っている。
     うちの家庭菜園でもキュウリはたくさん生るので、近所の人におすそ分けしても、
     他からもキュウリをもらうので、この時期、お家はキュウリでいっぱいに。。。
     食卓にはキュウリのぬか漬け、キュウリの酢の物、キュウリのサラダ、キュウリの…、
     キリギリスになりそうなぐらい、キュウリが並ぶ。。。
     その他、果物(すぐに食べないと傷みやすい枇杷・サクランボ・桃など)も頂いたり。。。
     果物は大好きなので、ついつい手が…。
     昨夜は父が魚釣りに行ってきたので、今日はお魚料理。。。
     釣ってきたのは、小鯵・小いわし・メバル。
     メバルは煮付けにするからにいいけど、小鯵・小いわしは、唐揚げにするからカロリーが…。
     家にいても、食べ物の誘惑いっぱいなので、困っちゃう〜。。。早くも挫折か?(^^ゞ

     7月13日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(肝・胆・膵外科)
     この前のCT造影検査&血液検査の結果を聞きに行ってきました。
     毎年受けているCT造影検査結果。。。
     再発・転移がないかを調べる為の検査なので、結果を聞くまでドキドキします。
     この検査で、肝臓転移が指摘された時や、悪性リンパ腫疑いを指摘された時は、お先真っ暗…。
     転移するまでは、体調も普通、元気だし、まさか転移してるなんて思っていないから、
     検査結果を聞いた後、美味しいご飯食べて帰ろう〜♪なんてお気楽だったんだけどね。
     今は、この瞬間だけ神頼み。。。(= ̄ェ ̄=)ゞ  神様〜仏様〜。。。

     CT検査結果。。。
     明らかな再発・転移は指摘できず。なので、ホッとしました。 (〃⌒(ェ)⌒〃)ウン
     しかし、子宮筋腫が30×25mmから42×35mmに増大している為、
     「婦人科コンサルト下さい」になっていた。
     血液検査の結果は、MCV・MCHがL、基準値より少し下回っているので、
     貧血?鉄欠乏性貧血か?
     この前の、会社の健康診断でも、ヘモグロビンがLで要経過観察、
     HbA1c検査(過去3ヶ月の血糖値の状態を見る検査)も軽度異常。
     「生活習慣を改善し、3ヵ月後に再検査を受け、経過を確認して下さい。」になっていた。
     ずーっと血液検査をしてきたけど、この項目でひっかかったのは初めて。。。
     祖父は、再生不良性貧血(難病)で他界したので、今回貧血が指摘された事は要注意かも。

     な〜んか、生活習慣が滅茶苦茶だったから、癌になったり、
     次から次へと発病しているみたいに思われそうだけれど、
     癌になる前から、暴飲暴食ではなく、手作り料理を食べ、偏食もなく、お酒も飲まないし、
     タバコも吸わない。夜も十分睡眠とるほうだったし…。
     癌になった原因を考えてみると、
     身内に大腸がんの人がいるので遺伝の影響(遺伝性大腸ガン)があるのかなぁ。。。
     あと、頑固な便秘だった事、運動はしなかったぐらいかなぁ。。。
     芸能人で大腸癌になった人のコメントなどを聞いていたら、
     「生活習慣、滅茶苦茶!不摂生していたから。」とかよく言っているけど、
     「そんな人ばかりと違う!あんたと一緒にせんといて〜!」って思いながら観てます。(=`ェ´メ=)プンッ

     病院の診察。。。
     CT&採血の結果は、癌の再発・転移のほうは指摘されなかったので
     Dr。。。「良かったですね〜」と笑顔。(〃⌒(ェ)⌒〃)
     あとは婦人科を受診するように言われ、「また来年ね〜」で帰されそうになったので、ちょっと待った〜。
     先生は重篤な患者さんが待っていて忙しいけど、まだ相談したい事があるのだ。。。
     先生は肝・胆・膵外科の専門医だけど、食道・胃腸・乳腺も診れる先生だからね。。。

     今飲んでいる逆流性食道炎の薬の相談。。。
     オメプラール錠20の服用期間は、通常8週間までとなっているけど、ずーっと飲み続けて良いのか???
     昨年の8月から処方されてるのでもうすぐ1年になるし…。
     この前受けた内視鏡専門医には、パリエット錠を勧められたし、パリエット錠のほうが良い?
     体の調子を見ながら、飲んだり飲まなかったりしているけど、それでもいいのか?
     などなど…の相談をしようと思っていたのですが、
     プロトンポンプ阻害薬(タケプロン・オメプラール・パリエット)全部良くない!と言われ、キョトン…。
     薬物療法以外にどうしたらいいかを聞かなかった私も悪いけど、症状の改善策などのお話はなく、
     「また定期的に内視鏡の検査を受けるようにね。」と言われただけで、診察は終わってしまいました。
     治療せず放置していたら、病気が進行して悪くなるじゃん…。
     わざわざお願いして担当してもらっている信頼している先生の診察だったんだけど、
     なんだかね〜っ思う診察内容だったわ〜。。。
     良い先生でも忙しいと雑な診察になるのかなぁ。。。信頼していただけに残念だわ。。。

     家に帰って、何が良くないのか?と調べてみたら、プロトンポンプ阻害薬は胃酸の分泌を抑制する薬で、
     逆流性食道炎でよく処方されているお薬なのですが、
     酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期にわたり使用すると、
     骨粗鬆症による骨折リスクが増加するそうな。。。
     そりゃ〜良くないよな。。。
     しか〜し、薬が駄目だったら???
     ムカムカ胸焼けの症状や、喉の異物感、バレット上皮をこれ以上進行させないようにする為には、
     どうすりゃいいんだにゃ? 自力で治せってか?
     せっかく相談できると思っていたのに、一から病院(食道の専門医)探しだにゃ〜。。。
     あ〜あ。。。逆流性食道炎難民になってしまったのだ…。(= ̄ェ ̄=)ゞ 

     7月29日
     今日はお仕事デー。商品出荷物量が少なかったので、15分早帰りでした。
     今月は出勤だった日に、早帰りになった事が多かったので、早く帰れるのは嬉しいけど、
     来月のお給料。。。寂しいものがあるなぁ…。(= ̄ェ ̄=)ゞ

     最近のYUKAの体調。。。
     睡眠障害。。。眠れない日や睡眠時間2時間ぐらいの日が続いています。
     逆流性食道炎の症状。。。喉に異物感・つかえた感じがする。
                     仕事の日は、特に食後、胸焼けがする。
     背中の痛み。。。逆流性食道炎の影響なのかは?ですが、夜、横になると背中が痛い。
                朝起きてからも、痛みが続くときあり。

     ずーっとこんな状態が続いているので、逆流性食道炎、脊椎脊髄疾患、
     それぞれ専門医のいる病院で診てもらおう思っています。(=^・^=)
     すぐ病院に行く予定でしたが、まずは自分で出来ることを試して症状がどう変化するか?
     経過をみてから行くことに。。。
     逆流性食道炎の症状を抑える為には、まず自己努力、肥満解消。。。
     この前、減量を決意してから少しずつ成果は上がっているけど、なかなかなぁ。。。
     漠然とやっていては成果がでないので、とりあえず目標を決めることに。
     目標は高く〜♪16キロ減。。。これは無理だろうけど(笑)
     今、食事制限をはじめて3キロ減った♪  (〃⌒(ェ)⌒〃)
     しか〜し目標までは遠い。。。まだまだだにゃ〜〜〜。。。

     
     8月7日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(歯科)
     午前中、歯の定期健診に行ってきました。
     まず、磨き残しがないかのチェックを受け、新たなむし歯ができていないか、
     歯周状態(歯肉の出血・腫れなどがないか、歯周病の再発がないか等)を診てもらい、
     その後、歯と歯の間、歯と歯肉の間、歯周ポケット内などを様々な機械、器具を使って
     クリーニングしてもらいました。 終わった後はスッキリ 〜=^∇^*= にゃお〜ん♪
     次回の定期健診は3ヵ月後です。

     終わった後は、スーパーへ寄り道。。。
     減量中の私にとってスーパーでのお買い物は「誘惑」との戦い。。。
     最近は、必要な食料品をさっと買って帰るのだけれど、
     今日はスーパーの端から端までウロウロ。。。そして製菓コーナーで足が止まる。
     アーモンドトーストが久しぶりに食べたくなったので、材料を調達。
     減量中なのにアカンや〜ん。(^^ゞ 

     アーモンドトーストは懐かしい思い出の味。。。
     三宮でお勤めしていた頃、アーモンドトーストが会社の喫茶室のメニューにあり、
     美味しかったので、よく注文していました。
     レシピを聞こうと思っていたら、喫茶室のお姉さんが辞めてしまい聞けずじまいで、
     すっかりアーモンドトーストの事を忘れていた。。。
     この前、TV(秘密のケンミンSHOW)を見ていると、アーモンドトーストが紹介されていたので、
     姫路のご当地グルメだった事を知りました。お姉さん、姫路の方だったのかしら?
     レシピを検索してみると、簡単に作れそう♪(〃⌒(ェ)⌒〃)

     8月13日
     今日はお仕事デー。お盆も普通に出勤で〜す。(〃⌒(ェ)⌒〃)
     職場は、熱中症対策の為、温度設定26℃から温度制限無しに変更されたので、
     少しは快適になり作業しやすくなりました。
     急に何故?と思っていましたが、
     「室温24度に設定されていた刑務所で、60歳代の受刑者熱中症で死亡。」
     このニュース後に変更されたので、これが理由かな?と思われます。
     仕事は休憩時間を除いてはずーっと立ちっぱなし。
     特に集品作業は、休憩までの2時間〜3時間、台車を押しながら広い構内を歩き回るから、
     温度制限無しでも暑いんだけどね。
     昨年までの「温度設定有り」で汗だくだく…だったことに比べたら、今は天国です。(=^・^=)
     私の調子。。。
     仕事中は相変わらず逆流性食道炎の症状が出て胃酸が逆流、
     食後は食べたものが逆流…、ムカムカ…胸焼けするのでとても気持ちが悪い。。。
     また、排便障害があるので、「出そうで出ない…。」けど便意を催すからトイレに行きたい!
     っていう日も多々あり。。。←こうなると「そわそわ」して仕事に集中できないのよね。。。
     あと、睡眠障害がずーっと続いているので、注意力散漫な日もあり。。。
     気が張っているので、仕事中に眠くなることはないけれどね。
     違う症状がいろいろ重なると、「今日はかなり辛いなぁ…。」って思う日もありますが、
     治療で入院していた時の事を思ったら、いろいろありながらでも仕事に行けるって事、
     有難いよなぁって思います。(〃⌒(ェ)⌒〃)

     8月15日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(心療内科)
     今日の診察。。。
     夜眠れない事を言うと(毎日2〜2時間半の睡眠)、
     「薬を変えましょうか?」って言われたのですが、睡眠障害の原因の1つは、
     逆流性食道炎の症状が影響していそうなので、薬を変えてもなぁ…と思い、
     今まで通りの薬でもうしばらく様子をみようと思います。
     夜は逆流性食道炎の症状からか?背中が痛いとか、多少のムカムカ感があったりするので、
     寝れないのではないか?って思うこともあるからね。。。

     逆流性食道炎の日常生活の工夫。(夜編)。。。
     横になると胃酸が逆流するから、上半身部分を高くして寝ています。
     頭部が20〜25cmくらい高くなるようにして寝ているので、座布団やクッションで調節。
     その日によって、ちょうどいい枕の高さにする為に、
     今日は座布団2枚〜♪今日は座布団もう1枚追加〜♪など、まるで笑点みたいです。(=^・^=)

     来月は、逆流性食道炎の専門医の診察を受けようと思っているので、
     心療内科のDrに、逆流性食道炎専門医のいる病院への紹介状をお願いしてみたのですが、
     心療内科からは、心療内科・精神科病院への紹介状は書けるけど、それ以外は書けないそうな…。
     どうやら逆流性食道炎を診て頂いているDrに言わなくてはいけないらしい…。
     しか〜し私の場合、外科の胃カメラの検査で逆流性食道炎が発見され、
     しばらくの間は外科で診て頂いていたのだけれど、薬だけの処方なので外科で診る必要もなく、
     定期的に受診している漢方内科で薬を処方してもらって下さいって事になり、
     それ以後、漢方内科で薬だけ処方して頂いているから、
     今現在、逆流性食道炎の症状を誰かに診てもらっている状態ではないし…。
     「薬を処方してもらっている病院で言ってみては?」って事になったのだけれど、漢方内科。。。
     漢方内科は全身を診る総合内科って感じだから書いてくれるかな?
     私の場合、逆流性食道炎の症状を訴え漢方薬を処方してもらったこともあるからOKかな?
     紹介状を書いてくれるのかは?ですが、今度の診察の時に言ってみ〜よう。

     それから心療内科のDrが「紹介状を書いてもらうとき気をつけたほうがいいよ〜」とアドバイス。
     今、紹介状の手続きは、病院の医療連携室をとおして予約するようになっていることが多い為、
     紹介状をお願いすると、病院の医療連携室宛にFAXして予約をとらなくてはいけないので、
     予約をとるのに返信待ちで1時間とか待たされるし、
     病院によっては指定された日に診察に行かなくてはいけなくなったりするので、
     仕事を休まないといけなくなったりするよ…などアドバイスして下さいました。
     「ふんふん、そうなんですか〜」と聞いていましたが、
     私はその予約を入れる係りである医療連携室(医療事務)で、
     今の仕事に着く前にお仕事していたので、ここの裏事情はわかるのよね〜。
     そりゃ〜、たくさんの病院からFAXがくるからすぐ返信出来ないよ。。。
     それこそトイレになかなか行けないぐらい忙しかったから、
     やりがいのある仕事で続けたかったけど、体調崩して辞めました。 (=ρェ;=)ぐすん
     医療連携室では、送られてきた診療予約申し込み用紙に書かれている内容をチェックして、
     記入漏れやいろいろ確認しないといけない事は病院へ確認のTELを入れたり、
     患者さんの診察希望日を、病院の診療予約の状態画面を見ながら、
     ダブルブッキングすることのないように、空いている所に予約を入れ、
     その後、送ってこられた病院へFAX返信するから結構時間がかかるのだ。

     しか〜し、紹介状を書くのに、違う診療科は書けないなんて知らんかった。
     心療内科で受診している内容(睡眠障害・不眠症など)は、
     精神的要因だけでなく、身体的要因などetc…も原因しておこっていると思われるし、
     逆流性食道炎の疾患と関連がありそうなので、書けると思っていたからなぁ。。。

     8月19日
     今日はお仕事お休みデーだけど、病院デー。(漢方内科)
     今日の診察。。。
     問診、脈診、舌診をしてお薬の処方。漢方薬は前回と同じに。。。
     あと、逆流性食道炎専門医のいる病院への紹介状をお願いしよう♪と思っていたのですが、
     「どこの病院に行っても一緒ですよ。」と言われてしまい、
     「紹介状を書いて下さい。」とは言えずじまいになってしまいました。(= ̄ェ ̄=)ゞ 
     「あるDrには、「今処方して頂いているお薬(オメプラール錠20)、
     他のプロトンポンプ阻害薬(タケプロン・パリエット)全部良くない!」と言われ、
     あるDrには、「パリエットが良い」と言われ、どうしたらいいのでしょうか?」と尋ねると、
     逆流性食道炎の症状を和らげる対症療法(薬物治療)は、今の処方薬 or 漢方薬になるので、
     「少し軽めの薬にしましょうか?」って事になり、
     タケプロン15錠を処方していただくことになりました。
     軽めの薬でもタケプロン。。。これも駄目だと言われた薬だけどなぁ。。。
     とりあえず、処方はしてもらったけれど、逆流性食道炎専門医のいる病院へは行くのだ!!
     専門医なら、逆流性食道炎の患者さんをたくさん診られているから、
     私のいろいろある症状が、逆流性食道炎によるものなのか?についても、
     回答してもらえるだろうし、薬のことだけでなく、
     その他、いろいろアドバイスもしてもらえるだろからね。(=^・^=)
     紹介状。。。
     書いてもらいそびれちゃったけど、まあいいっかぁ。。。(=^・^=)
     書いてもらったら予約日を決めないといけなくなるだろうから、これも面倒なのだ。。。
     仕事をしていると、いつでも予約OKよ〜ん♪ じゃないからねぇ。。。
     予約なし・紹介状なしで病院に行くと、待たされる事は覚悟のうえだし、
     初診料とは別に保険外併用療養費(選定療養)を払わないといけなくなるけどね。。。