YUKA流  スローライフ (ロハス)

 

スローライフ    ロハス(LOHAS)な生活

 L  Lifestyles  
 O  Of   
 H   Health 
 A   And  
 S  Sustainability


 Lifestyles of health and sustainability の略
 地球環境と健康を考えて、負担をかけないよう配慮したライフスタイル
 心と体と地球にやさしい生き方 

 心豊かな生活を目指して、日々の生活の中で出来る事を考える。。。
                (ストレスをためず楽しく生活しよう!!(=^・^=))

 ☆ 健康的なライフスタイルに・・・。
   ・毎日1時間ぐらいウォーキングする
   ・やりたい事をやる
   ・睡眠時間をたっぷりとって体を休める
   ・食べ過ぎに注意!!腹八分目に・・・。
   ・ハーブなどを育てて、お料理などに利用する
   ・スローフード  梅干やお味噌・お漬物etc…
              その土地に昔から伝わる食文化を見直してみる。   
 ☆ 自己啓発
   ・精神向上のためのセミナーへの出席
   ・習い事をする   

 ☆ 環境・健康を意識した商品やエコ商品
   ・環境に配慮した家庭用品を使う
   ・お買い物袋を持って買い物に、そしてリサイクル出来るものはちゃんとする。
   ・オーガニック&自然食品
   ・サプリメント 




 YUKAに出来そうな事からはじめてみる・・・。(=^・^=)

  2006年2月1日
  会社も退社し、時間に縛られそれなりに忙しかった生活から脱出。
  「スローライフな生活をするのだ〜」って言いながら、母と昼食を食べる。
  「あら〜もう食べたの?」と母・・・。
  いつもの早食いの癖が・・・
  仕事に行っていると、休憩時間が限られているから、みんな食事は早食いである。
  スローライフ・・・ゆっくり動くの意味ではないけど、私自身せっかちな性格だから
  何事もゆっくりするように心がけなくては・・・と思ってます。(^^ゞ


2月  
  お味噌作り
  2006年2月25日
  お味噌作りの講習会に参加。    
  今年で参加4回目。      30人ぐらい来ていた。
  減塩・無添加の、甘口で味わいのある、まろやかなお味噌。
  手作りのお味噌は安全・安心、そして美味しい〜♪(*^。^*)
  婦人会の方が、すぐ出来るように、いろいろ準備して下さっているので、
  大豆のミンチ・こうじ米・大豆の煮汁・塩を混ぜるだけなんだけど結構力がいるので、
  明日は筋肉痛かな?
  
  美味しいお味噌になりますように・・・。

  2007年2月25日
  今回で5回目の参加。 今年も30人ぐらい来ていた。
  初めての参加者は少なく、皆さん抽選で外れない限り、毎年参加しているみたい。
  今年は全員当選だったそうです。(*^。^*)
  みそ作りの実習をして、終わった後、婦人会の方が作ってくださった、
  お野菜たっぷりのお味噌汁の試食をして帰りました。 おかわりしちゃいました (*^。^*)
  家に帰ってから、作った味噌を容器にツメツメ。。。
  そして昨年作ったお味噌のチェック。 すると、上のほうが少しカビていた…。
  毎年カビなかったのに何故?もしかしたら度数の低い焼酎で消毒したのかも?
  とにかく出してよかったのだ〜。
  カビの所を取って、35℃の焼酎で消毒して、今年作ったお味噌と一緒に冷暗所に保管。
  

           

   2006年 今日作ったお味噌                   2004年に作ったお味噌 

                                       2年ものなので、熟成されて
                                       色も飴色   

   安心と健康にこだわり (減塩・無添加)

   <材料>  出来上り(10k)
    大豆  2k      
    麹   4k  
    塩   1.1k  
    煮汁  150〜200cc  
                                                                   

3月

  家庭菜園
  3月11日  お庭のハーブ達
  
        

  左の写真から、
  ルッコラ。。。サラダに入れて頂きます。ちょっと苦味があり、ゴマの香りがします。
  ローズマリー。。。お料理用、良い香りがします。鶏肉料理などにピッタリ♪
  スナップエンドウ。。。5月か6月ぐらいに収穫。さっと茹でて頂きます〜♪(=^・^=)

  3月30日
  ハーブクッキング用の寄せ植を作り♪
  7種類(チャイブス・チャービル・パセリ・イタリアンパセリ・サラダバーネット・
     スープセロリ・スイートフェンネル)

                  
6月

  家庭菜園
  6月9日
  食の安全が気になる時代ですが、自分で作る野菜は究極の安心食材。(=^・^=)
  農家のプロの作ったものに比べて、歪んでいたり、貧弱だったり、美味しくなかったり。。。
  でも自分で作ったものを食べるのは、楽しい体験です。(〃⌒(ェ)⌒〃)

  いろいろ苗を植えたその後。。。
  

         

    
  庭で収獲した梅を梅干にする。

6月

   パン作り
     
   パンを焼いてみる。
   セサミ食パンと、あまった生地で、セサミパン2つ出来ました。
   食パンは少々上が焦げちゃったけどね〜(^^ゞ

7月

   家庭菜園
     
   庭で収穫したみょうが
   冷奴・ざるそばなどの薬味にピッタリ♪

8月

   家庭菜園
    
   いちじく
   赤くなってくるとヒヨドリに食べられる。。。

9月

   園芸
    
   ララちゃんのお墓の所を花壇にする。
   何を植えようか迷っていたけど、チューリップとクロッカスを植えました。
   来年の春、ちゃんと咲くかな? (=^・^=)

10月

   お月見

        
   お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、 この日の月は「中秋の名月」、
   「十五夜」、「芋名月」と呼ばれます。
   月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、 ススキ、サトイモなどを
   お供えして月を眺めます。
   最近はあまり知られていませんが、秋のお月見にはもうひとつ、十三夜があります。 
   日本では8月15日だけでなく9月13日にも月見をする風習があり、
   こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれています。

   

お月見団子 作り方
材料  (お団子20個分)
上新粉            100g
ぬるま湯          約90cc
サラダ油            適量
1. ボウルに上新粉を入れ、少しずつぬるま湯を合わせ、
   耳たぶよりすこしやわらかいくらいの硬さになるまで手でこねる。
2. 火が通りやすいように、同じくらいの大きさにちぎって
   蒸し器に並べ、 20分くらい強火で蒸す。
      ※竹串を刺して生の上新粉がついてこなければOK。
3. 蒸し上がったらボウルに移し、すりこぎでよく搗(つ)く。
4. あら熱が取れたら手でこね、20等分して丸める。
      ※仕上げに、サラダ油を手につけて丸めるとつやがでます。

☆☆☆ お好みの味でいただきましょうね〜♪ (*^。^*)

ごまだれ 作り方
材料  
いりごま(白)       大さじ4
砂糖             80g
しょうゆ          大さじ1.5
湯             大さじ1.5
いりごまはすり鉢ですり、砂糖、しょうゆ、湯を加えて
すり混ぜてたれを作り団子にかける。
甘辛あん 作り方
材料 
醤油           大さじ3
砂糖           大さじ2
みりん          大さじ1
水            100cc
片栗粉         大さじ1
甘辛あんの材料を鍋に入れ、 弱火でかき混ぜながら、
トロミが出るまで煮る。

    ☆ 供えるだんごの数は十五夜にちなんで15個
       お供えの後には、串にさして焼いたり、
       いろいろなタレやあんこ、きなこなど


12月

  大根のお漬物、たくあん漬け作り
  2009年12月12日
  今日と明日は、お仕事お休みデー。(=^・^=)
  身体は相変わらず首・背中・横腹・腰が痛いのだけど、動けないほどでもないので、
  今日は母のお手伝い(たくあん漬けの準備)。。。
  まずは、大根の買出し(30本)と、大根を干す作業。
  たくあん漬け作りは、結構力仕事。
  大根を漬けるまで、2週間位は干したいので、もっと早くしたかったようだったけれど、
  母は、胸椎椎間板ヘルニアなので、重い物を持ってはいけないし、
  私も身体が痛いなど調子が悪いので、手伝わせてはいけない…と遠慮して、
  たくあんを漬けるのを諦めていたみたいで、
  今朝、「たくあん漬けたかった…」とボソっと言った。
  一昨年と昨年の12月は、父が入院していたので、たくあん作りどころではなかったし、
  私も肝転移手術をしたり、悪性リンパ腫疑い?などいろいろあったので、
  ここ6〜7年、自家製たくあんは食べてない。。。
  お料理上手の母の自家製たくあんを食べたいなぁ。。。
  食いしん坊の私は、食べたい一心で、
  「今年は作ろう!!これから大根を買いに行こう!」と、お手伝い。。。
  大根の買出し中は、またまた頻便になったので、お店のトイレに何度も駆け込んで…。
  買った大根運びと干す作業は、背中の痛いのは我慢、我慢。。。
  ちょいと疲れましたが、明日もお休みデーなので、
  身体のほうは大丈夫でしょう。 (〃⌒(ェ)⌒〃)
    

  クリスマスケーキ
  
  今年もあと少し。。。
  お店はクリスマスのディスプレイがいっぱい♪♪♪
  子供じゃないけど、ウキウキ♪します。(*^。^*)
  クリスマスは生クリームのケーキを買って食べるのが唯一の楽しみ♪
  でも絶対予約はしないのだ〜。
  5年前の24日は、退院した所で体調が不安定だった事もあってか?
  急に具合が悪くなって病院に…。
  私は病院だし、予約していたからケーキを取りに行ってもらわないと行けないし…で
  大変だったから、予約せずに買いに行くのだ〜!!(=^・^=)
  今年も買いに行こう♪って思っていたけど、今年は家にいるので6年ぶりのケーキ作り♪
  まずはスポンジを焼いてみる。
  焼きあがりましたが、焼きすぎ?たのか?いまいち膨らまなかったし、
  底のほうがカリカリになった…。
  生クリームとイチゴでごまかそうと思ったけど…。
  スポンジは超硬く(力を入れなきゃ切れない…ありゃ〜スポンジじゃないなぁ〜岩石?(笑)
  生クリームはしっかりて泡立てたはずなのに、ぐずぐずしている間に私の体温で柔らかく…。
  スポンジは硬く、生クリームはやらかい…これが反対だったら美味しかったんだろうなぁ〜。
  まだ半分以上あるよ…。明日も硬〜いケーキを食べなくては…トホホ…。
  あ〜胃がもたれてきた…。
  母は食べなきゃ悪いと思って、大きくカットされたケーキを一生懸命食べてたけど、
  食べ終わった後、「ゲプッ」ってなってた。ちょっと可哀想だった。。。
  その後、27日までかかって完食!!
  作った初日に食べたらスポンジが超硬かったけど、1日経ったらしっとりとしていい感じ♪
  あいだにサンドしたイチゴと生クリームも良い感じにイチゴクリームになってるし、
  1晩寝かしたカレーが美味しい♪じゃないけど、1晩経ったほうが美味しくなった。
  でも、何日もかけて食べるのは・・・。        
  これに懲りて、次回は買うことにしま〜す。(笑)
    
    


  手作り化粧水   (尿素の化粧水)

  昔〜…TVで「尿素がいい!」って話題になった時に作った化粧水。。。
  その時は、園芸用の尿素で作ったから、な〜んだか嫌で、あまり使わず
  尿素のマイブームは去っていった。。。
  あれからずいぶん経ったけど、「尿素!再マイブーム!」 (*^。^*)
  今回は薬局で購入♪
  たっぷりつけても、安心・安全・安上がり♪


  <材料>
   水・・・200ml
   尿素・・・50g
   グリセリン・・・5〜10ml(小さじ1)
   
  <作り方>

    原液
    1. 尿素と水を容器に入れ、溶けるまでよく振って混ぜる。
    2. 尿素が完全に溶けたら、グリセリンを入れて更によく振る。
    
    ☆保存方法、冷蔵庫で半年ぐらい。

    使い方
    
    原液を10倍に薄めて使います。
    しっとりしたい人は、グリセリンを少し多めにする。
    
    ☆保存方法、冷蔵庫で2週間ぐらい。
      変な臭いがしたり、変だと思ったら使うのを止めましょう。